2019.06.11 10:31

 連日、雨模様ですね。昨日は家内が具合が悪かったので、朝の犬の散歩には私が行きました。ちょっとだけ教室にも来ましたが、本来はお休みでした。ときどきそういうことがあります。私自身はお休みのときに教室に来て何かをすることはまったく苦痛ではありません。
 雨の中を犬と歩く。私は傘をさしていますが、犬は当然濡れます。けっこう降っていたのでだんだんびしょ濡れになってくる。
 
 ときどきぶるぶるぶるっと犬がよくやるやり方で身体を振って水滴を飛ばしていました。ああいうのは人間には無理ですね。本能的な何かだと思います。気の毒なのでトイレをすませたところでさっさと帰ろうとした。
 ところが犬は帰りたがらないのです。帰りたがらないだけではなく、面白い行動に出ましたよ。芝生の上に座ろうとする。座ったきり遠くをながめてじっとしていようとする。
 
 私は当然引っぱるわけです。「さあ、行くぞ」とか「そんなところにずっと座っているとどんどん濡れてしまうよ」とか声をかけて促すのですが、頑として動かない。大きな公園ですが、昨日の朝は犬の散歩をしている方はほとんどいなかった。人通りもない。風も強かったからでしょう。
 しーんとした公園でひたすら座っている。幼児を抱いたお父さんが歩いてこられた。お子さんをどこかに預けてから出社されるのでしょう。
 
 利発そうな小さいお子さんが腕を伸ばして「ワンワン! ワンワン!」と繰り返す。その様子を犬もまたじーっと見ている。私は散歩中、いつも犬に話しかけているので「子どももいなくなったし、もういいだろう?」と言う。それでも動きません。遠くをながめている(ように思える)。
 いい加減面倒臭くなったので「お前は忠犬ハチ公か!」と強くリードを引っぱったら、しぶしぶ腰を上げました。
 
 自宅に帰って訊いてみると、家内は「雨の日はいつもそうだ」と言っていました。芝生に腹ばいになったりもするそうでーー気持ちがいいのですかねーーいつもより長いこと外にいたがります。きのうは近所のペットショップで月1回の恒例のシャンプーをしてきました。雨が降っているのでお店の方が車で送ってきてくださった。人間はそうやってなるべく「濡らさないように」と考えるわけですが、犬自身は違うのでしょうね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, ピーターキャットさん 2019.06.11 11:48
    先生、こんにちは。
    カウシルズの「雨に消えた初恋」の中に出てくる雨粒に打たれても
    気にしていない公園に佇む女の子のようですね。
    楽しい曲なので昨日みたいに大雨でもそんな情景を思い浮かべます。
  • 2, 長野先生さん 2019.06.12 00:47
    ピーターキャットさま

     こんばんは。
     カウシルズの「雨に消えた初恋」は名曲ですね。この曲とウォーカー・ブラザースの「ウォーキング・イン・ザ・レイン」、ラブ・アンリミテッドの「恋の雨音」は三大雨名曲だと思います。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年07月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着記事

月別アーカイブ