2010.04.11 10:40

 ときどき恋愛の相談を受けるときがあります。難しいですね。
 この年齢になって私が感じるのは、人はその人にふさわしい相手と恋愛に陥る傾向があるということです。いろいろ問題はあるにせよ、相手を引き寄せているのはその人自身なのでしょう。ですから、例えばいまの相手では納得できないというようなときは相手をどうこうというより、自分自身を変化させる必要があります。当然よりよい相手を望むことになるわけなので、あなた自身がよりよい方向にーーそれは外見も内面も両方ですねーーご自身を磨きあげていかなければならないということでしょう。婚活という面白い言葉がありますが、いちばんの婚活は、あなたがあなたの理想の人間になるための努力をすることでしょう。

 恋愛が終わってしまうとだれでも悲しいものですが、相手との波長が合わなくなれば必然的に終わってしまうものです。人間関係はすべてそうしたものであり、恋愛だって例外ではありません。私は結婚制度というのは社会的な秩序を少しでも守ろうとした先人のある種の「知恵」でしかなく、必ずしも人間の本質に根ざしたものではないと思うときがあります。
 ですから、お互いが別々の方向に成長していけばむしろお互いの前途を祝福するような形で別れるというケースも多いでしょう。そのあたりは人それぞれですね。

 相手に尽くしたのに・・・というような嘆きもよく耳にしますが、相手に合わせるだけではその人自身の真の向上には結びついていません。別離がこわくて自分自身を成長させるよりとにかく相手の好みに合わせようという姿勢は、私から見るとあなたを「世の中のために」100%活かしきれず、ちょっともったいないと思います。尽くしたいと考えている相手は100%成長したあなたから見ると、じつはつまらない人間なのかもしれませんよ。あなたがやるべきことは、とにかくあなた自身を成長させることなのではないでしょうか。

 年齢が・・・というのもあまり関係ないと思います。私の周囲でも最近結婚されたご夫婦がいますが、お互い半世紀ぐらい生きていらっしゃいます。なるほどなと私は思うのですが、お二人とも一瞥しただけで自分自身を磨きあげてきた人間だということがわかります。ここがとても大切なところなのですがーーお互いのためにそうしてきたわけではなく、ご自身と社会全体のためにそうしてきたのでしょう。そして、当然のように二人はあるタイミングでひかれ合ったわけです。

 ・・・というようなお話を問われればするときがありますが、ふだんは何も言いません。個々人の自由ですからね。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2010年04月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ