2019.12.06 08:26

 昔、アメリカのテレビドラマに「奥さまは魔女」というのがありました。はじめて見たのは自分が高校生のときだったと思います。それから何度も何度も再放送があり、このブログにも朝のテレビで偶然見かけたという記事を書いた記憶があります。
 出演していた俳優さんも赤ちゃん役の方以外は、皆さん亡くなってしまったみたいですね。それだけ月日がたった。こんなことを書いている私自身が、いつどうなるかわからない。いとこは私より若く亡くなっています。
 
 私がこの番組を見ていた1970年代の前半は、まだ日本人がそうは海外旅行に行っていない時代でした。アメリカに観光に行ったことがあるという仲間はそのまま「すごいやつ」というイメージがありました。すごいやつというのは、お金持ちという意味もありましたし、人一倍度胸や行動力があるという意味もありました。
 私なんかこの歳になって、海外はおろか飛行機に乗ったことさえありません。逆の意味で「すごいやつ」になってしまいましたよ。
 
 1960年代後半、ボイス&ハートというポップグループが存在しました。男性2人のコーラスグループで、日本では「風に口づけ」という曲がヒットしていました。中学生のときにラジオで聴いて、あまりにもポップなので深くは感動しないものの、それなりにいい曲だと思いました。モンキーズの親戚筋(?)みたいなグループで、モンキーズ解散後は、彼らの一部と合体していたことがあったようです。
 
 そのボイス&ハートが「奥さまは魔女」に出て歌っていたシーンを最近になって突然思い出しました。どうしてそんなことばかり突然思い出すのか不思議と言えば不思議ですが、とにかくそういうシーンがあった。
 そもそもボイス&ハート自体、無名と言えば無名ですからね。これはどうにもならないだろうと思いながらあれこれ検索していると何と! ドラマ内の歌のシーンがそのまま出てきましたよ。
 
 前後関係はまったく不明ですが、彼らがその曲を歌うのを主人公のサマンサが踊りながら見物している。
 私のような地味な(?)子どもも、当時はアメリカに憧れたものです。「奥さまは魔女」で描かれているような世界には、何かとてつもない夢や詩があるような気がしました。こういう生活こそ理想だと勘違いした。当時、そういう若者は多かったと思いますよ。
 アメリカも楽ではないなということは、大人になっていく過程でじわじわとわかってきました。
 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ