2018.05.30 00:10

 私はまずまず健康なほうだと考えています。ただ自分のスタイルがどなたにもあうとは限らないですから、家族にもこうしなさい的なことは一切言いません。それぞれが考えながら進んでいくのがよいのではないかと思います。
 健康法というとすぐに身体のことを、つまり肉体のことを思い浮かべますが、精神的な要素も大きいのではないでしょうか。精神的に充実しているときは、免疫力などが極端に強まっている気持ちがするのです。
 
 よく「気が張っていたので風邪をひかなかった」という表現がありますね。この考え方を全面的に肯定してしまうと、まるで風邪をひかれた方全員が気持ちがゆるんでいたみたいな変な理論展開になってしまうので全面的に正しいとは思っていないのですが、こと自分に関してはそういう傾向もあるように感じます。
 たとえば保護者会や説明会がある日は、私は基本的にダウンすることがありません。若干調子が悪くても穴をあけた経験は何十年も1度もありませんから、やはり気持ちが張っていて免疫力が強まっているのではないかと思うのです。
 
 日々の生活で、精神面において好きな活動をしているということも非常に大切になってくるのではないか。仕事を離れた部分でですね。
 何度も書いてきたように、私は将棋と小説みたいなもの(厳密に考えると一般的な小説とは違うかもしれません)を創作するのが大変好きです。それは仕事ではありませんから必ずしもやらなくてもいい。実際やっていない時期というのがあります。将棋であれば研究や対局をまったくしていない、創作活動であれば何も書いていない時期ですね。
 
 調子を崩すのはだいたいそうした活動は何もせず、通常の生活だけで終始している期間です。朝起きて支度をして定時に仕事に行き、帰宅してからは軽く飲んだり音楽を聴いたりして眠る。その繰り返しの単調さの中で微妙に自分自身の価値を見失い、調子を崩していくような印象があります。
 私はプロ棋士でも何でもないですから将棋を勝とうが負けようがどうでもいいものの、やはり実際に指しているとあとで「あの手順はわれながら天才的だな」と自画自賛したくなる瞬間があるのですよ。
 
 あるいは何かを表現していて、この主人公のセリフはすげーなというときがある。将棋でいい手を指せたときや会心の表現が思い浮かんだとき、自分の価値みたいなものを心のどこかで再確認して自信を持つのですが、そういうことをやっている時期は人生そのものがいきいきしている自覚がある。
 歩いていてもそんなことばかり思い浮かべるので自分でもわかるのです。そう考えると健康になりたいということで、身体のケアーだけに腐心するのはベストではないのかもしれませんね。心のほうからのアプローチが、じつは非常に大切だと思っています。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.12.22 09:21

 突然、来るものですね。じつは今週息子が高熱を出しました。会社に行くときにお医者さんに寄ったら幸いインフルエンザではなかった。ただの風邪ですね。気の毒にと思っていたらこちらにうつってしまったらしく、水曜日の夕方突然具合が悪くなりました。発熱と嘔吐とお腹の調子も極端に悪かった。
 結局、何も食べられないまま午後の8時に寝ましたよ。そのまま翌朝の10時まで起きられず。ところがそもそも水曜日の夕方の時点では、私は西荻窪まで平然と出かけています。
 
 ライフという映画(見たかったものです)をレンタルしてきた。さらにワインと焼鳥なんかを買いこみました。要するに休日で絶好調で、飲む気満々ですよ。ところがライフという映画を見ていたら・・・これは相当絶望的な映画だと思います。いい映画で面白いのですが、最後の最後までまるで救いがない。
 ワインを飲みながら自室で見ていたのですが、こりゃ全然救われんわという感じで暗澹たる気分になった。そのことも若干影響していたのでしょうか、どんどん具合が悪くなってきた。
 
 あとはもう一直線ですね。寒気がひどくなって蒲団にもぐりこみました。熱があるときは変な幻覚みたいなものを見ますね。幻覚というより、理屈に合わない考え方が頭の中を駆け巡る。
 汗をかくので水を補給していていたのですが、よく言われるように汗で失っていくのは水分だけではないのでしょう。そのうち喉は渇いていないものの何か飲みたいという不思議な感覚に苦しんだ。ミネラル分とかがなくなっているのでしょうね。翌朝、家内にその手の飲料を買ってきてもらいました。すごくおいしく感じましたよ。
 
 こういうとき、ただ大事をとってじっとしているとますます具合が悪くなることがあります。精神力の問題なのでしょう。連休をいただいてずーっと寝たりしているとかえって悪くなるかもしれない。
 そうかと言って暴れすぎるのもよくありません。大丈夫大丈夫と「納豆オムレツ」を食べに行ったりするのは絶対によくない。
 たとえばこのブログもそうです。書く前より書きかけのいまのほうがはるかに調子がいい。書く前は「今日は体調不良のため」と短くご報告だけしても、そうは怒られないだろうと考えていました。
 
 ところが書き始めると、こんなこともあんなことも入れようと元気が出てきます。中学生高校生の方の部活なんかも同じ側面があると思いますが、あまりにも大事をとりすぎて自粛していると「私は徹底的に弱い人間です」と宣言してしまっているようなところが出てきて、はじめから気分負けしてしまう要素が強いと思います。
 ともかくライフを返却しないといけないな。おかげさまで仕事は休まずに行けています。今日は西荻窪まで歩けるのでしょうか。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.08.31 01:27

 どんぐりころころの童謡がありますね。お池にはまってさあ大変のあと、どじょうが出てきてこんにちは・・・と続きます。あそこで当然のようにどじょうが出てくるのは、昔はそれぐらいあたりまえに見かける水生動物だったということでしょう。田んぼのウジと呼ばれていたという記事を読んだことがありますが、どこにでも生息していた。
 子どものころどじょうを飼っていたことがあります。そういう仲間はたくさんいたので蟻や蝶なんかと同じ存在だったのだと思います。
 
 いまは見かけないですね。どじょうを専門に食べさせるお店が東京に何軒かありますが、非常に高い。ステーキなんかよりも高い。昼の定食でも2千円ぐらいします。
 今年、8月はじめに体調を崩してしまって苦労しました。風邪だけではなく複合的な理由があったのですが、とりあえず省きます。年寄りの病気自慢みたいになるとよくないですからね。
 ときどきいらっしゃるじゃないですか。病気自慢というか不健康自慢みたいな話ばかりされるお年寄りが。あれはあれで無邪気で微笑ましいのですが、自分がそうすることもないなと思って。
 
 どじょうが身体に非常にいいということを聞いていたので、夏期講習期間食べに行ってみました。渋谷にも専門店があるのですよ。何でもない普通の昼食に2千円というのは私にはちょっと痛いのですが、行ってきました。
 今回もお若い方はほとんどいらっしゃいませんでしたよ。私の隣のテーブル席の2人組は30代ではないかと思います。その方たちがいちばん若かった。ビールを飲みながら政治経済の難しい話をされていました。
 
 お年寄りのグループがかなり酔っ払っています。確かにどじょう屋さんというのは、昼間からアルコール類を飲みにくるようなところでもありますね。定食だけ食べてさっさと帰っていくお客は珍しいかもしれません。
 まるなべ(まるごとどじょうを煮たなべ)とどじょう汁とあと一品ぐらい何かついていました。基本はなべです。大量の刻みネギが出てくるので、それをまるなべに乗せて食べます。まるごとですから、骨もある。ご飯とは合うような合わないような・・・やっぱりお酒のほうが合うかな。
 
 お店はビルの中にあります。何年か前、息子を連れてきたことがありました。彼が20歳になったばかりのころでした。
 ただ1回ぐらいそんなものを食べてもとくに元気にはなりませんね。それはそうだろうな。またいつか休みの日に、今度は飲みながら食べてみようと思います。
 火曜水曜と連休をいただき、おかげさまでだいぶ回復してまいりました。来週から授業がスタートするので、それまでにより健康体に戻したいと思っています。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.08.09 04:23

 先日、自分の体重を量ったあとで犬を抱いて同じ体重計に乗ってみました。2回試してみたのですが、どちらも7、3キロ多い数値が出ていました。つまり犬の体重は7、3キロということですね。
 はじめて来たときは2キロ台だったような記憶がありますから3倍ぐらい大きくなった。だいたい8キロ程度になると言われていたそうなので、外見上はほぼ成犬になったということだと思います。
 
 7、3キロというのはけっこう重く感じます。こんなものを抱えて外をうろうろしたらすぐに息切れしてしまうでしょう。腕の中で犬が暴れる暴れないは関係なくですね。階段なんか上り下りしたら本当に大変だなと思いました。
 ところで私の現在の体重に仮に7、3キロを足したとしても、そんなに肥満体ということにはならないと思います。身長が約170センチで体重が66キロ台の男性は珍しくないですね。
 
 珍しくはないものの、もし体内にこの犬一匹分の脂肪だか何だかがついて生活しているとしたら、現時点と比べて相当負担でしょう。心臓にも肺にも骨にも負担がかかる。毛細血管なんかにも負担がかかるでしょう。
 私は毎日体重を量っていますから体重増では悩んだことはありません。ダイエットなどにもほとんど興味がないのですが、やはり急激に体重が増加していくのはちょっと危険だなと思いました。
 
 仮に犬2匹分とすると15キロです。何年間で15キロ太ったという方はいくらでもいらっしゃると思います。内側だと気づきにくい部分がありますが、この犬を2匹両腕に抱えて日々の生活をしろと言われたら・・・とても続かないですよ。
 健康法というのはいろいろあるでしょうが、適性な体重を維持するというのはかなり大事なことなのかもしれません。犬を両腕に抱えていたら(そうした負荷が身体にかかっていたら)、どのようなサプリメントや健康法も役立たないような気がするのです。そんなことよりまず抱えている犬を下におろしなよと言われそうな気がします。
 
 改めてそんなことを考えました。犬をおろすだけで、かなり楽になりますね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.08.07 00:11

 おそらく歳をとって体力が落ちてきているのでしょうね。おとといの夜、帰ってきてからちょっと具合が悪くなりました。昨日6日はつらかった。具体的なことは省きますが、高熱が出たとかそういうのではありません。バランスが崩れたのだと思います。
 今年から犬が来た関係で、私の部屋にクーラーの風が届かないのです。扉を閉めているから届かないのですが、まあいろいろ事情がありそのあたりは仕方がない。するとかなり暑くなります。マンションですから外気温より高くなる。
 
 で、ぐっすり眠れていない感じです。毎晩毎晩、ぐっすりではない。しょっちゅう目が覚めます。
 大丈夫は大丈夫ですけどね。講習の前半が終わろうとしています。授業は今日7日でとりあえずおしまい。あとはテストと採点ですね。で、10日からは4連休に入ります。そのまえも念のために1日どこかで休むつもりです。
 家内や息子とは夏休みが完全にずれてしまいました。まあ、1日ぐらい何か食べに行こうかと話しています。犬は連れていけないな。
 
 体力というのは不思議なもので、たった1度だけ体温が高いとかほんの1キロ体重が減ったなどというだけで、かなりふらふらしますね。ふだんはけっこう身体に無神経な生活を送っているのですが、本来は繊細なものなのだなと改めて感じました。
 つい最近もブログに書いたのですがーーそしてそのあとさらに何かの記事を読んだのですがーーお風呂の人とシャワーの人を比較したら、お風呂習慣のある人のほうが幸福感が強いと書いてありました。きちんとした集計みたいでしたよ。
 
 今年は真夏でも時間があるときはお風呂に入るようにしています。朝風呂ですね。さっぱりしてから仕事に行く。息子が夜帰ってきて「まだ十分入れるよ」(沸かす機能はついていません)と言う。冬だと半日で冷たくなってしまうのですが。
  食欲がもうひとつ出てこない。昨日の基本は、コーヒーとワインだけですね。渋谷でいいお店を見つけたので行こうと考えていたのですが、お盆明けにするかな。さらにじつは「ライフ」という映画を今晩見に行こうか(午後の10時からの回)と企んでいたのですが、やめておくことにします。昔だったらあとさき考えずに行ってしまったのですが。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.05.28 02:34

 お若い方だと何ヶ月も湯船につかっていないというケースがままあるそうですね。もちろんきれいにはされているのですよ。シャワーを浴びている。うちの息子なんかも仕事が忙しくて、ゆっくりお風呂に入っている時間がないというようなことを嘆いているときがあります。
 確かに夜遅く帰ってきて翌朝早くお仕事ということになると、眠る時間を確保するためにぱっぱとシャワーで済ませるしかないのかもしれません。
 
 私の家の体重計にはいろいろと複雑な機能がついていて、体脂肪率だとか基礎代謝なんとかだとか筋肉量だとか、体重を表示するだけでなくいろいろなことを調べてくれるようになっています。体重計は昔のものが壊れたので「ただ買ってきた」だけでした。それに偶然そうした機能がついていたということです。
 私は基本的に毎日必ず体重を量っているので、それ以外の余計な数値もひとりでに目に入ることになります。深刻に受け止めはしないですけどね。
 
 体内年齢という項目があり、数字が出てきます。私の場合だとだいたい15歳ぐらい実年齢より若く出てきます。よくわかりませんが、体内年齢は若いほうがいいのでしょうね。
 面白いのはここからです。私はお風呂に入ることもありますし、シャワーだけ浴びることもあります。夏場はやっぱりシャワーのほうが多いですかね。そしてその前後に体重計に乗ってみます。お風呂に入ったとき体重が変化していることがあり興味深いので、何となく前後で量るようになりました。
 
 するとーーあるとき気づいたのですがーーお風呂に入ると体内年齢が1つ下がります。ところがシャワーの場合は同じ。自分はとくに長風呂ということはないのですが、やっぱり何かしら変化というか効能というか、あるのでしょうね。汚れを落とすというだけなら同じだとも思うのですが。
 身体を温めるのはとてもいいことだという記事をときどき見ます。ただあまり熱いお湯だと表面だけが温まって、身体の芯まで熱がいっていなかったりするそうですよ。
 
 ぬるめのお湯にじっくりつかるのがいいらしい。入浴剤なんかもいまはいろいろとありますから、そのあたりも楽しみながら入るのがいいのでしょうね。ドイツ製の有名な入浴剤があり、高いのですが買ってみることがあります。
 週末は忙しいのでどうしても慌ててシャワーだけのことが多いのですが、また休みの日だな。お風呂に入って体内年齢を1つ下げることにしますよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.02.07 00:21

 先週は教室内にいたりいなかったりということが多かった。申し訳ない。じつは体調面でちょっと大きな不安があり、早めに帰ったりしていました。それでも火曜日は、お休みにしたまま顔を出したりしていたのですが・・・
 木曜日は早く帰り、金曜日もお休みをいただきました。耳鳴りで耳鼻科のすごくいいお医者さんに出会ったお話は書きましたね。投薬治療を続けていて効果はすごくあがっていますが、多少副作用みたいなものが出てきました。
 
 血圧が上がってきた。130台で推移していたのが140台150台と上昇してきた。降圧剤を飲んでそれですからね。若干脚のむくみもあるかな。
 私はちょっと神経質なところがあり、そういうのがけっこう気になるのです。いよいよ私立高校の入試が近づいてきています。そしてまた14日の午後は名古屋できちんとお話しないといけません。内容はともかく、具合が悪くて来ませんでしたというわけには絶対にいかない。
 
 そこで耳鼻科と内科、双方のお医者さんに相談しました。その関係でいなかったり休んだりしていました。
 結論から書けば、まず大丈夫ということに落ち着きました。投薬治療を続けているあいだは多少の副作用は問題視しないでいいという感じですね。専門家の先生方がそう断言されるのですからそれでいいのでしょう。私も気にしないでふだんの生活(?)を再開することにします。
 今後はまた「普通の」週休2日に戻します。火曜日と木曜日か金曜日。ブログもそのときだけお休みさせていただきます。
 
 冷静に考えて同じは同じなのです。血圧は高い、脚はむくむ。ただ「その状態で大丈夫」と専門家に言われたところにやはり精神的な安定が出てくるのですね。
 こういうのは、生徒の心理も同じでしょう。私が落ち着いていないといけない。つねに適切な伝え方を心がけなければいけないと思っています。励ましたつもりで不安がらせていたりしたらそれこそ教室長失格です。
 心のケアーを大切にしていきたいと考えています(心配だったら何となく話しに来るといいよ)。
 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2016.01.31 00:17

 20年近く耳鼻科に通い続けています。途中で名医の評判の高かった先生が引退されたりして、杉並区だけで4軒通いました。正式な病名はよくわからないのですが、おそらく「外耳道湿疹」というものだと思います。
 耳の中がかゆかったりじくじくしたりすることがあるのです。で、週に1回ぐらいお医者さんに診てもらう。不思議なのですがときどきふとよくなる時期があり、そういうときは何週間も通うことを忘れています。
 
 そこに最近耳鳴りが激しくなってきました。2年ぐらいまえから高い音が聞こえにくくなっていると指摘されていたのですが、ここ数週間ひどくなってきた。とくに左耳ですね。きーんという音がして会話が聞こえなかったりする。
 金曜日にある生徒が話しかけてきたのですが、よく聞こえない。彼女の声が小さかったりマスクをされていたりということはありますが、これは放っておくとさすがにまずいのではないかという気がして、仕事中インターネットで耳鳴りのお医者さんを調べました。
 
 偶然近くにいいクリニックがあったので、仕事を切り上げて出かけていった。ふだんかかっているお医者さんに不満があるわけではないのですが、耳鳴りは「仕方がない」と言われてしまっているので、少しでも改善する方法があるのなら・・・という気持ちでした。
 これが大正解。いろいろ調べていただいたのですが、大きく改善する余地が出てきました。いままではあきらめていたのですが、こういうのは前向きに取り組まないといけないですね。
 
 そのクリニックではモニターで自分の耳の中を見ることができます。面白かったですよ。頻繁に洗浄してきれいにしておかないといけないと言われました。お湯で洗うのが皮膚のためにはいいそうです。薬物は肌を刺激してしまう。
 飲み薬もいただいてまた来るように指示されました。確かによくなっている感触があるので、当分通おうと思っています。気さくな先生で私の保険証をご覧になって「僕もZ会の通信添削をやっていましたよ」とおっしゃっていた。「理系だったけど国語の順位が載ったりすると妙にうれしかったりして・・・」いい表現ですね。
 
 すごく上手なお医者さんでしたが、いちばん気に入ったのはそこだったりして。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2014.12.30 07:18

 インフルエンザが大流行しているので基本的に私たち職員は年内教室でマスクを着用することになっています。私はじつはこのマスクというのが苦手で、いままでほとんどしたことがありません。子どものときからそうなのです。
 心理的なものでしょうね。酸素が足りなくなるような恐怖感があるのです。池袋教室時代、ある模擬テストの業者さんの説明会が大宮でありました。マスク着用のことと書かれていた。やはり悪性の風邪が大流行していました。
 
 仕方がないのでマスクをして参加したのですが、具合いが悪くなり途中退出してしまいました。困りますね。
 授業中そんなことになったら大変なので、授業のときはまあマスクはあきらめることにしてあとの時間帯をどうするか。私はーーあたりまえですがーー規則は守るべきだと思っています。子どものころありとあらゆる校則を破ったりしていましたが、現在はもちろんそんな非常識なことは考えません。
 つけたりはずしたりですかね。着用すると心の中までふさがれたような気がするのはなぜなのだろう。
 
 自分の息を感じますね。音もする。内側という感覚がすごくあって面白いことは面白い。メガネが曇るのですが、慣れていらっしゃる方は上手に息をされるのかもしれません。
 インフルエンザは喉を湿らせておくとかかりにくいという話をお医者さん(保護者の方)から聞いたことがありました。こまめに喉を湿らせておくと効果があるそうでーー冬期講習期間でしたがーー私の授業中だけこっそり水分をとらせていいか? とおっしゃるので、規則ではだめだということになっていますが私個人はうるさく規制してはいませんと答えました。堂々とぐびぐび飲まれるとちょっと困るのですが、風邪予防ぐらいなら問題ないですよと。
 
 以前も書きましたが、私はウイルスを退治するという鋭角的(?)な発想をあまり持っていません。軽い疾患の場合は共存共栄こそが唯一の解決策だと考えているので、熱が出てしまったときは「なるべくお前たちを殺さないようにこちらも気をつけるから、そちらもあまり暴れないようにしてくれ」と心の中でウイルスに話しかけるようにしています。
 闘病という概念をなるべく持たないようにしているのです。現象として熱が出たとか節ぶしが痛むとかということを緩和させるだけで積極的には闘わない。それでだいたいうまくいっています。ただ人さまには決してお勧めしません。きちんと治療なさってください。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2014.10.17 13:41

 人間すぐ「全か無か」みたいな考え方をしてしまいますが、そう単純なものでもないように感じます。以前、知人からこういう話を聞いたことがありました。人間ドックを受けたばかりで「健康」というお墨つきをもらって喜んでいた会社の同僚が、就寝中に突然亡くなってしまったというのです。
 同じような話は大昔叔父からも聞いたことがありました。ゴルフ場で気分が悪いと救急車で運ばれた方が、そのまま帰らぬ人になってしまったそうです。直前までゴルフをされていたぐらいですからぴんぴんしていた。この種のお話はときどき耳にしますね。
 
 つまりこちら側に「完璧な健康」というものがあり、あちら側に「死」があるわけではないということです。死という要素は完璧な健康体のなかにもつねに内在している。それがあるときひょいと顔を出すこともある。仕方がないですね。生きているというのはいつかは死ぬことなのですから。
 逆に考えるとこうも言えそうです。完全な不健康=死と定義する必要はない。不健康という状態でーー人間である限りいつかはどなたでも衰える運命にありますがーー充実して生きる選択は十分可能です。
 
 健康と死を反対語みたいに思いこむこと自体が間違いなのですね。人生で大切なのは身体の状態以上に心の状態です。それこそ身体が健康で不幸であるより、少しぐらい不調があっても楽しくて仕方がないほうがはるかに望ましい。
 詳しくは書きませんが、自分のよく知っている人間に子どものころから手足が不自由な者がいます。しかし彼は私よりはるかに快活で、たくさんの友人に囲まれ大学院まで卒業しました。当時テレビで取り上げられていましたよ。非常に豪快な面白い男で・・・要するに閉じられた狭い世界に生きている人間ではないということですね。彼と会うたびに、私は圧倒されっぱなしです。
 
 私は昔から彼を「不健康」とはどうしても考えられません。不自由かもしれませんが、不健康とはまったく感じない。
 自分の左手小指の爪が奇病ではがれてしまった話は何度か書きました。きのうも皮膚科に行ってきました。状態は悪くなったり少しましになったり・・・しかし、大切なのは爪の状態ではありませんね。自分がどういう気分でいるかが大切ですね。爪がどうなっていようと気分がよければ「本来の」私は健康、爪が完璧に治ろうとも気分が悪ければ「本来の」私は不健康です。爪の状態と気分は多少は重なりますが、必ずしも一致しないところが人間の不思議なところでしょう。
 
 母の手術のことをあれこれご心配いただきましてありがとうございました。きのうはお休みをいただいたので、実家に寄ってきました。光のほうに顔を向けるクセをつけるように言った。彼女にとって孫の存在(息子のことですね)がそうだと言うので、では気分がふさいだら孫のことだけをとりあえず思い浮かべるように伝えました。
 光はいつでも内側からやって来ます。意識的に光源に焦点を合わせる。そういうコツをつかんでいくことが、よりよく生きるということなのでしょう。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2018年11月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ