2020.02.24 08:24

 いよいよ今週でブログはおしまいの予定です。3月中はまだ身分的(?)には社員という形ですので、気が向いたときに何度か更新する機会があるかもしれません。教室に来る日は授業日のみに限られてきますので、何かございましたら渋谷教室にお電話をいただけたらと思います。私が来る日や時間帯は決まっていて、お知らせすることが可能です。もっとも受験の発表日には終日待機しているつもりです。
 2月29日の午後、新教室の川越教室でお話させていただく予定になっています。先日、その下見に行ってきました。
 
 自宅からだとけっこう時間がかかりました。池袋経由でうかがったのですが、1時間半ぐらいかかった。バス→JR→私鉄電車です。東武線というのはふだんあまり使用しないので、とても新鮮な感じがしました。快速というのですか、はやい電車に乗ると池袋の次が成増だったりしてびっくりしました。あいだに10ぐらい駅があるはずですが、すべて停車しない。
 遠い昔中板橋や大山などいくつか下りた記憶がありますが、すべてもう前世紀のことです。
 
 川越教室は思っていたより大きかった。非常に明るく清潔な空間である印象を受けましたが、こういうのはやはり働く方たちの配慮が大きいですね。とくに明るさというのは大切な要素で、現場で働く人間がどんよりした雰囲気で仕事をしていると何もかもそういう色を帯びてしまうので、明るく明るくということは心がけなければいけないと思っています。
 教室内もそういうところがあり、先生が極端に暗かったりすると(ということも珍しいでしょうが)生徒たちも元気が出ません。適度な明るさは必要だと思います。
 
 川越の商店街を少しぶらぶらしました。風呂桶店があり、片手で使える木の桶にかなりの値段がつけられていました。手作りのものとなると、もともとそれぐらいの価値があるものなのでしょう。ほかにもいろいろ珍しいものがありほしかったのですが、思いつきで妙なものを買って帰ると家族にあきれられるような気もしたので断念しました。
 長い商店街にはけっこう大手のチェーン店が多く、個人営業のお店は少なかったように感じました。だんだんそうなってしまったのかもしれません。
 
 自分もお世話になってきた塾がこうした時代もどんどん発展していく姿はやはり誇らしく感じます。今回も教室長や教務の方が突然下見に来ただけの私に対して、非常に親切に対応してくださった。こちらはお仕事の邪魔をしてしまって申し訳ないぐらいに思っているのに、本当にフレンドリーに接してくださったことを感謝しています。ただ「私に」だけではなく、皆さんにそうなのでしょう。
 そのあたり成功の秘訣ですね。人間が教室という「場」を作るわけですから。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, ぴぃさん 2020.02.24 15:04
    いつも拝見しております。
    日々楽しみにしていたブログがなくなってしまうのが残念です。
    極端な考えが広まっていきそうな世の中で 先生の落ち着いたブログを拝見すると ほっと安心にも似た感覚を覚えておりました。

    もう成人してしまった息子達にも 伝えたいな、と思うような事もたくさんありました。
    どうぞ、お元気で、又発信してくだされば嬉しいです。
  • 2, 長野先生さん 2020.02.24 23:21
    ぴぃさま

     こんばんは。
     極端な考えというのは確かにありますね。本当は自信がない。ただ支持されるので、より極端なことを表明するようになる。そういったゲームまがいのことが、一部では確かに流行しているように感じます。自分自身はどうあるかということですね。それはまた自由意志だという気がします。
  • 3, 中3保護者さん 2020.02.24 23:29
    久しぶりに長野先生のページを拝見したらご退職とのこと、驚きと共にたくさんのお礼の返信に長野先生のお人柄が窺われます。
    私は浪人生と中3生の保護者です。上の子が中学受験に失敗しz会の説明会で先生に話を伺ってからファンになりました。塾の先生と言うより人生の先生と言う感じです。今回、下の中3生の受験に失敗し長野先生の言葉が再度お聞きしたくブログにお邪魔しました。長い人生、受験に失敗したってどうということはなう、与えられた選択肢の中で頑張ったらいいとはわかっていても、我が子にはそのような気持ちになれない自分がいます。頭じゃわかっているのですが、、、、
  • 4, 長野先生さん 2020.02.25 01:25
    中3保護者さま

     こんばんは。
     厳密な意味で人生に失敗という概念はないと思っています。私は中学受験も大学受験も「失敗」したがゆえに、ある意味で大成功を実感することができました。人生得るものはつねに失うものより大きいというのが法則です。お子さんには「ここからの輝きだけを楽しみにしているよ」とおっしゃってください。
     明るさは恒星の義務でしょう。親は原理的にお子さんの恒星であるべきだと思います。
  • 5, 鈴木さん 2020.02.25 09:34
    以前仙台にご講演においでになった時に、お目にかかった鈴木です。
    先生には多くの事を教えていただきました。また、先生の文章を何度も深く、かつゆっくり頷きながら読みました。同業者ゆえに共感・納得する部分が多く、仕事をするうえで道標となっていただきましたことに感謝申し上げます。
    ありがとうございました。
  • 6, 長野先生さん 2020.02.25 10:38
    鈴木先生

     こんにちは。
     ご丁寧にありがとうございます。これからも講師は続けさせていただけるようですので、しっかりやりたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 7, かめのこさん 2020.02.25 14:13
    小学生と中学生の子を持つ母です。
    ここに来て、何度も励まされました。
    ブログがなくなってしまうのは、さみしいです。でも、何事も永遠に続けることはできませんし、タイミングだったのだと思っています。
    勇気を出した初めての書き込みが、お別れの挨拶になってしまいましたが、ひっそりと感謝している人間がいることを、どうしてもお伝えしたいと思いました。
    ありがとうございました。
  • 8, 中3保護者さん 2020.02.25 18:09
    深夜にもかかわらず、こころ温まるコメントをいただき恐縮至極です。ご退職まぎわにコメントをいただけたこと、大切に胸に刻もうと思います。人生失うものより得るものの方が大きい、親は恒星たれ、胸にきざみます。
    先生もお身体を大切に、ご自愛ください。
  • 9, 長野先生さん 2020.02.25 20:02
    かめのこさま

     こんばんは。
     私は亀が好きで、人生で2回飼ったことがありました。重そうな甲羅を乗っけていて、何となく気の毒みたいなルックスが好きなのです。
     コメントをありがとうございました。
  • 10, 長野先生さん 2020.02.25 20:07
    中3保護者さま

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。人間は与えられた光より、少しだけ強く輝こうとする傾向があるように思います。彼らが世の光となれるよう、どうか温かくお見守りください。
  • 11, タンポポとスミレさん 2020.03.02 23:37
    先日の川越教室での講演会で受付をしていた大学生です。
    小学6年生の時に池袋教室で長野先生の国語の授業を受けていました。そして、Z会には大学受験までお世話になりました。現在はZ会に恩返しをしたいなと思い、サポート社員をさせていただいています。
    当時、私は先生が漢字テストに書いてくださるコメントが楽しみでした。穏やかに丁寧に授業を受けている姿が素敵だと書いてくださった時のもの今も手元に大切にとってあるくらいです。次の年から長野は移動されてしまったので先生の授業を受けたのは1年弱ですが、今でも鮮明に覚えています。お話は出来ませんでしたが、お会いできてとても嬉しかったです。
    とても小さなことですがどうしても伝えたかったのでコメントさせていただきました。

    また、いただいたお菓子、とっても美味しかったです。ありがとうございました。
  • 12, 長野先生さん 2020.03.03 22:43
    タンポポとスミレさま

     こんばんは。
     それは気づかなかった! 会えてよかったよ。私はけっこう真剣に君たちのことを見ていたと思う。漢字テストのコメントもいい加減に「すごい」などとは書かなかったつもりだ。「穏やかに丁寧に」というのはその時点で事実だと思う。話したかったな。でもまあ人生は、そういう気持ちが残るからこそ価値があるんだよな。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ