2010.09.28 13:30

 何かで職業を記入する欄があれば、私は会社員ですから会社員と記入します。ただ本質的には何をしていても自分のことは「詩人」だと定義しているので、あまり健康診断は好まないわけです。健康診断を受けている詩人なんてちょっとかっこわるいじゃないですか。
 ただ年に一度受診することが義務づけられていますので、昨日はお休みをいただいて健診センターに行ってきました。

 受付集合時間が午前7時30分~8時までの三十分間になっています。当然早く行けば早く終わり、ゆっくり行けば最後までかかるのですが、私はいつも8時ぎりぎりに行きます。遅れてもじつは大丈夫なことは経験からわかっているので、わざと5分ぐらい遅れて行った年もありました。昨日は8時45分に堂々と来たすごい人もいましたよ。
 そうやって遅れていって後方から全体を観察するのが好きなのです。中高年の男の人が全員同じ検査着に着替えて座っている様子を眺めている。

 不思議なもので、同じ服装ながら何となくどのような人かということがわかります。あとで全員私服になるので、ああやっぱりあの人はかなりの地位がある人だったかというようなことがわかる。面白いものです。みんなある程度の年齢ですから、髪型などはそんなに差がありません。そういうところで個性を強調している人はいない。それでも違いがわかります。個人個人の持っているオーラみたいなものですね。

 人間はだれでもそういうことを感じ取る能力を持っているのではないでしょうか。第一印象が大切とよく言いますが、その能力が全開するのがはじめて会った瞬間だからでしょう。逆に何回も会うとだんだんわからなくなってきたりする。
 人生うまくいっている人は検査着でもうまくいっている雰囲気が漂うというわけですね。そこでうまくいっている雰囲気をはじめに作ってしまうという考え方も出てきます。原因と結果を逆にしてしまう。

 これが不思議なのですが、長い年月そうしていると原因の方があとからやってきます。自分は異性にもてると確信していると本当にもてるようになる。優等生を演じていると本当に成績が伸びてくる・・・そのあたり、人生の秘密がありそうですね。

 
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年09月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ