2017.02.04 06:46

 もともと自分は1人が好きなのです。孤独を好むというより、単純に気ままなのが楽だからです。
 学生時代は社会に出たらタバコ屋さんやパン屋さんの店番みたいな職種がいいと本気で考えていた時期がありました。お客さんが来ないあいだはずーっと本を読む。そういう人生に憧れました。パン屋さんの店番のアルバイトは実際にやったことがあります。夜になると店を閉め、FEN放送を聴きながら売上げの計算をしたものでした。
 
 ある晩、おばあさんが入ってきました。露骨に書くと何ですが、正直言ってあまり豊かそうではないおばあさん。「小鳥の餌をください」と言う。一瞬何のことかわからなかったのですが、大量のパンの耳を袋づめにして10円で売っていたのです。お店のご主人が「ただでは失礼だから・・・」とおっしゃっていたものでした。
 ときどき若い子がやってきて「耳だけください」と10円を置いて帰ります。倹約しているのですね。
 
 おばあさんにはそれなりの見栄があったのでしょう。それで「小鳥の餌」と言う。大量にありますからね。
 話がそれました。いまも私は1人が好きです。飲み屋さんなんかでも常連さんの結束が固い(?)お店は避けます。それが悪いという意味ではなく、単純に苦手なので話しかけられてもあっさりお答えする感じです。飲み屋さんにまで来て新たな人間関係を構築する必要もないでしょう。
 
 ところが、このまえこんなことがありました。聴覚の不自由な中年の男性が飲み屋さんにやって来ました。カウンターのみのお店です。お店の方と筆談でやりとりをされていたのですが、ふと私にも筆談でコミュニケーションをとってきました。たあいのないやりとりを続けました。ただ筆談なのでそれなりに考えながら応対しますね。返事に時間がかかる。その「考えながら筆談する」のが妙に楽しくて、ノートが彼と私のあいだを何往復もしました。
 
 そのとき非常に濃密な感情を覚えました。これは以前もどこかで経験したことがあるぞ・・・と変な感じがした。
 翌日、思い出しましたよ。村上春樹先生が翻訳されていたレイモンド・カーヴァーという作家の「大聖堂」という作品でした。そのお話には視覚障害の方が出てきた。あ、つながったという瞬間の何か。不思議な名作だと思います。中高生の方でも難なく読める短編小説です。機会があったらお読みになってみてください。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.02.02 00:07

 自宅でとっている新聞に、子どもたちの読解力低下の特集記事が掲載されています。なかなかこわいことが書いてありますよ。やっぱりなと感じる要素も相当あります。
 世の中、本当は危険ではないかということがたくさんありますね。ただあまり強調されない。経済的な損失が生じるからだと思います。儲かればそれぐらいは仕方がないじゃないかと考える人間がたくさんいるということです。彼らにしてみれば「はっきり証明されたわけではないし」という理屈もあるでしょう。
 
 因果関係を明確に証明するためには何十年もかかるでしょう。それでもはっきりしないこともある。はっきりしないというよりはっきりさせたくないのです。
 昔、ある先進国で食べ物と健康の関係を精密に調査したレポートが提出されたことがありました。因果関係が露骨に提示されていた。それはしかし、何らかの圧力が加わって表現が後退していきました。これこれを食べるのはよくないではなく、過剰にとるのはあまり望ましくない程度に抑えられてしまったのです。
 
 経済がまわらないというのは社会にとっては大打撃で、その困難さがわからないわけではありません。ですから、あとは個々人の考えで危険に近づかないほうがいいと思うのであれば近づかない覚悟が必要でしょう。もちろん危険ではないという学者さん「も」存在するということで、はなから危険と考えないという発想もあるでしょう。放射能でさえ、人体にさして影響を及ぼさないとおっしゃる学者さんもいます。そちらを徹底的に信じたいという人間がいてもいいとは思います。
 
 私は健康にいいと言われているある食品を何年もまったくとっていません。それは私自身が信頼している複数の方が逆にその食品をよくないとおっしゃっているので、あえて近づかないのです。私はそうしたことを家族にも押しつけませんから、家内も息子もその食品を摂取しています。
 何を書きたいか。
 新聞記事ではスマホのことが相当問題視されていました。脳学者の偉い先生がスマホを使用中の大学生の脳を調べたら、論理をつかさどる部分が働かずに眠っているようなぼーっとした状態だったそうです。
 
 脳が成長する18歳ぐらいまでスマホを禁止すべきであるという説も紹介されていました。本当に18歳まで禁止したら経済は大打撃でしょう。ですからそうなる可能性はないと思います。
 どうするかは個々人の手の内にあります。そんな研究、あてにならないよという考え方もある。成績のいい友だちだってスマホを持っているからという考え方もある。自分の場合、依存度が強いのでちょっと気をつけようという考え方もある。危ないものには絶対に手を出さないという考え方もある。
 
 面と向かって相談されれば、私がきみならやらないとだけは答えるでしょう。キリストもブッダも孔子もソクラテスも夏目漱石もスマホは使っていません。とりあえず大学生になるまでは持たなくてもまったく心配ないと思います。ただ私は家族にも特定の食品を摂らないように強要したりしないのと同じで、どなたにもそうしなさいと押しつける気持ちはありません。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.02.01 00:39

 ブログの右側から「どうしたら勉強ができるようになるのか」というコラムに飛ぶことができます(「長野先生からの応援メッセージ」というところ)。
 いつのまにか52回も記事を書いていました。ここは本当に勉強法のことだけを書いています。居酒屋の話も音楽の話もなしです。
 2009年にこのブログをスタートさせてくださった方からお話をいただいたので、頑張って書き続けてきました。ただそろそろネタがつきてきた感じはあります。52回も勉強法のみを書き続けていればそれはそうですね。
 
 いつもお話したり書いたりしているように、私が提唱している勉強法は私が勝手に発明したものではありません。私自身はとくに少年期勉強したくなかったので、勉強法については悩む必要がありませんでした。将棋を強くなるためにはどうしたらいいかとか女の子にもてるためにはどうしたらいいかとか、そういうことは真剣に考えたものですが、成績を上げたいという欲求はなかったのでそれこそ「そこそこの成績を収めるための勉強法」で十分だったのです。
 
 当時の私はつねに真ん中にいようと考えていました。真ん中にいれば面倒に巻きこまれずにすむという程度の理屈からです。真ん中から少し落ちたときだけ勉強し、真ん中より上になれば勉強は休んでしたいことをしていました。
 両親や学校の先生は「少しでも上を目指せ」とさかんに言っていましたが、まったくそういう気持ちにはなりませんでした。将来は芸術方面に進むつもりでしたから、場合によっては教科の得点はどうでもいいと考えたのです。
 
 私がいま書いている学習法は35年(以上)教えてきて、優等生が何をやっていたかという事実だけをまとめたものです。ぜんぶ優等生たちから教わった方法ばかりです。私自身、大発見がたくさんありましたよ。そんなに繰り返し解き直しているのか! とか、本当に覚えるまで音読しているのか! とか、テレビやゲームを封印しているのか! とか、間違えた問題だけ集めた自作の問題集を作っているのか! とか。
 しかもそうしたことを優等生たちは時代を越えてやっています。他にもていねいさであるとか整理整頓であるとか・・・昭和平成を問わず共通したものが出てきます。
 
 それをご報告しているだけですが、だからこそ価値があるとも思っています。きわめて健康な人たちに共通した健康法をご紹介しているということです。
 1回が原稿用紙2枚ぐらいの感じなのですが、これ、どこかでどなたかまとめてくれないかなとちょっと考えたりします。こういうのは、厚くなりすぎないほうがいいですからね。ネットでぜんぶ読まれるのは大変でしょう。安価な本にしてくださると便利なのですが。ありそうでないですね。すべてが優等生たち直伝の勉強法の書籍は。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.30 08:01

 ときどき最後に感謝したのはいつだっただろうと改めて考えてみることがあります。生きているかぎり、対象は無限にありますからね。
 たとえば身体に最後に感謝したのはいつだったか。家族に最後に感謝したのはいつだったか。友人に最後に感謝したのは? 会社(=仕事があること)や学校(=勉強できること)に最後に感謝したのは? 趣味の存在に最後に感謝したのは? 自由に、平穏さに、音楽に、食事に、夜明けの美しさに、水が自由に使えることに、表現の豊穣さに・・・最後に感謝したのはいつだったか。 
 
 感謝というのはいちいち世間に発表するというよりは、個人的に噛みしめるべき事柄であると思います。世の中、なかったら大変ということがじつはたくさんあります。
 昨年のお正月、住んでいるマンションの給湯設備が3日間壊れただけでーーお湯が出なくなりましたーー家族3人大騒ぎでした。そんな事件があったおかげ(?)か、お湯が出ることにはいまもときどき感謝します。ただ同じように「電気が通っていること」や「ガスが来ていること」「水がふんだんに使えること」などはほとんど意識せずあたりまえみたいな気持ちで生活している自分を意識します。
 
 そのあたりの鈍感さに問題がありますね。私自身の話ですよ。
 あたりまえと決めこんでいるわけですが、あたりまえではない。最近も教室ではインフルエンザで倒れてしまった先生が何人かいらっしゃいました。私はおかげさまで絶好調で働いている。身体の全細胞が頑張ってくれているおかげでしょう。免疫機構だとか細かいことはわかりませんが、とにかくインフルエンザが大流行している世の中で総合体の私が日々の調和を保てるように身体は頑張ってくれている。それをあたりまえと切り捨ててしまうのは、やはり鈍感ではないかと思うわけですよ。
 
 こういうのは道徳の問題ではなく、いかに幸福を感じるかの方法論みたいなものだと思います。
 世の中によく「何々流成功法則」というのがありますね。書籍が出ていたりDVDになっていたり教室が開かれていたりします。私に言わせればいちばん簡便ですぐにでも実行できる成功法則は、ありとあらゆる対象に対して感謝をし直すということになりますかね。考えれば考えるほど私たちは大成功していませんか? そのあたりから自信を持ってゆっくり進んでいけば、目標にも近づいていけるはずです。「現時点で自分には何もない」というとんでもない錯覚が私たちに妙な焦りを運んでくるのです。
 
 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.29 00:27

 今日は勉強とは関係のないお話です。
 私ぐらいの世代は、渥美清さんの「男はつらいよ」という映画をけっこう見ているのではないかと思います。私も熱烈なファンというわけではありませんが、全盛期に育ったので映画館で数作見たことがありました。その後はテレビやビデオやDVDなど、後追いの感じですがほとんど見ているような気がします。
 ときどきふと気になる話があって、DVDを借りてきて見返すことがあります。
 
 先日、久しぶりに大阪が舞台になっている回を見ました。
 例によって主人公の寅さんは、大阪の芸者さんに恋をします。その芸者さんが寅さんが泊まっていたホテル(新世界の汚い商人宿みたいなところです)に夜中にやってくる。詳しい説明は省きますが、ショックなことがあってすごく酔っ払っている。「ここに泊めて・・・」と言われて断りきれなくなる。
 ただ複雑なことが起きないのがあのシリーズの安定感のあるところで、寅さんは寝入ってしまった芸者さんだけを部屋に残しそーっと階下に下りていきます。
 
 下の帳場でーー宿の一家と寅さんは相当つきあいがある感じですーーホテルの跡取り息子(芦屋雁之介さんが好演されています)に向かって「今夜はお前の蒲団で寝るからな」という意味のことを告げる。
 そのとき帳場の棚にある日本酒の一升瓶を寅さんはごく自然に取り上げて普通のガラスコップに6分目ぐらいまで注ぎます。そしてひと口含んでから話を続ける。ああ、こういう感覚ってあるなと私は感じました。
 
 自分もアルコール類を飲むわけですが、こうした気持ちで飲むことが多いような気がします。多くの方がそうなのかもしれないですね。
 つまり、何らかの精神的な泡立ちを抑える目的で飲む。いい悪いすべてひっくるめてのものです。とにかくちょっとした波風がたつ出来事があり、その動揺と距離をとる意味で飲む。帰宅前に1人で外で飲むこともありますが、狙い(?)というか要点は同じです。区切りをつけるためですね。
 
 ある程度豊かな社会では、飲食は味わうことを求める要素が大きいでしょう。そしてもちろん飲酒に関してもおいしいものを飲みたいという側面はあるのですが、落ち着く目的であればとくにどうということのない普通酒であっても気になりません。というより、むしろ平凡な味のほうが「助かる」印象があるのです。
 以前あの映画を見たときには、こうした発見はまったくありませんでした。まあ、いくつになっても成長なのでしょうね。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.28 00:36

 先日、夏目漱石の文章を読んでいたらこういうのがありました。漱石家で飼っていたネコが死んだ。庭にお墓を作って埋めることになりました。墓標をたて、そこに漱石がしゃれた文句を書いた。
 ある日ーー窓から見ていたとだけ書かれていましたーーまだ幼い漱石のお嬢さんがその墓標をじっと見つめている。それから手にしていたひしゃくでお供えの茶碗の水を飲みはじめた。何回も何回も飲む。水は供えてあった花にもふんだんにふりかかります。
 
 じつは私はこの随筆を全文読んだわけではありません。細かいところはわからないまま書きますが、お嬢さんの様子をじーっと観察し続けた感受性はやはりすごいと思いました。ふつうだと声をかけてしまうでしょう。声をかけることが子どものためでもあり、自分のためでもあるような気持ちになる。
 少し離れたところからじーっと観察を続けた漱石の中の孤独意識、さらにこの種の感情は子ども自身も味わったほうがいいのだという配慮みたいなものが働いていたのだとすれば、やはりすごい感性だと思うのです。
 
 これは漱石のレベルとは全然べつの話ですが、私もずーっと遠くから子どもを見ていながら、そのことを伝えなかったときが2回あります。あるところまで心配で見に行った。様子を見て変なことをしているなとは思いましたが、そのまま帰ってきました。
 もう1回はゆっくりあとを追ってみました。で、ははあ、こんなことをしているのかとは思いましたが、当人には何も告げませんでした。場合によっては叱るまではいかなくても注意ぐらいはしてもよかったかもしれません。
 
 それをこらえたのは、彼が感じたであろう何かのほうが、親の私がまとめて説明する概念以上の財産になると考えたからです。そしてまた、安易に家族の団欒話にしてしまいたくない孤独さを私自身が好むという事情もあったと思います。
 見られているか見られていないかはべつとして、幼い子どもが1人で考えて何かをしているときにはその行為自体に大きな意味があり、それを安易に世間的な概念で説明してしまうのはーー彼らはそういうものなのかと信じるでしょうからーーちょっともったいない感じがします。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.27 00:10

 おとといいたずら電話のことを書きました。まあ、私はどうしようもなかったと。
 教室でもいたずら事件がときどき起きます。しかし子どもたちのことを私は「どうしようもない」と考えたことはないですね。進化途上ですからね。そもそもどうしようもないなどという感慨は自分に向けるぶんにはいいのでしょうが、人さまをあっさり断罪する神経はーーこれまた個人的な感覚ですがーー私には無責任で繊細さに欠ける蛮行に思われます。
 
 ですからいたずら事件が起きたときには、どうやっていい方向に展開しようかということだけを考えます。
 先日は机に強力な接着剤であるものをくっつけるという事件が起きました。これは心情的には大変面白い。面白いと書くと語弊があるかもしれませんが、私も昔自宅で超強力な接着剤を使っていろいろなものをくっつけてみました。テレビなどでどんな力で引っぱってもはがれないと宣伝されています。本当かな? 興味を持つのは当然でしょう。むしろいいことかもしれません。
 
 で、実際に試してみる。何かと何かをくっつける。時間がたってからはがしてみるのですが、けっこう簡単にとれてしまう。がっかりしましたよ。最後に自分の指に何か(何だったかは忘れてしまいました)をくっつけてみたら本当にとれなくなって焦ったことがあります。皮膚がはがれるような感じでやっととれました。私ぐらい愚かだと、そこまでやってしまいます。
 もっとも自宅でやっているぶんには問題ないですね。よそでやるのは本当はちょっとよくない。その判断が小中学生だとまだ曖昧なのでしょう。
 
 じつはいたずらをした生徒はすでに丁寧な謝罪に来てくれています。悪意のある要素はまったくない。接着剤の強力さには驚いたみたいでした。
 机はとりあえず展示しました。「芸術作品」と書いた紙を貼っておいた。するとこれが皆さん意外なぐらい喜んでくださる。「すごい!」とか「感動した!」とか「こんなこと本当にできるの?」とか言いながら見てくれます。正しい方向に展開できたという気持ちがあります。
 
 私にはできるだけよい方向に彼らを育てる義務と責任があります。さらに教室を明るく楽しい場所に保つ義務がある。そのあたりはつねに考えていますかね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.25 10:01

 主婦と生活社さんの編集者の方から、たくさんの方がWEBページにいらしてくださったというご報告をいただきました。「暮らしとおしゃれの編集室」ですね。どうもありがとうございます。こんなおっさん(私のことです)ちっともおしゃれじゃないだろ! みたいな苦情が殺到したら困るなーと心配していたので、とりあえずほっとしました。
 ひぐまあさこさまのブログにも再度取りあげていただいておりました。心から御礼を申しあげます。
 
 私はろくでもない小中学生時代を送ってきました。忘れてしまったことも多々あるのですが、とにかく世間の標準値から見てあきれるようなことばかりでした。小学校時代はいたずら電話の依存症みたいになっていた時期がありました。自宅からも公衆電話からもいたずら電話をかける。友だちともかけるし1人でもかける。四六時中いたずら電話のアイデアを練っていました。
 相手も手当たり次第です。結婚式場に電話をかけて「結婚したい」と言ったら「ぼく、だれと結婚したいの?」といきなり見破られてしまったことがありました。声変わりしていなかったのですね。
 
 どれだけくだらない少年だったのか・・・という気持ちはありますが、だからこそ見えてきた部分というのもあるのですよ。地面に近ければ近いほどいろいろ見えるのと同じですね。
 できそこないが、少しずつあたりまえの道を這いあがってきたという実感はありますかね。まともになるためだけに、私には大変な努力が必要でした。およそ暴力的ではないので、不真面目さやできそこない度が目立たなかっただけでした。息子にも、まともになるためにそんなに苦労する人間も珍しいと笑われたことがあります。
 
 先日もあるご家庭から、お子さんが私と話すと元気を取り戻すとおっしゃっていただきました。じつは私は特別なことはなにも話していません。考えていることをただ心をこめて告げているだけです。
 彼らが心の底で求めているのは浅薄な励ましではないと感じることがあります。私が投げかける言葉で彼らが元気になってくれるのであれば自分はまだまだ頑張るつもりですが、その励ましの言葉はあのくだらないいたずら電話を繰り返さなければ出てこないものなのかと問われれば、やはり微妙な部分で自分にはそうであるように思えるのです。
 
 はじめからまともな人間であったら、私はーーいいことも悪いことも含めてーーいまとはだいぶ違っていたと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.23 10:23

 言葉だけではなく、伝えたい気持ちが強いと力を持ちますね。ときどき生徒と話していてそう感じることがあります。
 たとえば現時点ではさほど成績はかんばしくない生徒と話す。やる気もーー勉強に関してだけですがーーあまりなさそうに見えます。それならそれでいいのですが、塾ですからどうしても勉強のことを話す機会も出てきます。相手のほうからあることを相談されたのでちょうどいい機会だと思って、少し長く話しました。
 
 そういうとき私はあまり些細なことは注意しません。数学の宿題やっていなかっただろうとか、国語の時間うとうとしていただろうとか、そういう末梢的なことは何も言いません。
 私のクラスの生徒ではなくてもZ会進学教室には先生方が書いてくださる「授業日誌」があり、私は彼らがどんな感じで授業を受けているのか知っています。しかしそうしたことは一切言いませんでした。宿題をするしないは大事なことですが、そのときの会話の優先順位から言えばはずしてもいいと判断しました。
 
 私は彼が自分をたいした人間ではないと考えていることがわかっていたので、それは絶対に違うということを伝えました。勉強が徹底的に嫌いであれば、確かに直近の「テストの点数」はとれないかもしれません。ただそのことと個人の能力とは全然べつだということはだれかが指摘しないといけない。
 好きなことをやっても自分はたいしたことはないと思われたら、完全に育てる大人側の失敗です。好きなことを見つけて思い切り上達して、最後に世の中の役に立つ。私たちはそうあるべきだと思います。
 
 話しているうちに彼らのなかに力が充満していくのがわかるときがあります。気づくのですね。そうか、自分には相当の力があるかもしれない。そしてそれはまた真実なのですよ。勉強だけに限定したり他者との比較ばかりを持ち出したりするからおかしくなってくる。
 ときどき話していてーーただ励ましていただけなのにーー涙ぐむ子もいます。いままでどれだけ傷ついてきたのだろう? と思いますよ。私は何もしなくてもすべてうまくいくと言っているわけではありません。何かをすれば相当なものになれる事実だけは確認しながら生きようねということです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

2017.01.22 07:23

 面接の練習を求められたときは個々の生徒と話すようにしています。するとあることに気づきます。あたりまえですが皆さん、基本的にきちんとしたことしか口にしません。
 勉強します。志望校にいちばん入りたいと熱望してきました。高校に入ったら勉強、部活、生徒会活動に邁進します。将来は世の中の役にたつ人間になりたいと思っています。
 それはそうですね。面接試験で「勉強なんか金輪際やりたくない」などと宣言する受験生はいません。
 
 同じように部活なんかくだらないとか、将来は個人的に楽さえできれば世の中なんてどうでもいいとか、その種の発言で100%落ちると決まっているわけではありませんが、一般的にそんな挑発的なことを言うのは失礼でしょう。皆さんいいことをおっしゃいます。
 世間的な正論を口にするということです。するとあちら(面接官の先生)は受験生の数だけほぼ同じセリフを聞くことになります。
 
 そしてここが問題なのですが、同じセリフでも印象が違うのです。個人の生きざまによって、中学生でも違ってくる。だからこそ、あなたがどうあるかということは大切なのですよ。
 これはどなたでもすぐにわかると思います。どちらがいいではなく、外で活発に大勢と活動することが大好きな人と閉じこもって個人的な何かに没頭することが大好きな人が「人生は楽しい」と同じセリフを口にされても、伝わってくるものは何となく違いますね。人それぞれであり、背負っているものがそのまま相手に伝わるのです。
 
 面接のときにセリフだけを練りに練っても通用しません。勉強がいやでいやで仕方がない方がその場しのぎで「大好きな勉強を頑張りたいと思います」とおっしゃっても、人生経験の豊富な面接官の先生ーー勉強が好きな生徒も嫌いな生徒も何百人何千人と見てこられたでしょうーーには何となくわかってしまうと思います。
 むしろいままで勉強から逃げ腰な面もあったので、高校に入ってからは少しでも面白さを見つけたいという気持ちです・・・ぐらいに告げたほうが好感を持たれる可能性はあるかもしれません。
 
 笑顔、まなざし、指先の動き、考えこむしぐさ、迷う素振り、同意するときの深いうなずき、言葉の選択に対する思慮深さ・・・そうしたものがセリフと連動してあなたの印象を作りあげていきます。いくら名文句であっても、芝居のように棒暗記したセリフであれば魅力は著しく減じてしまうでしょう。
 今回の試験だけではないですね。あなたがどう生きてきたのか、生きているのか、生きていこうと考えているのかが何より大切なのです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ