2010.06.04 14:20

 何度も何度も同じようなことを書いていますが、「どうしたら我が子とうまくいくのか?」という問いにひと言で答えると非常に簡単な表現になります。子どもに尊敬される親であればご家庭はうまくいきます。最近はいろいろと世の中も複雑になり、お父さんだけお母さんだけというご家庭もたくさんありますが、少なくとも子どもが親を尊敬していれば若干の困難は何でもありません。

 これは私自身の戒めとして書くのですが、うまくいかない時期は私が子どもに尊敬されないような存在であることが原因なのです。私のやるべきことは、子どもの塾をどうするかとか何時間机に向かわせるとか家庭内の規則を厳しくするとかではなく、自分自身を彼から尊敬されるような人間にもう一度構築し直すという一点だけです。それさえうまくいけばすべて解決していくということは三十年の教師生活ではっきりわかっています。

 この場合、社会的地位や学歴などはまったく関係ありません。単純に肩書きがすごいというだけでは彼らは周囲に対しては誇らしく感じても尊敬はしてくれません。そういうケースは数え切れないほど見てきていますし、社会的に地位のある方のお子さん全員が理想的な子どもであるという統計も存在しません。
 また尊敬をこわがらせることと勘違いされているのではないかと感じる親御さんもいらっしゃいます。こわがった時点で尊敬とはまったくべつの質を持ってしまいます。尊敬は相手を徐々に変容させることも可能ですが、恐怖心ではせいぜい管理できる程度です。

 全発言、全行為、全人格で圧倒するような「我が子に対する」りっぱさみたいなものが必要です。こんなに筋の通った、こんなに優しい、こんなに理解してくれる、こんなに愛してくれる、こんなに冷静である、こんなに公平な、こんなに人生を把握している・・・そういう印象を彼らに伝えてください。彼らに努力が必要であるように私たちにも努力が求められています。
 彼らはじつによく見ています。「お母さんは偉そうなことばかり言うけど自分はダイエット一つ続かないんだ」とか「お父さんみたいに苦労したくなければ勉強しろだって」とか「かっとなると人の話を全然聞けないんだ」とか、嘆き合っているところを目撃することがあります。

 お子さんはーー何しろ感受性が鋭敏な時期ですーー見ていますし聞いていますし感じてもいます。親子関係がうまくいっている子はそういう話をただにこにこ聞いているだけなのですが、ご両親のことを誇らしく思っているのではないでしょうか。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年06月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ