2010.04.16 15:45

 変なタイトルですみません。日々偉そうなことを書かせていただいていますが、私は人間的には決して高踏的(?)なタイプではありません。世間で言うところの「くだらない」ことが大好きな人間です。そういう部分についても自分の子どもにはありのままを見せています。隠す必要性を感じません。
 人間として子どもから丸ごと認めてもらいたいという気持ちがあります。当然相手のことも丸ごと大切にしてやりたい。人は等身大に生きるしかないのだということが伝わるといいなと思っています。

 息子とは「2ちゃんねる」の話をしたりすることもあります。ご家庭によっては禁じられているみたいですが、私も息子もよく「2ちゃんねる」は見ています。ずいぶんメチャクチャなことが書かれていますが、メチャクチャだからこそ面白い。食事のとき息子に○○の項目にこんなことが書いてあったぞと話すと息子が「それ、おれも見た」と答えたりします。同じ項目に興味を持っていたりするのがおかしいですね。
 もちろんよそのお子さんに勧めたりはしません。ご安心ください。ただ中学生ぐらいになると、禁じられていてもこっそりのぞいている子は多いですね。

 昨晩は夜中の二時すぎまでインターネットで将棋を指していました。歳をとったので現在はあまり強くないのですが、やはり面白いのです。暇つぶし以上の熱意を持って指しています。夢中でやっていたら「おやすみ」と寝室に入っていった息子が「おはよう」と起きてきてしまった日がありました。お父さん、大丈夫なの? と呆れていましたが、「人間、やるときはこれぐらいの情熱が大切だ」と私は熱く語りました。

 昨晩は相手が少なくなったのでそろそろ寝ようかなとも思ったのですが、もうちょっと起きていたいような気持ちがして、その後はサンドウィッチマンのコントの動画を見ていました。あの二人のことは以前からずっと好きだったのですが、何度見ても面白いですね。四つも五つもだらだら見続け、三時を過ぎ四時近くになってしまいましたよ。子どもが寝ている隣の部屋にいたので、笑いをこらえていました。
 
 今日は会社で非常に大事な会議がありまして、本来なら早く寝た方がよかったのです。しかし、私はこういう人間として五十年以上生きています。私に少しでもいいところがあるとしたら、間違いなくこういう生活のなかから育まれたものなので、変に生真面目に生きたりしない方がいいと思っています。もちろん会議に遅刻したり、会議の最中に寝たりしたらだめですよ。社会のルールを守るなかで、あとは自身の本質とどう向き合うかという問題だと思います。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年04月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ