2019.06.15 00:18

 勉強がきらいだからやる気がないとは限りません。ここはとても繊細なところですが、勉強を最上位に置きたがる価値観への反発から勉強をやらなくなるケースだってあるのです。
 私自身がそうだったのでよくわかります。大人たちがいわゆる優等生ばかりを称賛することにうんざりした。中学生のころ、両親に級友のことをすごいやつがいると自慢(?)したところ「落ちこぼれを評価したがるのはお前自身も堕落しているからだ」と言われて、ショックを受けたことがあります。
 
 級友は確かに優等生ではありませんでした。成績は後ろから数えたほうが早かった。ただ非常に尊敬できる特質を持っていて、私はそのことをすごいすごいと興奮して話していたのです。ところが成績を確認した途端に、会ったこともない人間を「なんだ、落ちこぼれか」ですよ。
 尊敬する級友(自分が文章による創作活動をはじめるきっかけは彼でした)を非難されて、私は内心で(何様なんだ?)と思いました。こんな価値観に毒されてたまるかとも考えた。これ以外にも、そうした事件があまりに頻繁に起きすぎました。
 
 成績がいい者だけが絶対善だという価値観に腹がたって、勉強そのもののやる気をなくした。そもそも行きたい大学もやりたい勉強もなかったので、あとは適当に恥ずかしくない程度に・・・ぐらいですよ。
 先生によっては「やればできるのだから」とおっしゃってくださったりもするのですが、もはや深いところまでは届かない。表面上穏やかさを装っていましたが、内心「やらないと決意した人間につまらないことを言うもんだなあ」です。
 
 一般的にやる気をなくすような数々の出来事が長年累積してきているのだとしたら、もはや「やる気スイッチ」も何もないですよ。私なんかスイッチそのものがこわれていた。やらないこと自体が自己の証明になっていたからです。両親から「厳しいことを言うのはお前のためだ」などと言われるたびに、私は本当に自分のためを思うのだったらもう一切放っておいてくれと考えました。どんな善意のアドヴァイスであっても、迷惑なだけでした。ぜんぶ逆をいってやるという意地だけで生活していた。
 
 万が一、過干渉で極端にやる気をそいでしまったのであれば、とりあえずは自己責任という形で「任せたよ」と改めて見守ってやれる度量の大きさを見せる以外にないと思います。いまのまま何かしらあなたの理想の形を見つけてくれてもいいし、あなたの中にある種の「気づき」が出てきたらがらりと変わってもいい。どちらでもいい。
 あなたの幸せは、あなた自身の自主性に任せたよというメッセージです。いちばんまずいのは、過干渉によるつまずきをさらに干渉することで何とかしようと焦ることだと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 前田さん 2019.06.15 16:23
    いま中3になる息子がいます。干渉しすぎるので気をつけたいと思います。先生中学の時にお友達のこと
    自慢したかったのに
    悲しかったですね。
    先生のブログを
    読むと改めて考えないといけない事が多いです。
  • 2, バナナさん 2019.06.15 22:19
    こんにちは。
    私は逆に,「勉強が好きだからやる気があるとは限らない」,つまりは「勉強が好きだけれどやる気がない」はよくわかります。
    指導する側として,大切なのは想像力ですね。
  • 3, 長野先生さん 2019.06.15 23:58
    前田さま

     こんばんは。
     ありがとうございます。私は彼の「詩」に感銘を受けて、両親にクラスに天才がいるんだと話していました。そんなことより成績はどれぐらいの生徒なのだと問われ正直に答えたところ、あとは話が続かなくなりました。
     一面的な解釈はサイアクだと思います。会話自体永遠に成立しなくなりますからね。
  • 4, 長野先生さん 2019.06.16 00:07
    バナナさま

     こんばんは。
     勉強が好きだけれどもやる気がないという状況は確かにわかるような気がします。本当は仕事ができるのに、わざといい加減にやっている大人というのもいます(知人にいる)。私は彼にどうして才能があるのに全力を尽くさないのかと訊いてみたことがあります。「全力は恥ずかしい」というのが答でした。それはそれでいいと思います。
  • 5, トミさん 2019.06.16 08:26
    我が家の中2の息子のやる気がない原因を推測してみると、「理想が高く、自己肯定感が低い」に行き着きました。少し得点が上がっても理想像からはかけ離れているため喜びとならず、逆に理想像との格差に落ち込む→どうせ…というやる気のなさに行き着く、です。本人、そもそもやらなければならないと重々承知しているため、大変苦しんでいるように見受けられます。母親の私には何ができますでしょうか。
  • 6, 長野先生さん 2019.06.17 00:21
    トミさま

     こんばんは。
     あなたが登った場所がベストであり、そこからどうするかはすべてご本人の自由であるということだけお伝えくだされば十分ではないかと思います。親としては、どの位置においても大切に考えているよということですね。
  • 7, 林檎紅茶さん 2019.06.17 13:21
    先ほどのコメント、「自主自律」のほうが文意に即しておりますよね。語彙不足で失礼いたしました。
  • 8, 長野先生さん 2019.06.17 19:11
    林檎紅茶さま

     こんばんは。
     先ほどのコメントというのが見あたらないのですが、いずれにせよ、いらしてくださってどうもありがとうございます。
  • 9, 林檎紅茶さん 2019.06.18 09:06
    長野先生 おはようございます。
    はじめのコメントが上手く送信出来ていなかったようです。
    親側の都合だけで息子に声かけをしてきて励ましの言葉はかけていなかった事、そうした声かけを私自身がされると嫌な思いをする事、対大人として接してこなかった事への「気づき」を書かせていただきました。
    自主自律しようとする息子(当初は「自立」と記載)に対し、子ども扱いする自分の姿を俯瞰してみると歪であることに気づかせていただきました。少しずつ意識して私のほうから変わってみますね。
    今回は特に心に響く内容でした。ありがとうございます。
  • 10, 長野先生さん 2019.06.18 10:31
    林檎紅茶さま  

     こんにちは。  
     大人として接することはとても大切です。これは間違いない。ただ多くの大人が「あなたはもう大人なんだからそれぐらいできなくてどうするの!」的なアプローチをしてしまう。これは大人が大人に告げる会話ではありません。そうした口調や相手に生じてくるであろう人間的含羞や「てらい」にまで配慮してこそ真の大人の会話となり、大人として扱う第一歩になると思います。  
     ご丁寧に再送いただき、ありがとうございました。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年09月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

新着記事

月別アーカイブ