2017.03.26 00:33

 私は10代のある時期、明確に「成績は上げない」と決めました。勉強をやらないではないですよ。成績は上げない、です。そういう時期は何年間も続きました。理由はいろいろあるのですが、はたから見ればもはや「学習障害」みたいなものですね。上げないと決めているのだからもうどうしようもない。
 もっとも見栄があったので、友だちに笑われない程度には調整していました。ただ仲間と別れてからは、そうした見栄も一切必要なくなった。
 
 崩れていくほうが美的だと考えていたので、上昇志向はまったくありませんでした。いまでもときどき、自分はーー本質的にはーーあれからずーっと落ち続けているのかもしれないと考えるときがあります。
 こんな親ですから、息子に過度な負担をかけるのはいかがなものかと考えました。そういう意味で過大な要求をしたことはありません。息子は小学生のころ素行が悪く、勉強どころではない時代がありました。
 
 勉強はやりたくないと言っていたので、家内とも話しました。あの子は私たちの生活圏(仕事や友人など)とは別の形の人生を送る可能性がありそうだ。ただどういうことになっても、とにかく大切にしてやろうという話はつねにしていました。そうした合意事項以外にはとくに作戦はなかったですね。
 息子は気質的な真面目さが発露してくるにつれ、少しずつ「あたりまえのこと」ができるようになってきました。
 
 勉強したいというより「まともに生きないと恥ずかしい」という純朴さが彼を救ったのかもしれません。仲間の手前、あまりぐだぐだしているとみっともないという気持ちが彼を真人間化(?)したように思います。
 それはしかし高校生になってからです。いちおうのことがわかってきたのが高校生のときです。やっぱり勉強すると言い出した。こちらはびっくりして「むりしなくてもいいんだよ」と言った。それぐらい変化した。
 
 ときどき「勝手なことをやっている」生徒が出てきます。担当の先生から報告を受ける。しかし、待たないとわからない部分があるのです。待って変わるという保証はないものの、待たないとわからないのも事実。
 待てるだけの時空間を子どもたちに用意できるかどうか。入試に間に合う間に合わないは大問題ですが、人間を真の高みにおしあげていくことに比べればじつは小さな問題だと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年05月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ