2018.08.29 00:56

 夏期講習が終わりました。これからは土日を除いて、教室は基本的に14時に開けることになります。実際はその1時間ぐらい前から開けているのですが、公式には受付は14時からということになっています。
 講習中は朝から来ていなければならないわけで、はじめはずいぶんのんびりできるようになったという気分になります。毎年そうです。9時とか10時とかでなく14時というのは、本当にのんびりできる感じになります。
 
 それがひと月もたたないうちに感覚が麻痺してきます。それどころかときにはいろいろ事情があって、14時の5分前にやっと到着というような日も出てくる。クリニックに寄ったりすると他の患者さんの様子によって正確に時間が予測できないので、ぎりぎりという場合もあるのです。
 同時に、ゆっくりになってよかったという安堵や感謝の気持ちまでなくしてしまう。いろいろなことができるぞという余裕もなくしてしまう。
 
 人間はそうやって「よかった!」とはじめは感動していたことにだんだん無感動になっていきますね。はじめのころの感動こそが喜びの源泉だったのに、いつのまにやらそんなことあたりまえじゃないかとなってしまう。
 それだけならまだいいのかもしれません。持っている貴重な何かに対して無感動になるだけならーーもったいないですがーーまだいいでしょう。それだけではなく、次は持っていないものに対して不満や怒りを爆発させることもある。
 
 毎日が面白くも何ともない・・・という表現をよく耳にします。やりたいことがある。ところがいまはできない。ほしいものがある。いまは持っていない。するとそれだけで大きな不満の気持ちが高じてきます。なぜいますぐ手に入らないのかといらいらする。
 そのへんはいい悪いではなく、もったいないですね。幸せというのは条件ではなく(人によって条件は違ってくるので)心理状態です。ということであれば、調整を意識的にしないのは本当にもったいない。
 
 持っていないものは気にせず持っているものを喜ぶのが上手な生き方の秘訣だと思うのですが、逆に持っているものは忘れて持っていないものを意識していらいらするという形になってしまうとなかなかうまくいきません。
 裏返しに服を着ているような感覚でしょうか。どんなにいい服でも違和感が出てきますね。おととい東京はすごい豪雨と雷でした。教室の窓から雷の光る様子をずっとながめていました。それはそれは壮大な光景でしたよ。帰りたいが帰れないという事実は忘れていました。そのあたりですね。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ