2019.11.30 09:10

 どちらがよくてどちらが悪いということはまったくないのですが、世の中に粋だとか野暮だとかという価値観がありますね。どちらも極端になるといろいろ問題が生じてくるように思います。どちらをどの程度好むかはそれぞれの気質にもよるのでしょう。
 若いころの私は、野暮ったい空気が非常に苦手でした。世間一般では野暮とは言えないようなことでも野暮ったく感じる傾向がありました。
 
 野暮を辞書でひくといろいろ面白いことが書かれています。簡単に言えば「洗練されていない」という意味になりますか。あまりオシャレではないということです。
 若いときの自分のように極端になってくると、仲間うちで同じ話題でいつまでも盛り上がっているなどというのも耐え難く野暮ったく感じられました。いつまで同じ話をしているんだよという感じで、周囲が話を繰り返すと群れから離れることが多かった。
 
 仲間にしてみると「変なやつだな」というところがあったと思います。中学高校時代、私は同級生から「無視するなよ」という意味の抗議を何回か受けたことがあるのですが、同じ仲間と同じ話をいつまでもしている状況が許せない心理がありました。
 会話にしてもべたな会話は恥ずかしい。詩的で暗示に富んだ会話がいいのであって、いつどこでだれが何をした・・・みたいな話は途中で真面目に聞く気をなくしました。ふんふんうなずいていただけです。
 
 友だちができないのが当然であって、むしろ友だちなんか少ないほうが粋みたいな勘違いまであった。仲間がたくさんというのは、野暮ったくて見ていられないという気持ちでした。
 その後多少は常識みたいなものも身についてきて、とりあえずまともな生活も可能になったのですが、野暮ったさへの恐れはつねにどこかに隠れていて、たとえば集団で飲んでいても私はふと1人で帰ってしまったりします。
 
 どなたにも挨拶せずさっと帰ってしまう。酔っぱらっているので大胆になっている面もあるのですが、ふと消えるのが粋である気がするのです。
 家族には自分が不意に死んだときは一切どこにも連絡せず、最短である業者さん(チラシを見つけてとってあります)に連絡して、またたく間に散骨してもらってくれと話してあります。野暮ったく集まられたりするのは耐え難い。長野? そんな人いたっけ?  というのが究極の粋という気持ちがあるのです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 長野先生さん 2019.12.01 01:10
    コメントをいただいた方

     こんばんは。
     人間関係には卒業のようなものがあるように感じます。しかもお互いの合意ではなく、それぞれの卒業ですね。どういう形であれ、感謝の念と送り出す気持ちは大切なのではないか。そこにまたかけがえのない詩が生まれたりもする。まあ・・・そういうことですね。
  • 2, ピーターキャットさん 2019.12.06 10:32
    先生、おはようございます。
    ふっといなくなる人ってその時は何とも思わないけど少し時間が経つとその人の存在感を強く感じたりします。
  • 3, 長野先生さん 2019.12.07 01:11
    ピーターキャットさま

     こんばんは。
     そうですね。ふっといなくなられたほうだけでなく、ふっといなくなったほうも何かしら考えている気はしますね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年01月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ