2019.01.05 06:34

 4年前の今日、拙著「励ます力」を主婦と生活社さんから上梓していただきました。月日の流れははやいですね。印象としてはもっと昔の出来事だったような気持ちがします。発売された何日後かに渋谷の「東急プラザ」内の書店にこっそり偵察(?)に行きましたが、その「東急プラザ」自体がいまはもうなくなっています。
 直後の2015年1月7日のブログに、珍しくなかなかいい記事を書いています。私が書いたというよりは5日の朝偶然耳にした会話なのですが、いろいろと考えさせられました。
 
 あれからも今日まで、私は同じようなことをずーっとここで発信し続けています。
 ただ「長野先生」という枠からはみ出す記事はさすがになかなか書けないので、死ぬまでにどこかで「長野先生」ではない(?)創作物が発表できる機会があったらいいなとは考えています。
 書籍になるかどうかではなく、何かしら発表できたらうれしい程度ですかね。私も年齢とともに落ち着いてきて、いまさら何かで自分を証明しなくてはと焦ることはまずありません。
 
 日々こうやって生きていること自体が証明であり、何かの媒体で大騒ぎする必要性はまったく感じないのです。簡単に書くと人生は「これでいい」「十分である」ということです。
 昔、小説をいくつか発表していたことがありましたが、当時は30代で多少迎合する姿勢だったことを残念に思っています。迎合というのは、簡単に書けば「たくさんの人に評価されたい」ということです。質云々ではなく、単純にどうすれば多くの人から面白がられるだろうと、興味のない人気作品をいくつも読んだりしました。
 
 たとえば高校の推薦入試であれば「将来はリーダーとして活躍したい」と言ったほうが、「最後尾に隠れて暮らすタイプです」と言うより確実に評価が高くなります。
 しかし、それは推薦入試合格を前提にするからであって、徹底的に隠れて暮らす生き方そのものが「悪い」わけではありません。日本には数々のすぐれた「隠者文学」も存在します。つまり隠れて生きる美学を持ちながら、推薦入試の面接に臨んだこと自体が方向違いだったということになります。
 
 個人的な生活では、私はいまでも日々ダークな物語を書いています。それは「長野先生」の枠にはとても収まりきれないものなので、どこかでまったく新しい筆名(昔のペンネームはもうあまり使いたくない)を使って発表できたらと考えています。そもそもそういう機会が来るかどうかはある種運命みたいなものですからわかりませんし、なければないで文句はありません。なるようになればいいだけですから。本質に沿った形でひたすら質を高めたいと願うだけです。
 
 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.12.26 07:52

 今月の12日、アマゾンに新しい方が拙著「励ます力」についてレビューを寄せてくださっていました。どうもありがとうございます。
 ちょうど3年前ですね。私は連用日記というのを使用しているのでつねに数年前のいま時分、自分の生活に何が起きていたのかということを把握できるのです。以前は5年連用日記を使っていましたが、いまはちょっと自信(?)がなくなって3年連用日記になっています。
 
 3年前の年末、生まれてはじめての本が送られてきたと書いてありました。「励ます力」の見本が10冊(だったと思います)送られてきた。編集者の方が富士山と新幹線のイラストが入った絵葉書をつけてくださった。完成した書籍ももちろんうれしかったのですが、私にはその絵葉書が何だかものすごく懐かしくーーじつはいまも私の部屋の壁のいちばん上に貼ってありますーー何となく幸福な旅にいざなわれているような気分になりました。
 富士山と新幹線・・・象徴としてとてもいいことがありそうじゃないですか。まあ、事実本を出していただいたのですからいいことなのですが。
 
 翌2015年のお正月に出版していただいたわけですが、私自身の生活や気分にはほとんど変化はありませんでした。そのこと自体はひそかにうれしく感じています。どこでも騒ぐことはなかったですし、逆に変に神経質になることもなかった。私はまったく同じままでした。
 印税をいくらかいただいたので、当時緊急に必要があった実家の改築にほとんどまわしました。助かりましたよ。ところが翌年事情があってあっけなく実家は取り壊すことになります。しかしそれもまたよしという気分でした。
 
 何だ、損したじゃないかとは感じませんでした。人生における短絡的な見方はどこかで落ちています。
 2回だけ見知らぬ方に街中で「『励ます力』の長野先生ですね?」とお声をかけていただく機会がありました。書籍のことをおっしゃってくださいましたが、もともとブログも読んでくださっていたのかもしれません。
 日常生活も家庭生活もまったく同じでした。行きつけの飲み屋さんでも同じ。私は私でしかないなとつくづく感じます。
 
 これからもいろいろ面白いことがあるかもしれないですね。最近は人間本来の「徳性」ということをよく考えます。正確な意味を説明(?)するのは難しいので、生きる過程で少しずつ表現していければと思っています。
 ブログもそうした一環ですから明るく続けていくつもりです。ここから6日連続勤務で1日(元旦)だけ休み、さらに少なくとも再度6日以上連続勤務なのでちょっと大変ですよ。ブログは必ず更新していきますね。
 
 
 
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.11.14 00:08

 毎日ではありませんが、ブログの各種ランキングや拙著のアマゾンの順位の変動(現在は主に電子版ですが)などは確認しています。ランキングがどうであってもとくに慌てたりするわけではありませんし、ここまで来て対策を・・・ということでもないですが単純に確認しておきたいとは思うのです。
 先週、新たに「励ます力」のカスタマーレビューを投稿してくださった方がいらっしゃいました。発売(2015年1月5日)から2年半もたっているのに本当にありがたいことです。
 
 自分で書くのもどうかと思いますが、内容的に普遍性はそれなりにあるのではないかとも考えています。どの時代のどの方にも、何かしらご参考になるかもしれません。そういう意味では、現在電子版のほうも比較的読んでいただけているみたいでうれしく思いました。
 やはり先週ですが、このブログのページビュー数が3千を超えていた日がありました。2千超えはあっても3千は特別です。夏場には5千を超えていた日もあり、ちょっとびっくりしました。
 
 それだけ読んでいただいているので、「励ます力」の元になったこのブログはまだまだ続けていきたいと考えています。
 ちょっと考えると、こういう事情はあるかもしれません。つまり私は「私程度」であるからちょうどいい要素があるような気がします。私は自分では非常に宗教的な人間だと考えているのですが、特定の宗派の教祖や開祖や大僧正ではありません。神さまはいるかもよ・・・程度です。そこがいいのではないか。
 
 またこうやって塾で35年以上教え続けてきましたが、高名な学者先生ではまったくありません。何とかかんとかの国家プロジェクト関係者みたいな存在ではない。高いところからの教育に対する提言ではなく、もうちょっと丁寧に書くとできるようになるはずだよ・・・程度です。そこもいいのではないか。
 ハードロックがいくら好きでも年がら年中レッド・ツェッペリンばかり聴いていたら疲れるわけで、ときにはキャプテン・ビヨンドとかリーフ・ハウンドとかシブいところを聴きたくなることもありますね。
 
 大は小を兼ねるという言葉がありますが、必ずしも大に向かわないのが人間の面白いところで、等身大のよさというものがそれぞれありますね。それを発揮していくことが大事ではないか。もちろん私だけでなく、等身大のあなたにこそ何よりの価値があります。他の何かに無理に変身する必要はない。あなたこそが必要とされています。あなただからいいのですよ。わかりますか?
 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.09.29 04:11

 「励ます力」のアマゾンのページにkindle版というボタンができていたので、とりあえず試してみようと思い自宅で1冊購入しました。何もわからないまま作業したのですが、いまは全然わからないこともわからないなりにすべてうまくいくようにできていますね。それはそれでちょっと問題だとは思いますが、無事に電子版「励ます力」を入手することができました。
 で、読んでみるとこれがじつに「くっきり」しています。私にとっては生涯初の電子図書ですから、それはもうくっきりしまくりでした。
 
 写真のページまできれいに出てくるので感動しました。写真はちょうど3年前のいまごろーー秋でしたーー撮っていただいたものです。プロのカメラマンの方に撮影していただく機会は私のような普通(以下?)のおじさんにはまずないことですから、それなりに緊張したことを思い出します。
 書籍を出してからまったく見知らぬ方からお礼のお手紙をいただいたりすることがあり、とてもうれしく思いました。よくわからないところで、何かしら人さまのお役にたてているようでうれしいという意味です。
 
 講演会もたくさん集まってくださるようになりました。うんと遠くからいらしてくださる方もいる。ひょっとすると来月9日の仙台でもそういうことはあるのかもしれません。子育てと勉強法のお話をしているわけですが、子育てについては「点数のとれる子を育てよう」という浅薄な発想では、事態をかえって悪くする可能性さえあります。それよりは人間的にしっかりしたたくましい子どもを育てていこうという意志を持たれるといいでしょう。その過程で自ずから勉強も頑張れるようになりますから。
 もっとも勉強法に関しては、どなたもだいたい同じことをおっしゃいますね。優等生の共通項だけを集めていけば、同じ話になるのは当然です。
 
 1つだけははあ・・・と思ったことがありました。デジタル版を読んでいるとやたらといろいろなことに気づきます。ここの読点は必ずしも必要ではなかったのではないかとか、細かい部分にやたらと目が行く。くっきりしているので、頭に入りやすいのでしょう。
 紙で読んでいるときには気づかなかったようなことにも気づきます。自分で書いた文章ですからそんなに真剣に読んでいるわけでもないのですが、なぜか面白いことに次々気がつく。
 
 ここがこわいところだなとはちょっと感じました。確かに画面で勉強するのは効果的でしょう。いろいろなことに気づくわけですから。ただ試験そのものはやはり紙ですから、紙で見たときも同じぐらい気づけるようにしておいたほうがいいとは思いました。電子図書で活字を読んでいるから紙では一切読まなくていいだろう・・・という生活にはならないように注意してください。
 ちなみにkindle版にも順位がついていて、一時期けっこう上がっていました。ひょっとしたらデジタル版で買い直してくださっている奇特な方がいらっしゃるのかもしれません。どうもありがとうございます。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.09.04 08:47

 主婦と生活社さんのほうから「励ます力」の完売にともなって電子書籍という形で残してくださるというお話が出てきました。私自身は電子書籍というものになじみがないのですが、可能であるならそうしてくださいとお願いしました。いずれ用意が整いましたら、また告知いたします。
 家内や息子が詳しそうなので、彼らに聞いてみようと思います。どういう形であれ、残していただけるのはありがたいですね。
 
 私のブログはもう8年以上続いていますが、つい最近読みはじめたという方もーーご連絡いただくことがありますーーいらっしゃいます。それはそういうものですね。ついでに「教室で書籍は買えるのですか?」とおっしゃってくださったりするので、何かしら形に残るといいなとは思っていました。
 人と人の出会いというのは不思議なもので、私はどのような出会いにもそれなりの理由があると考えています。
 
 もっと若いときにとか、もう少しあとだったらとか、私たちは自分たちなりの尺度で勝手なことを考えるものですが、出会ったのであればそこには何かしら理由があるものなのですよ。
 私自身、かつてちょっとネガティヴな人間関係(仕事でも個人生活でも)の中で生活していた時代があったのですが、ある日ふと私自身がそういう人間なのでこうしたネットワークが生まれたのだなということに気づきました。つまり現実の不調が私自身に(いまのお前の生き方ではいけないよ)という気づきをもたらしてくれていたということです。
 
 どんな関係も必ず教訓として生きてきますから、出会いそのものは心の糧として大切に考えられるのがいいと思います。
 類は友を呼ぶという諺があります。それは人間同士のことだけではなく、たとえばあまりにもめそめそしすぎると次から次へと変なことが起こるときがあります。ある意味で楽観的な要素、何とかなるさ的な軽さがないといけない。そしてその軽さはお金になるならないは別として、世の中に少しはいいことを還元している・・・という自負心が基調になってきたりするものです。
 
 本当に小さなことでいい。
 私は両サイドが空いている改札機では必ず相手側に道を譲ることにしているのですが、そんなことでさえ積み重なっていいことが起きるのが少しずつ実感できるようになりました。善行とも呼べない程度の気遣いでも、蓄積してくると相当の重みや力を持つものなのです。
 自分にそうそう悪いことばかりが起きるはずはないのだというある種の暗示が生まれる。それが心を軽くしてくれる要素は非常に大きいかもしれません。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.08.27 00:53

 久しぶりに拙著「励ます力」のことを書きます。編集者の方からご連絡をいただきました。発売から2年半で、いちおう完売という形になりそうです。なりそうですというのは、出版社さんのほうの在庫があと10冊ちょっとらしい。
 シロウトのおじさん(私のことですよ)が大手の出版社からいきなり書籍を出して大丈夫なのか? と自分でも心配していたのですが、とりあえずはほっとしました。すべて皆さまのおかげです。どうもありがとうございました。
 
 と同時にもうなくなりますので、お求めになられる方はお急ぎください。
 書籍を出すというのは私の世代の人間にとっては、大きな夢でした。10代のときは詩人になりたいと思い、20歳になる少し前からは小説家になりたいという気持ちを持っていましたが、形としてーー当時はそれしかないですからーー書籍にしたいと考えたものです。小説を書いていたころ、1度だけ出版社の方から「いずれ書籍化できるかも」と言われたことがありました。1990年代ですね。
 
 家族にも友人にも何も言いませんでしたが、とてもうれしかった。ただそのお話は何となく流れてしまいました。きちんとしたお約束というわけではなかったですからね。
 その後会社勤め(時間講師ではなく)をするようになり、若かりしころの小説を出版するという夢は意識しなくなりました。あまり飛躍したことを考えながら生活しているとよろしくないだろうという気持ちもあった。
 で、ときどきーー酔っ払った夜なんかですねーー少年の日に「本を出してやろう」と意気込んだことがあったが、あれは夢に終わったなと考えたりしました。失意というほどではないのですが。
 
 まあ、自費出版はまたちょっと方向性が違ってきますからね。
 ブログに関しては仕事として書いていましたから、とくにまとめてどうのこうのという気持ちはありませんでした。それが編集者の方から突然ご連絡をいただいた。いろいろな方のお力添えがあり、とんとん拍子で話が進みました。
 2014年の年末、何冊か見本誌を送っていただきました。黄色いきれいな単行本が荷物から出てきたときの幸福感をいまでも覚えています。冷静ではありましたが、うれしかったですね。重層的な幸福の概念が、私にはあります。感謝しながら「皆さんと」生きようと考えています。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.06.17 07:56

 本日6月17日はこのブログがスタートした日でした。2009年のことですから、もう8年になりますね。記事は合計で2300本を超えています。ここまで続けてこられたのはひとえに読んでくださる皆さんのおかげです。いつも本当にありがとうございます。感謝いたしております。
 だいたい私はきわめて飽きっぽい人間なのです。何かを決めてスタートしても続かない。3日坊主という言葉がありますが、3日ももちません。日々坊主(?)ぐらいです。
 
 それが奇跡的に8年間続きました。この記事を書くにあたって確認したのですが、ブログランキングもーーおかげさまでーー外部のものは両方とも2位に入っていました。社内のものも運よくトップになっていました。トップはできすぎとしても、しばしばベスト3内には入れていただいているのでこちらもありがとうございます。
 学習法について右側の応援メッセージから入っていただくと、現時点で68回分の記事があります。こちらは、勉強なさるご本人に読んでいただきたいかな。
 
 ちょうど3年前のいまごろでした。主婦と生活社の編集者の方からご連絡があり、ブログを書籍化しませんかというありがたいお話をいただきました。形になるまでに半年かかりましたが、いまでもときどき読んでくださった方から「愛読しています」とお声をかけていただくことがあります。
 私はもういい歳ですし、何か大げさな形でいまから自分を証明する必要はほとんど感じていませんが、せっかく35年間以上蓄積してきた知恵みたいなものは、お若い方に伝えられたらいいのだが・・・と思っています。
 
 ブログ、書籍、講演会などで多少なりとも皆さまのお役にたてれば本当に幸せに感じます。
 何かお祝いするかな。
 ときどき思うのですが、本当は読んでくださっている方とお話できる機会があるといいですね。講演会ではなく歓談みたいな形で。
 ただ、物理的にちょっとむりだろうなあ。ホンモノの私は、けっこういい加減で面白い人間なのですよ。堅苦しい人間ではありません。でもあれだな、そんなことをして読んでくださる方が1人もいらっしゃらなくなっちゃったりして。
 
 今後ともよろしくお願いいたします。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.25 10:01

 主婦と生活社さんの編集者の方から、たくさんの方がWEBページにいらしてくださったというご報告をいただきました。「暮らしとおしゃれの編集室」ですね。どうもありがとうございます。こんなおっさん(私のことです)ちっともおしゃれじゃないだろ! みたいな苦情が殺到したら困るなーと心配していたので、とりあえずほっとしました。
 ひぐまあさこさまのブログにも再度取りあげていただいておりました。心から御礼を申しあげます。
 
 私はろくでもない小中学生時代を送ってきました。忘れてしまったことも多々あるのですが、とにかく世間の標準値から見てあきれるようなことばかりでした。小学校時代はいたずら電話の依存症みたいになっていた時期がありました。自宅からも公衆電話からもいたずら電話をかける。友だちともかけるし1人でもかける。四六時中いたずら電話のアイデアを練っていました。
 相手も手当たり次第です。結婚式場に電話をかけて「結婚したい」と言ったら「ぼく、だれと結婚したいの?」といきなり見破られてしまったことがありました。声変わりしていなかったのですね。
 
 どれだけくだらない少年だったのか・・・という気持ちはありますが、だからこそ見えてきた部分というのもあるのですよ。地面に近ければ近いほどいろいろ見えるのと同じですね。
 できそこないが、少しずつあたりまえの道を這いあがってきたという実感はありますかね。まともになるためだけに、私には大変な努力が必要でした。およそ暴力的ではないので、不真面目さやできそこない度が目立たなかっただけでした。息子にも、まともになるためにそんなに苦労する人間も珍しいと笑われたことがあります。
 
 先日もあるご家庭から、お子さんが私と話すと元気を取り戻すとおっしゃっていただきました。じつは私は特別なことはなにも話していません。考えていることをただ心をこめて告げているだけです。
 彼らが心の底で求めているのは浅薄な励ましではないと感じることがあります。私が投げかける言葉で彼らが元気になってくれるのであれば自分はまだまだ頑張るつもりですが、その励ましの言葉はあのくだらないいたずら電話を繰り返さなければ出てこないものなのかと問われれば、やはり微妙な部分で自分にはそうであるように思えるのです。
 
 はじめからまともな人間であったら、私はーーいいことも悪いことも含めてーーいまとはだいぶ違っていたと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.16 00:39

 先週1週間「暮らしとおしゃれの編集室」のページに出させて(?)いただきました。結果ブログの読者数も増え、拙著がまた少し売れたようです。アマゾンのランキングで「育て方」の10何位かに入っていましたが、改めてお買い求め下さった方がいらっしゃったのでしょう。どうもありがとうございます。
  考えてみれば教育(というか勉強にまつわる子育て)は暮らしであり、おしゃれを意識することも可能でしょうから、心配していたよりすんなりと記事を読んでいただけたのかもしれません。
 
 写真のことをコメントしてくださった方がいらっしゃいましたが、それは周囲の人間からも言われました。とてもおしゃれな感じに見えるとおっしゃってくださるのですが、カメラマンの方の技量というか感性のすごさだと感じました。
 何枚も写真を撮っていただいたことはもちろんわかっていたのですが、撮影された瞬間すべてを確認しているわけではありません。あとで出てきた実際の作品を見て「おお! こういう発想か」とびっくりしたりします。
 
 私は私自身をかなり奇妙なーー息子を含めて身内はみんなそう言いますーー人間だと感じているのですが、その奇妙さを極力薄めた印象にしてくださっていると思いました。自分であって自分ではないようなやわらかさがありますね。
 現実に変なことを言ったりやったりしてしまうのは、ある種どうしようもない要素ではあるのです。やっぱり幼少期の育てられ方が大きいのでしょう。ああいう経験があって・・・こうなってきたという道筋は自分にはよくわかる。
 
 そういう完全にアウト的(?)なところを浄化する手段として、自分にはつねに芸術関係の支えがありました。人によってはスポーツに熱中したりするものなのだろうと思いますが、私自身はそちらには近づかず音楽や文学や映画などにのめりこみました。芸術にはマイナスな事象とマイナスな事象をかけあわせてプラスにしてしまうような不思議な力が内在していますからね。
 数々の芸術にはそれこそ「本当に賞賛できるのか?」というところがありますね。それでも名作には間違いない。なるほど、ノーベル賞を与えられるべきかもしれないとは思いますよ。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.06 07:25

 2年前のいまごろ拙著「励ます力」が出ました。懐かしいですね。その記念に・・・というわけではないのかもしれませんが、1月9日から数日間主婦と生活社さんの「暮らしとおしゃれの編集室」というページに私の記事が掲載されることになりました。
 9日はオリジナルの、新しく書かせていただいたもの。10日からは「励ます力」の記事をいくつか掲載していただくことになっています。私もどんなサイトかちょっとのぞかせていただいたのですが、それはそれはおしゃれ! こんなところに自分のような人間が出てしまっていいのかよとちょっと思いました。
 
 そもそもおしゃれに暮らすということを私はとても価値のあることだと考えています。おしゃれというのは高度な文化的指向であり、人間だけにできることですから。動植物でもたとえば孔雀だとかバラだとかは特別きれいですが、はじめから「ああなっていた」だけのことで個々がおしゃれをしようと考えて進化したわけではなさそうです。
 ただおしゃれの方向性というのはじつに様々で、人によって全然違います。昔、ジェイク・E・リーのBADLANDSのデビュー・アルバムを生徒に見せて「これが理想のオシャレだ」と言ったら、笑われたことがありました。
 
 笑った彼もまたメタル系の音楽は好きなのですよ。ただ彼にしてみると短パンにひげ面坊主頭で無造作にネルシャツを着ているパンテラみたいなのが理想のおしゃれだったので、こんな長髪でひらひらした黒シャツ姿の男なんて・・・と感じたのでしょう。
 方向性は違ってくることはありますが、とにかく日々の生活を飾っていこう、楽しく色をつけていこうという発想や余裕は、自分らしさの構築という意味からも大切になさったらいいのではないかと思います。
 
 衣食住についてのおしゃれもありますが、心のおしゃれができるといちばんいいですね。露骨な感情を優雅な何かで包みこむ。それはまたしぐさに出てくる場面もあるでしょう。
 バスの終点で下りますね。下りた人は、多くの場合乗ろうとして並んでいる人間の列を突っきっていく形になりがちですが、私は必ず迂回して最後尾の方の背後をまわってから正面に戻るように心がけています。逆のケースでは、今度は自分の前を空けて突っきっていく方を通してあげるようにします。
 私にとって、いわゆる小さな親切(?)は道徳ではなくぜんぶ単純なおしゃれなのです。
 
 まあ、それぐらいはできているので「暮らしとおしゃれの編集室」登場も、許していただけるのかな。9日になったらご覧になってみてください。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ