2019.11.23 08:15

 毎年、正月に「正月特訓」という講座を設置しています。年度によって日数が違うのですが、来年は1月2日の1日だけです。中1中2の皆さんはまだゆっくりされていてもよいのではないかということで、対象は受験生のみです。
 お正月は独特ののんびりした波動が充満していますからね。なるべくなら緊張感を保ったままでいてもらいたい。で、朝から午後の6時ぐらいまで勉強です。気の毒みたいにも見えますが、来てくださっている全員がやっていることなので、まったく悲壮感は漂いません。
 
 次年度ちょっと問題があり、正月期間ここ渋谷教室が停電で使えないのです。全館停電だそうで、これはもう私たちの力ではどうしようもない。もっとも渋谷教室にはたくさんの受験生が通ってきてくださいますから、正月特訓はやりませんというわけにもいきません。
 そこで新宿教室のビルの8階を使わせていただくことになりました。もちろんふだんもZ会が使っている教室ですが、大学受験部が使用しています。そちらがお休みなので、私たちが使用させていただけることになりました。
 
 新宿までは渋谷から山手線ならたった3駅で7分です。いちばん近い改札口(南口の甲州街道改札)からは教室まで5分ぐらいでしょうか。遠くはありませんし表通りで、物騒なところはまったく通りません。ましてお正月ですからね。渋谷教室にいらっしゃるのと印象は変わらないと思います。
 特訓授業のみ、お弁当が出るのですよ。とくに出さなくても大丈夫なような気もするのですが、伝統的にそうなっている。
 
 これが妙に楽しかったりするのも事実です。そんなに御馳走が出るわけでもない。大人の方の趣味の会などとは違って、あくまでも勉強の集まりですからね。勉強と勉強のあいだに食事が用意されているに過ぎない。それでも皆さん妙に喜んでくださるのが面白いと言えば面白い。
 うまかったとかまずかったとか量が少ないとか多すぎるとかおかずをもらったとか交換したとか、「同じものを食べる」ことの連帯意識はたいしたものだと思います。
 
 私も毎年授業を担当しています。かれこれ20年以上そんなことをしてお正月を過ごしてきました。お弁当は私たち先生にも出るのですが、こんなことを書いておきながら私もけっこう楽しみだったりします。外に出てもっとおいしいものを食べることだってできるのに、教室で皆さんと同じものを食べるのが楽しいのです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, RB26DETTさん 2019.11.28 22:57
    こんばんは。ご無沙汰しております。すごく懐かしい気分です。ちょうど今年の1月2日あたりにも、正月特訓についての記事を読ませていただいた覚えがあります。今年は二日間あり、確か二日目のお弁当は弁当のパックの区切りが小さく、小部屋がたくさんあるような感じだった気がします。二日目が特に美味しかったです。もちろん正月特訓は非常に楽しかったです。僕自身、受験の面、つまり勉強面ではそれほど成績が高いといったわけではなかったと思いますが大した不安はありませんでした。特にこの二日間前後はそれ以外の面でなんだかドキドキ緊張していました。教室の送風口が近くにあったのか、弁当は震えながら食べた気がします。冬が一番好きなくせに寒がりなもんで、ダウンコートを羽織って食べました。次年度は1日だけですと短いですね。僕も学校生活も楽しめるようになんとかうまく生きていきたいです。研鑽を積んでいきたいです。
  • 2, 長野先生さん 2019.11.28 23:52
    RB26DETTさま

     こんばんは。
     おお、元気かね?
     学校大変だろうな。まあ、いいところに入ったよ。ずーっと大変は大変だろうが、実力はつくだろうから。
     また適当に自習室に来なよ。いつでも歓迎するから。おうちの人にもよろしくな。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年08月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新着記事

月別アーカイブ