2020.01.20 09:13

 公立中学では比較的わかりやすいドリル以外に国語の課題はあまりないようですが、私立中学では教科書以外に相当難しい読解の問題集を課している学校がたくさんあります。たとえば私が知っているある私立中学では、問題集をノートに解いてまるやばつをつけ(自己採点)間違えたところは訂正させたうえで提出を義務づけています。その際、語句の意味調べなども必ず書いておかなければならないことになっています。
 ノート提出は通知表の評価に直結するので、サボることはできません。
 
 先生は丁寧に見てくださいます。さすがに人数が多いので添削まではしてくださらないものの、ただ判を押すだけという感じではありません。
 すごいのはここからです。定期テストにもその問題集から出題されるのですが、問いの形がすべて変わっている! 問題集と同じであれば極端な話、アとかウとか解答を丸暗記するだけで何とかなるかもしれません。それだって相当大変ではあるのですが、定期テストに出る範囲は毎回10題ぐらいですからヤマをかければ何とかなる。
 
 ところが問いの形式がぜんぶ違ってくるとなると・・・これはもう本当に深い読解が必要になってきますね。文章が完全に理解できていなければ得点になりません。教科書以外にそこまで勉強しておきなさいということです。
 さらに課題図書の内容を定期テストに出す私立校もあります。課題図書というのはだいたい文庫本か新書ですから、問いはどこにもついていません。その内容を訊かれるということは1冊まるまる完全に理解していなければならないということで、そうやって鍛えられていくわけです。
 
 もちろん中には課題図書をしっかり読んでいなかったり、問題集の解答を写してしまったりという生徒も出てくるでしょう。すると定期テストで点数がとれないことになり、結局成績を回復するために「しっかり読む」しかないというところに戻ってしまいます。
 国語力が大きく低下しているという新聞特集の最後の最後に「読むしかない」というあたりまえの結論が出ていましたが、私立中学高校はそうやって「読むしかない」とご自身が考えられるように具体的に対策をたてています。
 
 公立校でも活字を読む奨励はなされていますが、読むしかないというぎりぎりまで生徒を追いつめることはまずありません。すると同じ13歳14歳15歳でも読解力がじりじり開いていく。さらに先日も発表されていたように紙の本を読むと読解力だけではなく、集中力や思考力も高まっていくそうですから、そうした力まで開いていく。
 何度も書いてきたように意識的に読む生活を心がけること、そこがスタート地点になると思いますよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ