2010.06.26 13:00

 お子さんを叱るのであれば、あくまでも効果があるかどうかで判断するべきでしょう。一般的にこのことは全然できていないような気がします。つまり大人側が自分の気持ちを抑えきれず、効果がないという事実にうすうす感づいていながらも叱っている。そんなケースが多いですね。もちろんそれで親側の気分が晴れるからいいのだと言われてしまえばそれまでなのですが、教育的な効果という点では逆効果かもしれません。

 先日、うちの息子が二度寝をして学校に遅刻しました。以前もそういうことがあり注意はしていたのですが、またまたやってしまいました。大人の私から見れば非常にだらしのないことですが、冷静に判断してその場で叱ってもまったく効果がないと考え、一切文句を言いませんでした。
 子どもは子どもで慌てているわけです。慌てて着替えている。当然本人もまずいことをしたと考えています。

 そういう状態の子どもに追い討ちをかけるように「お前は本当にだらしがない」とか「これで何回目だ」とか「そんなことだから成績も伸びないんだ」とか、ネガティブな感情を次々ぶつけたところで、あせっている当人にしてみれば傷口に塩をすりこまれるようなもので、逆に「うるせーな!」と爆発したくなるのは当然だと思います。
 私は静かに、遅刻するのはもうどうしようもないのだから自転車の運転にはくれぐれも気をつけろよと言いました。ともかく無事なのがいちばんだと。

 そのままにしておくとまたやるかもしれないので、帰ってきてから「もう一つ目覚ましをかけておくといい」と指示しました。息子は言いつけを守ってその後は遅刻をしていません。静かに伝えれば静かな反応が返ってきます。他者は鏡のようなものであり、相手の反応によって自分を知るということが人間関係には多々あるような気がします。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年06月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ