2009.09.30 00:10

 あなたの勉強机の上はどうなっていますか? ちょっと確認してみてください。机の上をきれいにするだけで偏差値が5は上がると生徒にも話すのですが、机の上がめちゃくちゃであるというのは感心しません。勉強をする前に急いで片づければいいだろうと考えているかもしれませんが、そんなことをしていると意欲がそがれてしまいます。
 勉強を終えた時点できれいにするように心がけてください。

 どれぐらいきれいにすればいいかということですが、何もない状態が理想的です。本やノート類はたててあればよいですが、平らに置きっ放して積み重ねたりしないこと。空のコップだとかお皿だとかも乗せておかないこと。筆記用具もまとめて引き出しにしまっておくこと。ペンたて? うーん。中の筆記用具がすべてきちんとしていればいいでしょう。遊び道具の類もーーあたり前ですがーーしまってください。ぬいぐるみだとか携帯電話の充電器だとか、勉強のときに使わないものも机の上からはどかしておきましょう。

 机の上というのは使う人間の心を表していると感じるときがあります。これはもちろん人格のいい悪いではありませんよ。
 外の世界で見ているものが心の中と違えば直したくなります。違和感を感じるからですね。整理整頓を心がけている人は大混乱の机の上を見れば、違和感を感じてどうしたってきれいにしたくなります。心の中と同じ状態にしたいからです。
 逆に大混乱の状態を見ても直さずにいられるということは、心の中もちょっと混乱している可能性があります。違和感がないから大混乱のまま放置出来てしまうのです。

 勉強がはかどるという意味ではどう考えても整理された心の方が有利でしょう。とりあえずは形の上からせめて机の上だけでもきれいにすることを日々実践していけば、やがて内側にも整理整頓の美が定着してきます。
 こういうことは大人に注意されるされないの問題ではありません。これから一生何らかの形であなたは机を使って勉強していくはずです。机の上の状況が自分の心を表しているということをどこかで覚えておいてください。逆に机の上がきれいに片づいているのなら、あなたの心もきれいに整理されているということです。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2009年09月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ