2009.09.10 09:30

模試の成績が安定していません。志望校を決めていたのですが、併願校で悩んでいます。

 模試についてはいろいろな考え方がありますが、会場での試験に慣れるという意味でも何回も受けた方がいいと思います。三回ぐらいの平均値を出してみてください。二回ではちょっと不安です。三回の平均値がだいたいその人の実力になります。

 模試は受験時の努力というより、その二三ヶ月前の努力が反映されています。ですから、夏から頑張りはじめたという人はまだ結果が出なくて当然です。二三ヶ月後に点数や偏差値としてあらわれてくるはずです。
 模試の受け方でいちばんまずいのは点数や偏差値を見て一喜一憂しているだけという態度です。模試は健康診断と似たところがあり、数値で自分の不得意科目や点数のとれない分野を示してくれるものですから、そこを徹底的に補強するように努めてください。ふだんの勉強にプラスしてその分野は早急に穴を埋めてください。

 基礎的なことはわかっているのに組み合わせがうまくいかなくて点がとれないという人がいます。いわゆる実戦力不足ですね。これから入試問題の「過去問」を集中的にやっていくことでとれるようになってくるでしょう。
 厳しいようですが、合格可能性について軽視するべきではありません。それが現実であると受け止め、絶対に公立中学には進みたくないということであれば、安全圏からも志望校を選択しておく必要があります。中堅校にもいい学校はたくさんあります。

 一つだけ大切なことをつけ加えておきます。
 模試で一教科でもよい点数、偏差値をとれているものがあったら、うんと褒めてあけてください。全体の成績がよかったら一家で大騒ぎしてよいと思います。逆に悪いときは補強する必要はありますが、結果については本人を責めないことです。こんなこともあるよとさらりと流してください。
 じつは模試がきっかけになったという人はとても多いのです。だいたいが、そこから何かしら自信を持って頑張れるようになったと言います。ところが、そういう人の成績をあとで客観的にながめてみるとたいした結果ではなかったりします。しかし、本人はそこに何かを感じたのですね。それが大きなきっかけになる。

 勉強は本人がするものですが、私たちの出来る最大のことは彼らに「自分には何かしら未知のすごい力が眠っているぞ」と気づかせることではないかと思います。
 明るくいきましょう。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2009年09月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ