2010.06.19 14:15

 傘を頻繁になくすので、私からしてみれば思い切り値段の高い傘を買ってみたことがありました。高価なものであればきっと大切にするだろうと考えたからです。ところが、やはりすぐになくしてしまいました。安い傘だからなくすというわけではなかったようです。
 あるとき、安くもないがとくに高くもない傘というのを買いました。これまたすぐなくすだろうと考えていたのですが、その傘だけ何年もなくなりません。

 置き傘のためにもう一本似たような傘を買いました。そちらもなくなりません。その間、安い傘はなくしています。で、はっとしたのですが、現在の自分のレベルとその高くも安くもない傘のレベルは似合っているのですね。似合っているのでいつまでも手許から離れないのでしょう。
 そう考えてみるとこれは傘だけではないような気がしてきました。洋服や住んでいるところや食べているものやつきあっている人々ーーみんな現在の自分にレベルが合っているということなのでしょう。

 何らかの理由で自分が変わると、もっと値段の高い傘かあるいは安い傘が似合いはじめるのではないかと思います。そのときは現在使っている傘は合わなくなって、どこかにいってしまうかもしれません。人間とものとの関係はそうなっているようです。
 だれでもほしいものを外に求めるわけですが、内側に準備が整っていないといつまでも得られなかったり、獲得してもすぐになくしてしまったりします。そのあたりは受験も同じですね。

 外の世界を冷静にながめれば、現在の自分がどの位置にいるかということを知ることができます。外の世界に納得がいかないのであれば、やるべきことはまず自己を変革していくことではないでしょうか。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年06月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ