2019.07.13 02:18

 20代のとき、こういうことがありました。大学生だった私は、中学時代からの友人たちと飲んでいた。有楽町のほうではなかったか。汚い話ですが、当時は飲みすぎてしばしば吐きました。友人にもそういう人間がいましたが、とくに私はひどかった。暴れたりはしませんが、めちゃくちゃになるまで飲んでやるという気持ちが非常に強かった。
 友人に「どうして破滅的に飲むのか?」と訊かれたことがあります。よくわからない。自身に対する漠然とした処罰感情があったようにも感じます。
 
 その日も途中で具合が悪くなりました。何度か電車を下りて吐いた。みんなそれぞれ帰っていったのですが、1人だけ最後まで介抱してくれる男がいました。終電近く、田町駅かどこかのベンチに寝転がっている私のすぐ横に静かに座っている。私は彼に「すまないな・・・」と言いました。それぐらいの理性は働いた。
 すると彼は「いいんだよ、おれたち昔からの親友じゃないか」と答えました。親友? 私は目をつぶりながら「残念ながらおれは親友だとは思っていない」と考えた。
 
 あのときの冷たい感情は妙に心に残っています。と同時に、自分はいつもこういう人間だったし、これからもこういう人間でありたいとも思いました。安易に親友を持たない人間。底の底の部分に冷たい感情を持っている人間。
 実際、彼とのつきあいは長かった。彼は非常に複雑な悩みを抱えていて、私はその秘密をすべて聞いていました。どうしたらいいということを簡単に言えるような内容ではなかったので、ただ聞いていただけです。
 
 少年期、親友という概念は自分に重くのしかかってきました。私には「いつも一緒にいる友人」というのがなかなかできなかった。また矛盾する感情ではあるのですが、いつも誰かと一緒にいたがる自分を嘲笑する気持ちも強くありました。
 親友候補みたいな人間があらわれることがまったくないわけではない。しばらくはいいのです。しばらくは一緒にいる。ところが少したつと、いつも相手といなければ落ち着かない自分をみっともないと思う。そこで突然、冷たくなる。相手に冷たくというより、自分の生活を反省する過程で、相手と距離をとる。
 
 ひょっとすると私だけではないのかもしれませんね。人間は強く憧れるものに対して同時に嫌悪感を抱くことがあるような気がします。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 棒人間さん 2019.07.13 14:55
     「同時に憧れと嫌悪感」…そのような部分も含めて認めてくれているので、そのご友人は長野先生を「親友」とおっしゃったのでしょうか。一方、長野先生は「親友」をもっと重く、憧れつつも理想的ではない関係と捉えていらっしゃり「ちがう」とおっしゃったと読めました。

     極めて自己中心的な定義ですが、私は自然体でも関係が長続きする人のことを親友としています(とはいえ、引かれてしまうので「きみは親友だ」なんて面と向かっては言えません。)。個人主義の私が人間関係に憧れ、努力が空回りして痛い思いをした末に出した結論です。

     嫌悪と憧れの同居とは、本当は好きでないこと(自然とは考えたりできたりしないこと)を羨ましく感じたときに生じるのかなあと思いました。自分の好きなことと憧れが共存できるよう、言葉の定義を自分の身の丈に合うように変えてしまうことを試みていますが、まだそこまで達観できていないというのが本音です。

  • 2, 長野先生さん 2019.07.14 09:45
    棒人間さま
     
     こんにちは。
     私はあなたがあえてご自身につけられた「棒人間」というネーミングに深い含羞みたいなものを感じます。日常的にあなたのそうしたところが理解できる方が、あなたの親友になってくるのでしょうね。
  • 3, 棒人間さん 2019.07.14 11:38
    長野先生

     ブログ本文とコメントをなんども読み返し、先日の私のコメントは長野先生のおっしゃることと主旨が違うことに気づきました。申し訳ありません。
     教養がないのでうまく言葉にできないのですが、私のはなんだか俗っぽく短絡的な考えに基づいていて、長野先生のおっしゃることはより明確な意図に基づいたことのような気がしました。
     お返事ありがとうございました。気楽に友達つくります。また、もっと小説を読もうと思います。
  • 4, 長野先生さん 2019.07.14 15:44
    棒人間さま

     こんにちは。
     小説という媒体は非常に不思議だなと思うときがあります。簡単に言えば、ウソであっても本当のこと以上に真実や本質が伝わったりしますからね。こちらこそありがとうございました。

  • 5, 緑の光線さん 2019.07.26 19:22
    > あのときの冷たい感情は妙に心に残っています。と同時に、自分はいつもこういう人間だったし、これからもこういう人間でありたいとも思いました。安易に親友を持たない人間。底の底の部分に冷たい感情を持っている人間。

    ここの部分を言語化できる人は先生しかいない。
    これからもこういう人間でありたいとは?
    もっと聞きたい。何か人間の真実が隠されている気がする。
  • 6, 長野先生さん 2019.07.26 23:22
    緑の光線さま

     こんばんは。
     私は「つねに」誰ともうまくいかないが、どなたに対しても相手の幸福は祈るわけだよ。いつか見た青い空、だな。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ