2020.03.31 10:24

 本日でブログ記事の更新は最後です。自分らしいお話にします。
 3月31日には、いろいろ思い出があります。この話は以前もどこかで書いたかもしれません。まだ大学生のときですね。アルバイト先で女子高校生と親しくなった。親しくなったと言っても、レコードを借りた程度です。それがきっかけで電話番号や住所を教えあった。
 3回ぐらい会いました。手をつないだりという要素はまったくなかった。お互いに異性という気持ちを持っていいのか? という感じがありました。
 
 彼女の誕生日が3月でした。日にちは忘れてしまいました。どうでもいいことですが、私は昔から3月生まれの女性にひかれる傾向(?)があるかもしれません。誕生日のプレゼントを買った。お金もないので、小さなアクセサリーでした。それを渡すために3月31日に渋谷で会いました。最後は代々木公園に行った記憶があります。
 翌日から彼女はお勤めに出ることになっていました。当時は高校卒業と同時に就職する女性がいまよりはるかに多くいました。
 
 なかなかプレゼントを渡せない。何となく気恥ずかしい。おつきあいしているわけでもないのに・・・と余計なことを考えてしまう。ベンチで1時間ぐらい話していたかもしれません。ずっとそうしているわけにもいかない。彼女は翌日からの準備もあるので、早く帰ることになっていました。唐突に「これ」と乱暴にポケットから包みを出しました。どうしたことか、包みが少しよれていた。ずっと持ち歩いていたからですね。それを見て、ひどく投げやりな気持ちになった。
 
 怒ったみたいにそっぽを向いて「誕生日」と呟いた。彼女も不自然な感じがしたのでしょう。困ったようにありがとうと言っただけで、中は確認しませんでした。ちゃちなアクセサリーだったので、ほっとしました。原宿駅に出て山の手線のプラットホームの上で別れました。最後の場面はほとんど記憶にありません。
 ただ私は帰らなかった。それからある場所に行って、長いこと彼女のことを考えながら歩きました。
 
 じつは昨年、その道を歩いてみたことがあります。正確に書けば、歩こうとしてみた。街の様子が変化してわからなくなっていました。彼女が私にとって何か大きな意味を持っていたというわけでもないのですが、孤独さみたいなものを垣間見せてくれた存在だったという感覚があります。
 大きな文学賞の最終選考が3月31日だったこともありました。その年、最終選考まで私は残っていました。結局受賞できなかったのですが、3月31日というとやっぱり彼女のほうを思いだしますかね。
 
 今日は仕事がお休みで、耳鼻科のお医者さんにだけ行こうと考えています。そのあとそれこそ「不要不急」ではあるのですがーーいつどうなるかわからないのでーーもう一度だけあの道を探してみようかなと迷いながら「長野先生の幸せに生きるヒント」ブログを終えることにします。
 今後はツイッター(https://twitter.com/shiawase_hinto)で何か呟きますので、よろしければ。
 ありがとうございました。すべての方が世の光でありますように。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, トロさん 2020.03.31 11:33
    何度か長野先生の記事にコメントをさせていただきました。混沌としている周りの状況の中で、間違いなく長野先生のお言葉には光がありました。

    ありがとうございました。電子書籍も楽しみにしております。
  • 2, 長野先生さん 2020.03.31 11:45
    トロさま

     こんにちは。
     どうもありがとうございます。長いことお世話になりました。電子書籍のほうはいましばらくお待ちください。初夏にお届けできたらいいなと思っています。
  • 3, manimaniさん 2020.03.31 12:42
    先生、長い間本当にありがとうございました。でもこれからはTwitterがあるので少し安心です。(ホントはブログ位の長さの方がいいんだけど〕
    実は今、先生のこのブログを初回から全て読みなおしています。一週間かけてますが、仕事等もあるのでまだ2014年のところです。たまにコメントして返信して頂いたものは宝物になってます。
    これからもTwitterで楽しみにしてます!もちろん電子書籍も!
  • 4, 長野先生さん 2020.03.31 13:10
    manimaniさま

     こんにちは。
     こちらこそありがとうございました。ブログ記事はいつまで残していただけるかわからないので、とりあえず電子書籍のほうに皆さまからリクエストいただいたものを残したいと思っています。
     今後ともよろしくお願いいたします。
  • 5, 空蝉世人さん 2020.03.31 14:10
    長野先生こんにちは
    ツイッターを始めたものの、やはりやり方がよくわからず、ちゃんと書き込めていないようです。どうもすみません。
    まだこちらの方が確実に伝わるので、記事のリクエストをひとつお願いいたします。最近の記事からです。2020年2月28日の「混乱の中で考えたこと」先生の文章がとても美しい。
    私も造花であることを願わずに生花として散りたいと思いました。
  • 6, 長野先生さん 2020.03.31 15:16
    空蝉世人さま

     こんにちは。
     ありがとうございました。生きていくことは、なかなか切ない面もありますからね。1947年ごろの男性の平均寿命は47歳ぐらいでした。女性が53歳ぐらいだったかな。当時に比べれば、私たちは恵まれているように感じます。
  • 7, skyさん 2020.03.31 16:00
    長野先生、初めまして。
    いつも更新を楽しみにしていました。
    先生のあたたかく穏やかな文章やことばに、何度も何度も励まされてきました。本当にありがとうございました。
    今日の最後のことばも、グッと胸に刺さるような気持ちになりました。どんなに小さくても私も世の光であるようにと、心がけていきたいと思います。

    これまでツイッターとは無縁でいたのに、先生のことばが読みたくて、私もアカウントを作ってしまった一人です。
    まだうまく使いこなせず、なんの書き込みもできていないのですが、編集の方が載せてくださる先生のことばに、毎日心を洗われるような気持ちになっています。

    電子書籍の発行、楽しみに待っています。
    まだまだお忙しいと思いますが、どうぞお体をご自愛ください。
  • 8, のんびり姉妹の母さんさん 2020.03.31 17:56
    長野先生、ご卒業おめでとうございます。さみしさが溢れて止みませんが…励まされた日々にただただ感謝です。心より厚く御礼申し上げます。
    私の心に灯してくださったこの光を絶やすことなく誰かに光を届けられるように日々を過ごしていきます。
    長野先生、長野先生らしさ全開のTwitter楽しみにしています(^^)これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました。
  • 9, 前田さん 2020.03.31 19:16
    長野先生本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。電子書籍必ず読みます、Twitterも始めてみます!
    私ごとですが息子の高校受験が終わりました。第一志望校にはいけませんでしたが、きっとご縁がある高校の方へいけたのだと思ってほっとしましたが、ウイルスの影響が世界的に広まり、安心はできません。
    今は我慢の時だと思っております。
    電子書籍やTwitterで先生とのご縁が繋がったこと
    関係者の皆さんに
    感謝いたします!光がさしました。どうぞお元気で。夏の電子書籍楽しみにしています。
  • 10, よしきさん 2020.03.31 23:02
    幸せに生きるヒント
    ありがとうございました
    不思議な巡りあわせでした

    今日、ロックバーでリクエストしたい曲が
    ナットキングコール「Smile」
  • 11, ろばろばさん 2020.03.31 23:44
    長野先生、長い間ありがとうございました。先生の言葉にどれだけ励まされたか知れない、一母です。先生がどなたかのコメントに返された、
    あなたの真実を生きることだけしか、あなたが生きた証にならないのだよと伝えてあげられるといいですね。
    という言葉に感銘を受けました。子どもへ伝えたい究極の言葉です。そしてその言葉を口にできる親でありたいと切に願う言葉です。私も誤魔化さず真実を生きる人間でありたいと思います。親として、以前に人間として、ですね。電子書籍楽しみにしています。
  • 12, しましまさん 2020.04.01 00:07
    初めてコメントします。何年も前から、なんて素敵な方なんだろう。。と、文章を読みながらひっそりと楽しみにしていました。この春、娘が中学生になるので準備講座からお世話になり、本科認定もいただき、中学生活とZ会の教室な通うのを楽しみにしています。どこかで、何かのタイミングで長野先生とすれ違うことがありますように。と、想っています。
  • 13, ぴぃさん 2020.04.01 09:07
    おはようございます。
    たくさんの貴重なお話 言葉 ありがとうございました。
    Twitterに挑戦して(笑)先生のお話を読み続けていきたいです。

    時節柄 どうぞご自愛くださいませ。
  • 14, 長野先生さん 2020.04.01 09:28
    skyさま

     おはようございます。
     どうもありがとうございます。編集担当の方が本当に頑張ってくださるので、私もやりがいがあります。今後共よろしくお願いいたします。
  • 15, 長野先生さん 2020.04.01 09:31
    のんびり姉妹の母さま

     おはようございます。
     ツイッターに関しては私もあまりよくわかっていないのですが、皆さまに励まされて前進していく感じです。こちらこそよろしくお願いいたします。
  • 16, 長野先生さん 2020.04.01 09:34
    前田さま

     おはようございます。
     ご縁のあった学校で頑張られれば、なるほど「ここが必然だったのだな」という灯りが必ず見えてきます。そうお伝えください。ウイルスに関しましては、正しく恐れ用心しながらもより明るく生活していくしかないですね。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 17, 長野先生さん 2020.04.01 09:40
    コメントをいただいたaさま

     こんにちは。
     息子さんの選択に任せていくのがいいと思いますよ。私は中学1年生のときに入りたい部活があったのですが、両親から勉強に関係ないのでだめだと言われました。いまでもあのとき好きなことをやりたかったと思い出すことがあります。
     それぞれの個性である形はそのままで面積は大きくしていくという意識が、世の中の多様性を守る意味でも大事ではないでしょうか。
  • 18, 長野先生さん 2020.04.01 09:44
    よしきさま

     こんにちは。
     長いあいだありがとうございました。私も非常に不思議な巡りあわせだったと感じています。ロック・バーなどもこの騒ぎでお客さんが減っているかもしれないですね。最近はのぞいていないのですが、どこかで応援に行こうと思っています。
  • 19, 長野先生さん 2020.04.01 09:48
    ろばろばさま

     こんにちは。
     「あなたの真実を生きることだけしか、あなたが生きた証にならない」というのは、確かにそうですね。自分でもそんなことを書いたかな? という気持ちですが、教えていただいてありがとうございます。
     電子書籍は初夏になりますでしょうか。よろしくお願いいたします。
  • 20, 長野先生さん 2020.04.01 09:52
    しましまさま

     こんにちは。 
     私は渋谷教室と新宿教室で中1のクラスを担当いたします。振替えなどでいらっしゃる機会がございましたら、どこかでお目にかかれると思います。すべてこれからですね。よろしくお願いいたします。
  • 21, 長野先生さん 2020.04.01 09:54
    ぴぃさま

     こんにちは。
     こちらこそありがとうございました。Twitterに関してはいろいろな方から、読んでみますというお言葉をいただきました。どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
  • 22, 栗ごはんさん 2020.04.01 11:01
    長野先生、長い間たくさんの記事をありがとうございました。
     今の言葉で言えば教育虐待を受けて育った私は、ずっと人間としての自分に自信を持てずにいました。しかし、長野先生のお言葉に力をいただいて、あるがままの子どもを愛することから始めてみようと頑張ってみました。そこから様々なことが好転していったような気がします。私も一隅を照らす仄かな光になれるよう、自分の美学に従って生きていきたいと思います。
     これからもお元気で、Twitterでの発信を楽しみにしています。
  • 23, Mさん 2020.04.01 11:02
    とうとうブログが終わりましたね。長い間お疲れさまでした。子供の受験、私自身のこと何度も助けられました。本当にありがとうございました。ブログを書くと言ってサボっては子供に示しがつかない!とおっしゃっていましたが、10年も続けるには並大抵ではなかったと思います。

    子供が休校中、過去の投稿を遡って楽しみました。
    この間、なかなか寝付けない夜があり、早く寝たいと焦った時、先生の「夜、寝なくても死ねばずっと眠れるから寝なくてもいい」という趣旨の言葉を思い出した途端、眠れました。
    明るくいくことの大切さを痛感しました。 
    いつかわかれば、電子書籍にリクエストしますね!
    これからはTwitterを楽しみにしています。
  • 24, 長野先生さん 2020.04.01 11:12
    栗ごはんさま

     こんにちは。
     ある意味、連鎖を断てていらっしゃるのは素晴らしい! 同じようにお子さんに圧力をかけてしまうケースがじつは多いのです。ありのままを拡大していく気持ちが大切だと思います。そのありのままのよさを冷静に温かく見抜くのが、親の務めなのではないかと。
  • 25, 長野先生さん 2020.04.01 11:15
    Mさま

     こんにちは。
     眠れないときは「眠らなくてもいい時間帯」なのだと思います。眠くなったらまた眠るということでいいかと。私は今日午前3時~5時半まで眠れなくて起きていました。そのままだとちょっと大変だったのですが、その後「眠ったほうがいい時間帯」が来て寝ていました。必要はいずれは満たされると安心なさってください。
  • 26, スマイリーさん 2020.04.01 11:40
    長野先生
    長い間ブログを楽しみに読ませていただきました。
    このブログが閉められると思うと寂しくてTwitterを始めましたが、使い方が分からずまだツイートもリツイートもできません。
    家族のLINEで助けを求めると、東京に住む次女が笑って「今度帰ったら教えてあげる」と言ってくれましたが、その後すぐ東京都に外出自粛要請が出されてしまいました。
    娘が関西に帰ってこられるのはいつになることやら?(笑)
    関西でもイベント自粛や図書館や公民館の使用制限もあり、家に居る時間が長くなりました。
    家の中での楽しみ方を見つけ、ボチボチやります。
    明るくいきましょう!
  • 27, 長野先生さん 2020.04.01 23:40
    スマイリーさま

     こんばんは。
     そうですね。明るくいこうという意志が何より救いになる世の中だと思います。明るくいきますよ。
  • 28, ピーターキャットさん 2020.04.02 09:25
    いつも本当に書きたいことと別のことを書いてしまっていた。それで先生は自分とは別の視点で返信してくださいました。
    ここの話すべてが「甘ったれるなよ、あとは自分で考えなさい」のメッセージなのではと。
    何度も読み返さないと受け止められず電子辞書だと読まないかもしれません。
    ボブディランの「dignity」みたいな威厳・尊厳そのもののブログでした。
    もしナットキングコールだったら「pritend」を聴きたい。
    悲しい時は幸せを装いなさいっていう曲です。
    ありがとうございました。
  • 29, 長野先生さん 2020.04.02 09:34
    ピーターキャットさま

     おはようございます。
     長いあいだありがとうございました。装っているうちに価値が生まれてきて、天性になってしまうことがありますね。それはそれで意味のあることなのでしょう。まあ、これからです。世の中が不安定なので、より強くそう考えはじめました。
  • 30, 廉さん 2020.05.04 16:09
    長野先生、お久しぶりです…と言いましてももう30年以上経っていますが…。慶應会で小6の時に大変お世話になりました。受験に追われる最中、先生の優しい言葉と授業に救われました。
    そして今この状況の中、ふと先生を思い出して検索してみましたらこちらに辿り着きました。お元気そうで良かったです。

    本を出されていた事すら知らずにいました。未就学の娘のために、購入させて頂きました。
  • 31, 長野先生さん 2020.05.06 02:08
    廉さま

     こんばんは。
     びっくりしました。30年も昔・・・いわゆるバブル期ということですね。わざわざ検索いただきまして、どうもありがとうございました。現在、Twitterに移行しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。思い出してくださったことに、心から感謝いたします。
  • 32, 長野先生さん 2020.06.16 15:12
    O・Hさま

     こんにちは。
     実名だったので、非公開にしておいたよ。
     ときどききみのことは思い出していたんだ。そうか、お医者さんになられたんだね。すごいなあ・・・高校受験直前に病院からいただいたきみの電話は、まだ鮮明に覚えているよ。
     私は現在、一講師に戻っていくつかの教室で教えている。きみが一時期通っていた新宿教室でも教えているよ。(https://twitter.com/shiawase_hinto)←基本的にはこちらに頻繁に顔を出しています。何かあったらご連絡ください。それではまた。
  • 33, O.Hさん 2020.06.17 23:58
    私も覚えています。あの時、何があっても絶対生きてみせるって高熱を出しながら誓った瞬間でした。
    ツイッターはやっていないので残念ですが、いつか時間があるときにひょっこり顔を見せに伺うかもしれません。
    このブログの文章に表れているように、想像力に富んだ豊かな人生を送れるよう、笑顔で一歩一歩バランスをとりながら綱を渡っていこうと思います。
  • 34, 長野先生さん 2020.06.18 23:17
    O・Hさま

     こんばんは。
     英語のN先生と火曜日にきみの話をしたんだ。きれいな先生な。わかるだろう?
     N先生もきみのことはとてもよく覚えていらっしゃった。そう言えば、綱渡りの話もしたな。おうちの方にもよろしくね。
     ちょうど今月、私の新しい本が出る。電子図書で「幸せに生きるヒント/ベスト・セレクション」というんだ。機会があったら見てみてくれよ。またどこかで会おう。
  • 35, O.Hさん 2020.06.18 23:51
    綺麗なN先生のことわたしも覚えています。あの頃はお世話になりましたとお伝えください。綱渡りはもちろん、光源の話、波動の話もすべて胸の中に大切にしまってあります。
    実は研修医になった昨年からもうステロイドを飲む必要はないよと主治医に言われました。完全寛解です。医者になろうと思った動機が医者になったら消え去っていくなんて、ご縁があった職業なんだなと思います。
    先生のような豊かな思考を持ち、心身ともに豊かな人間になり、コロナの影響を受けつつも前を向いて朗らかに医師人生を全うしていきたいと思います。
    ぜひ、本の感想をお伝えしに伺いますので、それまでくれぐれもご自愛ください。
  • 36, 長野先生さん 2020.06.19 01:52
    O・Hさま

     こんばんは。
     ともかくこうやって話せてよかったよ。ありがとう。またな。
  • 37, 長野先生さん 2020.10.17 09:28
    コメントをいただいた方

     こんにちは。
     現在はこちらをほとんど見ていなかったので、お返事が遅れました。コメントをありがとうございます。何か非常に美しい思い出になりそうですね。
     私はこの歳になっても「この心の動きをそのまま正直に発露していけば、若いころの恋に似てくるのかもしれない」と感じる瞬間があります。残念ながら(?)発展する機会は皆無ですが、それはそれでいい経験だと思っています。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年10月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ