2019.10.21 00:36

183fc8a0ee4cd77318b154a0dbe138128475f3fb.JPG あ、死んでしまったわけではないですよ。
 最近、犬はこういう格好で寝ていることがよくあります。究極の油断というか何というか・・・昼でも夜でもしばしば目撃するときがある。見られていることに気がつくとさすがに気まずそうに元の形態(?)に戻りますが、もうすっかり慣れたということなのでしょう。
 体重は10キロちょっとです。200グラムぐらいオーバーしている。最近は何度計測しても同じなので、成長は止まったみたいですね。
 
 おかげさまで健康を回復した家内が、基本的に散歩には連れていきます。小さな犬には相変わらず飛びかかろうとするらしい。まあ、温厚な家族(うちのことです)が厳しく叱ったりせず穏やかに育てたつもりなのですが、そのあたりはもともとの気質みたいなものもあるのでしょう。
 幼犬のときより少しだけ大人しくなったとも思います。私と一緒のときは「あきらめなさい」と言うと、むりに他の犬に寄っていこうとはしなくなりました。
 
 犬が正面から歩いてくると、どういうつもりか「伏せ」の態勢をとることがあります。臨戦態勢の気持ちなのか、低く低く構える。ところが、そのまま相手が無視してすたすた行ってしまうことがある。すると拍子抜けしたように起き上がって歩き出す。
 逆に相手がこちらを意識しはじめると、それはそれでまた大変で近距離まできて突然飛びかかろうとする。狩りか何かのつもりなのでしょう。誰に教えられたわけでもないのに、不思議な行動です。
 
 夜は家内の蒲団で寝ようとします。すぐ脇に自分用の蒲団(この写真のものです)があるのに、わざわざ人間の寝床に行く。おまけに枕に頭を乗せたりしています。真似しているのかもしれませんが犬ですからさすがに枕はきついらしくすぐに頭をおろす。すぐおろすぐらいならはじめから枕なんかするなよと思うのですが、そこはどうしても真似してみたいようですね。明るく育てていますよ。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, まゆさん 2019.10.21 07:00
    うちも小型犬を飼っていますが柴犬の子と会うと、遠くからでも伏せをし出すのでかわいいなあと思って通り過ぎます。
    他の犬種の子はそういうことがないので、不思議です。
    犬は手がかかり大変ですが、可愛いです。
    粗相やイタズラが多く困ってましたが、明るく育てていこうと思いました。ありがとうございます。
  • 2, 長野先生さん 2019.10.21 09:11
    まゆさま

     こんにちは。
     そうですか。柴犬はもともと狼に近い犬種だそうなので、何か本能的なものがあるのでしょうか。不思議ですね。
     まあ、明るく育てるというのは大切ですね。いまも家内が散歩に連れ出しています。帰ってきたら私が足を拭いてやることになっています。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ