2019.01.23 01:26

 世間に「ご馳走」と称されているものがありますね。寿司とか天麩羅とかうな重とか。無意識のうちにおいしいと決めている可能性があります。私もそうでしたが、だんだん歳をとってきてご馳走ではあってもそれほど好きではないものもあるらしいということに改めて気づきました。
 いわゆる「握りずし」を私はあまりおいしいと考えていない傾向があります。もっとも私が食べているのはきわめて安いお店(回転寿司を含む)のものなので、ホンモノの味はわかっていないかもしれません。
 
 もちろん少しだけ高めのお店にお邪魔したことがないわけではないのですが、だいたいは酔っ払っていたりしてあまり覚えていません。寿司を食べるというきちんとした目的意識を持っていなかったわけです。
 昼のランチでちゃんとした(という表現も変ですが)おすし屋さんに入ったときは、だいたいちらしずしを食べます。握りのセットもいろいろありますが、どういうわけかちらしを選択してしまう。
 
 ただ、私はちらしずしの正式な食べ方がよくわかっていません。その昔、M市場という魚の刺身の丼を食べさせるカジュアルなチェーン店がありました。数年前は渋谷にもあり何度かお邪魔していたのですが、いつのまにかなくなってしまいました。渋谷店だけではなく、他の地域でも少なくなっているみたいで心配です。
 そこでは皆さん、小皿に醤油を入れワサビをといてさーっと丼にかけまわしていました。真似をしながらこれは手っ取り早くて便利だと思ったものです。
 
 ところがそれなりに本格的なすし店でそんな変なことをしているお客さんは基本的にいらっしゃいません。ちらしを食べるときは、それぞれの刺身を小皿の醤油につけてあらためてご飯のうえに乗せたりして食べている。
 この繰り返しが何となく不安を抱かせます。うまく説明できないのですが、こんなことを永久運動みたいに繰り返していて、礼儀にかなっているのか? という不安があるのです。
 
 卵焼きとかかまぼことかたくわんとかでんぶ(ピンク色の甘いやつです)とかも乗っていますが、どう食べるのが正解なのか。かまぼこはやっぱり醤油をつけるのでしょうか・・・みたいなことを考えていると気が狂いそうになります。
 あるお店で、ものすごく安いちらしずしを食べてみたことがありました。すると乗っているものが少なすぎて下の白米がいたるところでのぞいている。かんぴょうだとか海苔だとかでごまかそうとするのですが、さすがにむりがある。これでは提供する方も食べる方も全員が敗者になる可能性があると思いましたよ。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 三島の電話番さん 2019.01.23 14:58
    ちらしずし、確かに分からないですね・・・
    わたしは握りずしが好きなのでちらしをあまり食べた記憶が無いです。
    昔祖母宅で何かのお祝いの際に出てきたときは、数人分だったので
    お皿に取り分けて各自でお醤油をかけて食べていました。

    正しい食べ方は分からないけど、あまりにお行儀が悪くなければ
    おいしく食べられるのが一番ではないかとも思います。
  • 2, 長野先生さん 2019.01.24 10:26
    三島の電話番さま

     おはようございます。
     コメントをありがとうございました。「ばらちらし」というのもありますね。あれもまた食べ方が難しいような気がします。もうあまり考えないことにしました。
  • 3, neigeさん 2019.02.07 22:07
    3年生の娘が2学期になって突然学校に行けなくなりました。親として憔悴している時に長野先生の本をたまたま手に取りました。本当に救われました。涙を流しながら読みました。今は焦らずに見守っているところです。最近になって、娘自ら学校に行ける日が増えてきています。励ます力、本当に大切ですね。
  • 4, 長野先生さん 2019.02.08 09:09
    neigeさま

     おはようございます。
     学校に行けない期間があっても、落ち着いて「規則正しい生活」を送っていらっしゃれば大丈夫です。行けたら「偉いね」と褒めてあげる。一歩ずつですね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ