2018.04.25 00:16

 先日、息子がひとり暮らしをしたいと言い出しました。現在の勤め場所に近い吉祥寺に住むということだったので、それならそれでいいよと許可しました。許可というのも・・・相手はもう大人なのでおかしいかな。賛成したということです。
 本当はこのままでもいいのかもしれません。いま住んでいる西荻窪と吉祥寺はJR線でひと駅です。私も家内も息子の生活などにはまったく口出ししませんから、いまのままでもとくに問題はないのではないか。
 
 でも、そういうものでもないのでしょう。やっぱりひとりで暮らしてみたいと言い出した。彼がひとり暮らしをはじめるとなるとーー私自身のときと違ってーー掃除とか洗濯とか全然やらないのではないかという危惧はあるのですが、それはまた自由なのかもしれません。どれぐらいだらしないかというのも個人の自由だとは思います。
 犬が不思議がるかもしれないですね。どういう形であっても息子と犬は日に1度は顔を合わせていました。それが突然いなくなるわけですから、どうしたのかな? と不安がるような気はします。
 
 お祝いを少しあげました。長くそこで暮らすつもりなのかどうか私にはわかりませんが、とにかく部屋を借りたり引越し屋さんの手配をしたり、ぜんぶひとりでやっていてこちらに援助を・・・などとはまったく言ってきませんでした。ですから、純粋なお祝いです。
 私が夜中に帰ってくると息子は気づく範囲で「おかえりー」と挨拶してくれました。すでに休んでいたりするときは部屋の電気は消えたままです。寝た姿勢のまま「おかえりー」とだけ言う。
 
 小さいころから家族間でつねに挨拶だけは交わしてきました。行ってきますとかお帰りとかおはようとかおやすみとか。きっかけは記憶に残っていませんが、たぶん家内がはじめたのでしょう。気持ちが安らぐのでーー本当にそういう面は大きいですよーー私も必ず挨拶を返すようになりました。その「おかえりー」が聞けないと思うと、ちょっと寂しいですね。
 ブログに「あひる男」という記事を書いたことがあります。2011年の11月23日でした。
 
 あひるから電話がかかってきたとだまされていた幼児がついに独立か・・・と感慨深いものがありますね。まあ、終始応援していくだけですが。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, chisaさん 2018.04.25 05:47
    先生おはようございます。
    ブログを長く読ませて頂いていますが息子さんとのエピソードがとても素敵で特に楽しみにしています。
    学生だった息子さんが就職して独立して‥とまるで映画を観ている様で私まで胸が一杯になりました。
  • 2, 長野先生さん 2018.04.25 09:49
    chisaさま

     おはようございます。
     どうもありがとうございます。息子のことはそれなりに大切にしてきました。多少なりとも世の中の光になってくれたら・・・と思いますよ。生徒に対してもそういう感じを持ちます。みんなで少しでも照らしていこうよという感覚ですね。
  • 3, コスモスさん 2018.04.25 10:19
    息子さんの独立、おめでとうございます!
    自分の息子のように感動を覚えました。泣きそうになりました。

    うちの息子は浪人を決めました。
    受験期もいろいろありましたが、先生のブログを拝読しながら平常心を忘れずに、穏やかな母親でいようと心がけていました。
    おかげさまで息子もずいぶん成長したようです。浪人生活なのでお小遣いは最低限でいいからと言ってきました。
    雨の日も車で送ろうかと言うと、断るようになりました。

    たしかに寂しくなりそうですね。
    息子さんの独立後の様子、特に親としての気持ちなど、まだこちらで教えてください。
  • 4, 長野先生さん 2018.04.25 10:32
    コスモスさま

     おはようございます。
     それぞれの状況を成長の糧にしてくださったらいいですね。本当に。ずっとあとになって、あの1年が大きかったとおっしゃると思います。そういう貴重な日々なんだよ・・・ということですね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ