2020.02.27 01:59

 とくに昔の卒業生から「教室長(会社員)をやめたら何をするのですか?」と質問される機会があります。何となく、私が2月で教室長をひくことに気づいてくださっていたりする。
 話してみると「忙しそうに見えたから」とおっしゃる。教室長のときはなかなか連休もとれず、忙しそうに見えた。授業だけではなく、面談だとか説明会だとかいろいろな仕事がありますからね。自習室が騒がしいときは、騒がないようにという手紙を書いて貼ったりしていました。
 
 騒がしさもそのときどきで種類が違います。問題が生じるたびにふさわしい手紙を書いて貼っておく。それでちゃんと伝わるところがここの生徒たちのすごいところで、騒ぐとやめさせるぞ的な殺伐としたセリフは一切使わずにすみました。
 一連の行動を見ていた彼らにしてみれば、そうしたことに使っていた時間を何を使うのか興味があるのでしょう。あるいは何もすることがなくて、耄碌(?)してしまうことを心配してくださっているのかもしれません。
 
 私はいわゆる「仕事」をしているときも仕事以外のことをしているときも、どちらも私として生きています。1日は同じ1日で、1時間も同じ1時間です。仕事をしなくても何かしら行為はしているわけで、そうした全行動に魂をこめるのが正しい生き方ではないかと考えています。
 わかりやすく書くと人生は「何をするか」以上に「どのようにするか」が大切だと思うのです。たとえば食べるとか飲むとか本を読むとかは自分にとっは必要で大切なことで、収入が発生する「仕事」でなくても全力でやるべきでしょう。
 
 スキのない生き方などと漠然と表現してしまうと息苦しくとらえられてしまいそうですが、すべての時間帯を充実させたいぐらいの意味ですね。
 趣味的に深めたいことがないこともないのですが、仮にそうではないことでも行為する限りはしっかりやるという覚悟を持つ。世の中いろいろ不透明なことも多く、それこそ何がどうなるかはもちろんわかりませんが、気づいたところからむだにしないという気持ちこそがどなたにとっても救いになるはずです。
 
 何をするのですか? 時空間を濃く生きますよ、ですね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 緑の光線さん 2020.02.27 02:15
    まるで井之頭五郎のようですね
  • 2, 長野先生さん 2020.02.27 09:52
    緑の光線さま

     こんにちは。
     あの人の行動があれだけ高い評価が下されるのは、たとえ行きあたりばったりの外食であっても徹底的にこだわりぬきたいという気持ちが人間の底流にあるからなのだと思います。全力を尽くしているスポーツ選手などに対する憧憬と同じ要素があるのでしょう。
  • 3, 変わった男さん 2020.03.04 22:26
    長野先生

     こんばんは。

      春自往來人送迎
      愛憎何事惜陰晴
      落花雨是催花雨
      一様檐聲前後情

        変わった男
  • 4, 長野先生さん 2020.03.05 08:52
    変わった男さま

     こんにちは。
     またこっちに来るとき教えてくれよ。池袋で飲もうぜ。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ