2017.03.29 06:27

 春期講習がはじまっています。ふだんは通わずに講習のときだけ来てくださる方もたくさんいます。あたりまえですが、お互いに十分慣れてはいません。若干の緊張感が漂い、新鮮な感じで進んでいます。
 遠慮もありますから、まったくやる気のない生徒というのはーーとくに受験学年ではーー見当たりません。本心はわかりませんよ。しかし見た感じは、皆さんとても熱心にやってくださっています。
 
 熱心にというより、真面目にと表現したほうがいいのかもしれません。黙って正面を見て問題を解いて解説を聞いて板書して・・・という状況です。これは困ったなという生徒は、少なくとも自分の担当クラスには1人もいません。
 ただこういうことは感じます。板書しないで口頭で指摘したところは、さっとメモをとる子と板書していないのだからそんなに気にとめなくてもいいだろうという感じの子に分かれます。毎年、そうです。
 
 こちらの表現に対する感度のよしあしということは出てきます。
 たとえば「皮肉」とか「心外」とかという言葉が出てきます。そんなことまでいちいち板書していたのでは予定のカリキュラムが消化できません。そこで口頭で説明します。こういう意味もこういう意味も含んでいる、辞書をひくだけではわからない要素があるよと言う。
 さらさらとメモしている生徒がいます。ふだんから通ってくださる子は、そのへんの呼吸も上手です。
 
 個々の生徒が何を書いているかまではいちいち確認していません。ただ感度のよさは目撃できます。例外はあるでしょうが、一般的に感度がよければよいほど成績は向上していくものです。
 思えば人生もそうなのでしょうね。毎日毎日同じことの繰り返しで面白くも何ともないという考え方もあるでしょう。ただ本当に毎日が同じことの繰り返しと言い切れるのかどうか。毎日毎日お米を食べているので、おいしくも何ともないと言うのと同じではないか。
 
 日々のお米をおいしく食べている人間だって大勢いるはずです。やはり感じ取る力、感じ取ろうという力が何より大切でしょう。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年05月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ