2009.09.20 11:26

 人それぞれに個性があり、嗜好も趣味も違います。運動が大好きという子もいれば大嫌いという子もいます。また同じ運動が好きでも、人によって団体競技だけが好きだったり、個人競技にしか興味がなかったりします。また特定の趣味ーーけん玉とか料理とかダーツとか将棋とかーーにものすごく燃える子もいれば全然興味がない、どうしてあんなことに夢中になるのか不思議で仕方がないという子もいます。
 要するに世の中はそうした多様性で成り立っているわけです。それでうまくいっているのです。

 中に勉強が趣味という子も当然出てきます。これはもういい悪いではありません。勉強が好きで好きでしょうがない。そんな人が本当に? と思われるかもしれませんが、池袋教室にも毎年必ず複数います。
 そういう方のご家庭から私は「夜中遅くまで喜々として勉強をしているのですが、身体のことが心配なので止めてもらえませんか」という相談を受けるときがあります。また「何でもかんでもすべての授業を受けたがるのですが、お金のこともありますし(当然だと思います)とらなくて大丈夫なものは本人に言ってもらえませんか」というお話をうかがうこともあります。そして、本人にここまでやらなくてもきみは合格出来るよと告げる。すると本人が「お願いですから受けさせてください。もっともっとやりたいんです」と懇願してくる。

 そういう子たちが世の中にいることはいます。これは趣味みたいなものであって、彼らには勉強することは義務なのだといった重苦しさは一切ありません。止めても止めてもそれこそこちらの目を盗んで勉強をしようとする。
 成績が極端にいい子たちはだいたいがそんな感じです。ですから、必ずしも勉強が大好きというわけではなく、ほかにたくさんの豊かな趣味を持っている子どもをその子たちと比較して、お前もああなってくれたらいいのにとあれこれ言うのはちょっと可哀想だという気がします。

 世の中の人ぜんぶが勉強ばかりするようになったらそれはそれでまた非常に困ることになります。テレビ局や娯楽施設はぜんぶつぶれてしまうかもしれません。お子さんの個性に合わせて勉強を生活の中に組みこんでいく工夫。それがご本人の健全な発達のためにも望まれるのではないでしょうか。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2009年09月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ