2010.10.20 16:58

 今日、まったく記事が書けなくて困りました。私は教室に十二時台に来ます。本当は一時ぎりぎりでもいいのですが、教室を開けるまえにブログを書き終えてしまいたいという気持ちがあり、いつも早めに出てきます。すらすら書けるときもありますし、一時をすぎてしまうこともありますが、だいたいは二時まえに終わります。
 書くことは来る途中で考えることが多いのですが、不思議なもので書く直前に気が変わることもあります。そういうときは予定を変えてでも書きたいことが出てきているわけなので、短時間で完成させることができます。

 現在、夕方になってしまいました。その間ほかの仕事もしてはいますが、しょっちゅうブログにもどってきています。ところがなかなか完成しません。公園で見た光景を書きかけ、ロック音楽のことを書きかけ、ラーメンの話を書きかけ、お子さんと食卓を囲むことの大切さを書きかけ、すべてご破算にして現在に至っています。
 さきほど気分転換に食事に出たのですが、帰ってくる道々、書けないという内情を書いたらどうだろうとふと考え、こういうタイトルにしました。

 書けないときは書かなくてもどなたにも文句は言われないのですが、私は生徒たちに毎日少しずつでもいいから必ず勉強しなさいと言っています。その生徒たちがたくさん読んでくださっている(らしい)ので、教室に来ているときは更新しますとかつて宣言してしまった以上、できるだけ約束は守りたいと思っています。また私みたいにだらしのない人間は逃げ道ができるとどこまでも逃げてしまうので、自分を戒める狙いもあります。自分で決めたルールには例外を作らないということですね。

 何かうまくいかないことが出てきたとき、自分を責めないということも非常に大切です。ブログが書けない、そのこと自体は問題だとしても「人間」を問題視しないとでも言ったらいいのでしょうか。テストの成績なんかも同じことですよ。点数が悪いこと自体は問題ですが、あなたという人間の価値そのものは点数がよくても悪くても同じです。点数がとれるようにあなたの生活や目的意識や勉強方法だけを変えていけばいいですね。仮に受験に落ちても責めない。自分に合った学校で新たに希望に沿う道を探せばいいだけの話です。
 16:58になってしまいました。自分を責めなかったおかげで今日も何とか完成したみたいです。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年10月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

月別アーカイブ