2017.06.24 01:29

 右側の「応援メッセージ」から入れる学習法の記事ですが、担当してくださっている方にお願いしてそろそろ終わりにさせていただこうかと考えています。現時点で69回目まで来ました。きりよく70回でとも考えたのですが、もう少し増やして77回で終わろうかと思います。
 さすがに正しい学習法が無限に出てくるということはない。するとどうしても同じ内容の繰り返しになってしまいますね。音読のこと、丁寧な作業のこと、時間の使い方のこと・・・延々と繰り返すわけにもいかないでしょう。
 
 学習法の記事を担当してくださっている方はブログをスタートさせるときにもお世話になった方です。このブログはもともとは通信で頑張ってくださっている中学受験生を応援する目的でスタートしました。書き手がどなたかいらっしゃらないだろうか? というときに彼女が私を推薦してくださったのです。あの人なら書けるかもということを進言してくださった。
 私が本当に適任者だったかどうかはわかりませんが、彼女がそうおっしゃってくださるのであれば、こちらはきちんとやろうと思いました。自分にはいろいろ考えることがあって、仕事に限らずできそうなことでも遠慮することがよくあります。
 
 これは個人的な美学なのです。できそうだなと思っても引いておく。小学生中学生にたとえれば一切挙手しない生徒と同じ。「これがわかる者?」と先生が教室でおっしゃいますね。わかっている。わかってはいるけれども絶対に手は挙げない。そういう生徒は評価が下がりますね。私はそれでいいのです。それが評価ということであれば、私個人は評価が低いままでいいのです。
 もちろん内申をとりたい受験生の方はそれではだめですよ。先生が授業を円滑に進行しやすいように協力的に手を挙げてください。一緒に授業を作る温かみが大事です。
 
 じつは彼女は私がはじめてZ会進学教室の講師として三鷹教室に出講したときーー20年以上昔の話ですがーー教務や教科の社員としていろいろなことを教えてくださったのでした。その時点で15年以上中学生は指導していましたが、やっぱり新しい塾だと心細いですからね。緊張していた私にあれこれアドヴァイスしてくださるので本当に助かりました。そういう意味で、私は恩義を感じています。
 学習法の記事に関しては、とにかく「あなたが実践する」ことがすべてです。健康法をたくさんご存知でも、実践されなければまったく健康にはなれません。それと同じです。冷静に考えてみてください。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.06.11 08:51

 よくできる生徒のほとんどは勉強そのものが好きであるというのは事実だと思います。ただ全員がそうなる必要はないのであって、そのあたりは冷静に受け止める必要がありますね。
 勉強が大好きという子は何人もいました。勉強することで何かを証明しようというのではなく、内容そのものが好きなのです。するとたとえば一流大学で学んでもまだまだ足りないということになってくる。さらにもっともっと勉強したいというのです。
 
 さらに大学院で勉強する。就職も、じつは数年後に大学院に通うためにちょっとお金を貯めようと考えている。「大学の4年間だけではまだまだ学びたいことがあって全然足りません」という言葉を何度か聞きました。
 そうなってくるとーー実際にそういう生徒がいますがーー結局大学に残って学者さんになったりします。相当偉くなった子(という呼称も変ですが)もいます。
 
 ただ誰も彼もが学者さんになってしまったらそれは困りますね。世の中が動きません。企業のサラリーマンも漁師さんも美容師さんもミュージシャンもいなくなってしまいます。
 ですから基本的にはそれぞれの人間が好きなことを得意なことにして頑張っていけばそれでいいのではないかと思います。
 去年、ある優等生がこういうことを語っていました。その子は東京で1、2を争う難関高校に合格しています。
 
 体験記に勉強は好きになれなかったし、楽しくはなかったと正直に書いていました。ただーーここからはご参考になると思いますーー塾はすごく楽しかった。塾が楽しいので塾でやっている勉強はふだんの勉強とは異質なものとして楽しめた。
 原文どおりではないのですが、簡単に言うとそういうことです。仲間と一緒に努力するのは苦痛ではなかった。それで十分だと思います。何かしら勉強の周辺に楽しみを見出してください。勉強そのものではなくてもいい。ふさわしいライバルを見つける。好きな先生がいる。海外で生活するために。そのあたりがコツと言えばコツなのだと思いますよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.06.04 07:29

 偉大な医師でもあった昔のインドの聖者が、どんな病気にも「日光浴と早朝の散歩」を薦めていたという記事をある本で読みました。どんな病気に対してもその2つは処方していたそうです。
 おそらく慢性病には効果があったのでしょうね。だからこそエピソードが残っているわけです。確かに早朝の散歩は気分がいい。さらに日の光を適度に浴びることはよいことであるように感じます。
 
 場合によってはそれだけで改善していく病気もあるでしょう。心理的なものはとくにそうかもしれない。昼夜逆転生活で部屋に閉じこもってばかりでは、治る病気も治らないですよ。
 早起きだとか散歩だとか適度な日光浴だとか、あたりまえみたいなことを平易に組み合わせた知恵がすばらしいと言えばすばらしい。まずその2つだけは愚直に実行しなさいということですね。そのうえで次の段階に入っていく。
 
 勉強に関して同じようにシンプルな表現を作るとしたらどんな感じになるだろうとあれこれ考えてみました。このお医者さんが患者さんに過度な要求をしないように、どなたでもできそうなことで効果的な組み合わせは何だろう?
 私なら「ていねいに読んで繰り返しなさい」と言うでしょうね。どの病気にも応用できるのと同じように、どの学年のどの教科にも応用できると思います。
 
 ていねいというのは、それこそはじめの1歩です。雑にやるのであればむしろやらないほうがいい。雑にやることでますますやっている対象が嫌いになってきたりします。終わらせりゃいいんだろう! とむかむかしながら殴り書く。もうちょっとていねいにやろうという気持ちになるまで待ったほうがいいのではないでしょうか。
 そして読むのはすべての基本です。ていねいに読むというのは、考えながら読むということです。読み飛ばすのではなく、1行また1行考え考え読み進めていく。音読だって同じです。ていねいに何かを感じながら読む。
 
 繰り返しは定着させるためです。算数の九九もアルファベットの書き方も反復しましたね。あなたが覚えている住所や電話番号も反復して覚えた。友だちの名前も好きな歌手の歌も楽器の演奏もそう。1回きりではないはずです。
 何でも同じですよ。勉強も、ていねいに読んで繰り返してみてください。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.05.27 00:55

 先日中1のクラスで「いままで読んだ中でいちばん面白かった小説(物語)を1つだけ書いてください」というアンケートをとってみました。これはもう完全に私の趣味の世界で、カリキュラムに入っているわけではないですよ。
 ただこちらはふだんからとにかく読書しなさいと言っているわけで、何を読んだらいいかわからないという生徒にサンプル例みたいなものを提示できたら・・・という感じでしょうか。同い年の仲間が読んで面白かったのであれば、安心して手を出せます。
 
 推薦図書という感じで大人が指定してしまうと若干温度差が生じてくることがありますね。学校で薦められたある本を読んでいた中学生が「古臭くて本当につまらない」と嘆いていましたが、ファッション的(?)な要素があまりにも古いと現代の少年少女は抵抗があるみたいですね。
 確かに自分が子どものころのことを考えても、小説の中で着物がどうのこうのという描写があまり細かく出てくるとーーそんなもの着ませんからーー面白くなかった記憶があります。
 
 クラスでは私がまとめたものを印刷して配るつもりですが、映画やテレビドラマの原作がいくつもありました。そういうものでしょうね。重松清先生の「ゼツメツ少年」を2人の人が同時に「いちばん面白かった」ものとしてあげていました。
 小川洋子先生の作品も2つ出てきました。中1になったばかりですからね。よく読んでいるなと感心しました。大御所(?)では、司馬遼太郎の「坂の上の雲」、夏目漱石「わが輩は猫である」、坪井栄「二十四の瞳」があがってきましたよ。
 
 欠席者も複数いたので、20名ちょっとのアンケートです。仲間がこんなに読んでいるのだという事実は考えてみてください。
 いつも書くように、教科書、テキストをやっておくのはあたりまえです。全員やっている。熱の入れ方の違いはあるでしょうが、全員やっているものではそんなには差がつきません。しかし、それ以外の部分ではそれこそ漱石を「いちばん面白い」と読んでいる中学生と何も読まない中学生とではいずれとてつもなく差が開くでしょう。あたりまえなのに気づかない。あるいは気づかないふりをしている。
 
 今回は小説以外調べませんでしたが、いまをときめく中学生棋士藤井四段(デビュー以来公式戦19連勝!)のように、さらに毎日必ず大人の新聞を15分近く読んでいる中学生もいます。その部分も差がつきますね。稼ぐ人は黙々と稼いでいる。そして、あなたは稼いでいるかどうか。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.05.23 09:06

 私のように少年期いい加減だった人間の目から見ると「真面目に勉強している」10代というのはすごい人だということになりますが、真面目にやり続けている優等生には真面目に勉強することはごくごくあたりまえであって、だから何? ということになります。
 真面目にやらないほうが大問題で、真面目にやっているからといって大騒ぎするほどのことではないのですね。
 
 ですからいわゆる真面目に勉強する人間にとって学校の教科書を隅々まで読む、予習復習を毎日欠かさない、授業そのものを真剣に受ける、定期テストの対策をする・・・というのは当然のことで、それだけでは差がつくわけがないということを彼らはちゃんと知っています。
 ときどき私のところに「真面目にやっているのに成績が上がりません」と来る生徒がいますが、先頭集団では真面目にやるのが当然ですからそんなに調子よく順位が上がるわけがないのです。
 
 それ以外に何をやっているかということが大事です。それ以外のことというのは、あきらかに他の人がやっていない努力ですね。たとえば学校以外の勉強でしょう。
 それはまたすごいことではありますが、ただその「学校以外の勉強をしている集団」にとってはそれが次の次元のあたりまえになってきます。ですからその集団内では、それだけではぐんぐん頭角をあらわせません。
 
 そのあたりを勘違いして自分は努力してもだめなのだなどと思わないようにしてください。みんなと同じことをやっているかぎり、その集団内でだいたい同じ位置にいるのはむしろ道理です。
 つねに自分は「属している集団でどこの部分で他人より努力しているだろうか」ということを意識しないといけません。そして高みにのぼりたいということであれば、みんなと違った何かをしないといけない。その何かが確実な文化的活動であれば、いずれ相対的に成績は上がっていきますからちょっと冷静に考えてみてください。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.04.22 06:06

 私は子どものときから洋楽を聴いてきたので、ああこれはブルーズだなとかファンクだなとかカントリーの影響を受けているなとか、それぐらいのことならわかります。洋楽を聴きはじめたのが13歳ぐらいでした。何十年もかけてやっとわかるようになったということですね。
 単純な自慢ではないのですよ。大量に蓄積していかないと、新しく出てきたものに対処できないという話を書きたいのです。同じ音楽でもたとえばクラシック音楽は全然聴きませんから、曲を聴かされてもまったくコメントできません。
 
 いい曲ですねで終わってしまう。だれだれの曲ではないですかとかだれだれの影響を受けていますねとか、何も知らないわけですから比較のしようがない。万が一、クラシック音楽のテストを受けたら私は間違いなく落第点をとると思います。要するにクラシック音楽については何も勉強してこなかったということです。
 文章の読解もそうなのですよ。まったく読んでいない人には目の前にあらわれた文章がどの程度のものなのか正確に判断できません。
 
 内容はわかったとしますね。内容はわかっても「格」みたいなものまではわからない。同じような話を読んだ経験もありませんから、あああの手の話題か・・・と響くものもない。ただ書いてある内容と何も知らない自分と2人きりみたいな頼りなさだけが残ります。
 文芸作品なんかも、この文章はだれだれの影響を受けているなとすぐにわかる人は相当読みこんでいる人です。確かにそういうことはあるでしょう。太宰治の作品を読んで、芥川龍之介にちょっと似ているかなとか。
 
 読まない人にはそういうものが一切ありません。これがどれだけ不利なことだかわかりますか? 私のクラシック音楽は、テストも何もありませんからこのまま放置しておいてもいいと思っていますが、これから国語のテストを何百回も受けるであろう小中高校生の皆さんが、読む気がしないからという理由で放置しておくことの不利がどれだけ大きいか、ちょっと恐ろしいぐらいです。
 
 食べ物に例えるともっとわかりやすいかな。まずいと言えるのはおいしさを知っている人です。これは好きと言える人はきらいという経験を持っている人です。相対的に表現したり理解したりしているものですね。
 食べ物に関してはーー食べないわけにもいかないのでーーそれなりに皆さん蓄積を持っている。甘いか辛いかのテストならどなたでも合格されるでしょう。
 最低限(せいぜい教科書程度)の蓄積のまま進めていったら、多くは苦戦するようになるでしょう。どれだけ読んでいるか、日々確認されるクセをつけられるといいと思います。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.04.11 01:16

 講習が終わったあと講習だけに参加してくださっている方(基本的には保護者の方対象)のために「報告会」を実施しています。本科生の方対象には別に「保護者会」というものが年に何度かあります。個人面談は、渋谷教室ではどなたでも基本的に何度でもお受けする形にしています。
 人数が少ない教室であれば報告会保護者会の日に個人面談までできてしまうかもしれないのですが、渋谷教室ぐらい大人数になると当日はちょっと厳しい感じです。
 
 ある先生が、こういう話をされていました。予定をきちんと書き出しておきなさいと。たとえば月水金が部活なら漠然とそう考えるだけではなく、紙に部活の日と記しておく。ピアノのレッスンが火曜日に入るのであればピアノと書いておく。塾が土日であればそれもきちんと書きこんでおく。
 表を作るといいですね。部活の欄、習い事の欄、塾通いの欄、それぞれ丸印でも入れておくといいでしょう。
 
 何となく忙しい・・・ではないのです。そうやって可視化する。すると完全に空いているのは木曜日しかないと明確にわかります。あとはぜんぶ学校以外も何らかの予定が入っている。自分の本当の自由になる時間は下校後の木曜日だけなのだということがはっきりわかりました。
 するとーーあくまでも勉強を優先して成績を上げたいと考えている方はーー木曜日は集中的に勉強しないといけないということになりますね。他の日は用事が入っているわけですからどうしたってそうなります。
 
 さらにピアノの練習なんかも少し多めに必要でしょうから、フリーな日こそ予定の管理を徹底しておかなくてはいけません。
 ところが人間というのは不思議なもので、予定がない日はひたすらだらだらしようとしたりします。今日は塾もピアノもないから仮眠したあとゆっくりゲームでもするか・・・みたいなことになってしまう。
 大人でもそういうことはあります。今日はスケジュール的に余裕があるからどこかでのんびり飲んで帰ろうかなとか。
 
 可視化するとじつは今日頑張るしかないということがはっきりわかります。どうしてもだらだらしたいのなら、今日はもう到底勉強なんか組みこめないよという他の日にゲリラ的(?)にやったほうがまだましですね。
 ついでにちょっとだけつけ加えておくと、塾の授業があった日の翌々日までに少しだけ見直しておくといい。上の例では土日を塾、余裕のある日を木曜日にわざと設定しましたが、土日の内容をまったく見ないままでは木曜日には大方忘れてしまっていると思います。少しだけでも見ておく。それが秘訣です。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.04.08 07:12

 右側の「長野先生からの応援メッセージ」をクリックしていただくと入れるようになっています。すでに59回分記事を書きました。ただこちらは完全に勉強の話だけですので、家内や息子などは読んでいないと言っていました。ブログの記事はときどき読んでくれているらしいのですが、
 これから書くことは60回目の記事(書きかけです)と完全にかぶるのですが、ブログだけを読んでくださっている方のために残しておこうと思います。
 
 史上最年少でプロの将棋指しになった中学生棋士が話題になっていますね。藤井四段。デビューしてからの公式戦の連勝記録も塗り替えられたそうです。私がふだん見ている生徒たちと同じ年齢です。
 以前プロ棋士の方のエッセイを読んでいたら、奨励会時代は1日15時間ぐらい研究されたと書かれていました。日の光を浴びずに来る日も来る日も部屋に閉じこもって将棋ばかり研究していて体調が悪くなったという記事も読んだことがあります。それぐらい努力が必要だということですね。
 
 藤井四段も当然努力されたでしょう。不思議だったのは、藤井四段が難しい中高一貫校に合格されていたことでした。将棋の勉強が忙しくて、当然他の小学生のように塾に通う時間はなかった(実際、塾には通わなかったとインタビューにありました)はずです。いくら大天才でも、何もやらずに合格できるはずがありません。
 最近、いくつかのインタビューを読んでいて謎が解けました。藤井先生は小学校4年生ぐらいから毎日大人の新聞を熟読されていたそうです。
 
 1面をまず読み、次に社会面から順番に1日十数分読む・・・と書かれていました。新聞なんかまったく読まないという小中学生に比べて、どれだけの蓄積になるか想像してみてください。365日(休刊日はありますが)15分ずつ新聞を熟読するとしますね。文章量は問題集の10冊20冊なんてあっという間ですよ。
 アルコール依存症の患者さんの特集が印象に残っているともおっしゃっていました。プロ棋士をめざす小中学生にはそんな知識は必要ないとは考えないのです。好奇心から一生懸命読まれたのでしょう。活字を読む姿勢として王道ですね。
 
 スマホやパソコンは主に将棋のことを調べるときに利用されている程度だそうです。年がら年中触れているということはない。
 さらに好きな作家の名前を見て感心しましたよ。司馬遼太郎、新田次郎、沢木耕太郎とありました。いきなりそんな先生の書籍を手にとる中学生はいません。当然、子どもらしい物語をたくさん読んだ果てに至った「途中経過」であると思います。塾に行かず受験勉強していないように見えても蓄積が桁外れに違うのです。
 
 ちっとも読まないとか、スマホばかりいじっているとか、それは人それぞれの選択ですからとくに責める気持ちはありません。ただ本当にできるようになりたければ、大切なのは次の1点だけです。あなたの所属している文化圏はどこなのか。日々新聞を読むのが楽しくてたまらない人たちの仲間なのか。活字なんかかったるくて読んでいられないよという人たちの仲間なのか。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.03.31 07:01

 教育ブログですから、ご参考になりそうなことはなるべく書くようにしています。ただ私が書くことによって、責められてしまうお子さんがいらっしゃるとかわいそうだなという気持ちもあります。
 人それぞれです。何度も強調しているように、私自身はまったく勉強しませんでした。そうした生き方を否定するものではありません。しかし、中にはうんとできるようになりたいという方もいらっしゃるでしょう。その参考になれば・・・ということです。
 
 全員の方にそうしなさいと言っているわけではないですよ。
 春休みの宿題が出た方もいるでしょう。実際、すごく大量の宿題を出す学校もあります。塾にも行きたかったものの、学校の宿題がありすぎて通えないとおっしゃっている方がいました。そういう学校は夏休みも冬休みも大量に宿題が出て、それこそ塾の講習になかなか通えなかったりします。私立校ですと金銭面の負担も考えて、なるべく学校だけで面倒を見ようと考えてくださったりもしています。
 
 宿題が終わればほっとするでしょう。頑張って早い時期(3月中に)に宿題を終えてしまった。
 ところがこういう生徒がいます。宿題は終わったかね? と質問する。はい。そしてさらに「これから2回目にとりかかろうと思います」と平然と語る。
 解答はノートに書くようにしているので、もう1度やることは可能です。ですから問題集として念のために2回目をやろうというのです。「ずいぶんミスしたところがありましたから」
 
 本当にできる人はそんなことをやっているものだという事実は知っておいてもいいですね。何月何日までに終わらせておきなさいというのを1回やっただけでは満足しない。もう1度解きなおして、あやふやだった部分を的確に「自分のものにしよう」と考えている。
 なかなかできることではないとは思います。彼らは周囲にそんなことは語りません。本当にできる生徒は努力をひけらかすことをしませんからね。
 
 考えてみれば、宿題というのは「わかるようにしておきなさい」ということでしょう。1回だけ見ておきなさいと決められているわけではない。まして、終わらなかったらこっそり友だちに写させてもらいなさいでもない。写させてもらって得したと考える人もいますね。本当に「得」なのかどうか。
 要するに、何のためにやっているのかということを意識されているかどうかの違いだと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.03.29 06:27

 春期講習がはじまっています。ふだんは通わずに講習のときだけ来てくださる方もたくさんいます。あたりまえですが、お互いに十分慣れてはいません。若干の緊張感が漂い、新鮮な感じで進んでいます。
 遠慮もありますから、まったくやる気のない生徒というのはーーとくに受験学年ではーー見当たりません。本心はわかりませんよ。しかし見た感じは、皆さんとても熱心にやってくださっています。
 
 熱心にというより、真面目にと表現したほうがいいのかもしれません。黙って正面を見て問題を解いて解説を聞いて板書して・・・という状況です。これは困ったなという生徒は、少なくとも自分の担当クラスには1人もいません。
 ただこういうことは感じます。板書しないで口頭で指摘したところは、さっとメモをとる子と板書していないのだからそんなに気にとめなくてもいいだろうという感じの子に分かれます。毎年、そうです。
 
 こちらの表現に対する感度のよしあしということは出てきます。
 たとえば「皮肉」とか「心外」とかという言葉が出てきます。そんなことまでいちいち板書していたのでは予定のカリキュラムが消化できません。そこで口頭で説明します。こういう意味もこういう意味も含んでいる、辞書をひくだけではわからない要素があるよと言う。
 さらさらとメモしている生徒がいます。ふだんから通ってくださる子は、そのへんの呼吸も上手です。
 
 個々の生徒が何を書いているかまではいちいち確認していません。ただ感度のよさは目撃できます。例外はあるでしょうが、一般的に感度がよければよいほど成績は向上していくものです。
 思えば人生もそうなのでしょうね。毎日毎日同じことの繰り返しで面白くも何ともないという考え方もあるでしょう。ただ本当に毎日が同じことの繰り返しと言い切れるのかどうか。毎日毎日お米を食べているので、おいしくも何ともないと言うのと同じではないか。
 
 日々のお米をおいしく食べている人間だって大勢いるはずです。やはり感じ取る力、感じ取ろうという力が何より大切でしょう。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着記事

月別アーカイブ