2019.05.21 07:52

 ブログを読んでくださっている方からときどき内容や文体の柔らかさに救われる(は大げさですが)とおっしゃっていただくことがあり、それは私自身ちょっと意識していることなので、うれしく思うときがあります。私個人は本質的にはかたよった人間ではあるのですが、物事に対してとりわけ公式な場では穏やかであることを大切にしたいと現在は考えています。
 場に対する責任みたいなものでしょうか。不安をあおる存在ではありたくないのです。
 
 それぞれ役割があり、どういう形で世の中に貢献するかという意識も違ってくると思うのですが、とりあえず当分この形でいくつもりです。
 好き嫌いというのは当然どなたにもありますね。たとえば食べ物でさえ、自分にはなるべく食べたくない食品があることはあります。ただそこにわざわざフォーカスしない。話題にしない。話題にすれば、どうして嫌いなのか、それがどんなにまずいかみたいなことを書かざるをえなくなります。それは役割ではないなという気持ちがあるのです。
 
 同じように好きではない(露骨に書けば嫌いな)音楽、文学、政治的立場、観念や哲学、生き方があることはありますが、そこにはあえてふれないようにしています。世の中、あれはサイアクだという話題がじつに多く、そのほうが刺激的で注目を集めやすい傾向があるかもしれません。賛否両論渦巻いて・・・という状況を狙って、そうした話題を持ち出す方もいらっしゃるでしょう。
 ただそうするとどうしても否定的な文言をたくさん並べざるをえなくなります。それはやはり避けたい。
 
 たとえば「悪」という概念がありますね。そういった概念も時代や場所とともに変わっていきます。また宗教的な解釈などで大きな差が出てくる場合もあります。ですからどんなにわかりやすそうに見えることも、あえて決めつけたくないという気持ちを持っています。さまざまな紛争でさえある程度操作された情報しか入ってこないと思うので、善対悪という単純化された図式でとらえたくないのです。
 まして「悪を殲滅せよ!」的なあおりは、自分の守備範囲ではないと思っています。
 
 害虫というのはこちらからの一方的な視点であり、あそこに害虫がいるよというのはずいぶん身勝手な表現ではないかと思うとともに、そういう視点に立つ人間の存在も否定はしない。穏健な表現につとめていきたいと考えています。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年06月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着記事

月別アーカイブ