2017.03.24 03:06

 ブログを約8年間書き続けてきたわけですが、ときどき休もうかなと考えるときがあります。いちおう教育ブログという枠はあり、その中で書けそうなことはほとんど書き尽くしてしまいました。同じことを繰り返し書くしかない状況であれば、しばらくお休みするのも1つの選択かもしれません。
 ところが説明会のときなどに「いつも読んでいます」とお声をかけていただいたりコメントをいただいたりすることがあり、マンネリ化していても続けるべきなのかもしれないと考えたりもします。
 
 同じ内容になってしまっても、やっぱり日々更新したほうがいいのかなと感じるのです。つまり書かれている内容以上に、書き続けているという行為のほうが大切なのかもしれないということです。
 今日もここでーー今日は真夜中ですがーー何かを書いている。少なくとも「幸せに生きるヒント」というタイトルをつけて、何か書こうとしているという事実ですかね。同時に動く感覚ーーそこに意味があるのかもしれません。
 
 夜寝る前に読んでくださるという方がいらっしゃっいました。安心されるそうです。起きたときに読んでくださるという方もいらっしゃった。やる気が出るとおっしゃってくださった。愛犬の散歩のとき読んでくださるという方や通勤途中で読んでくださるという方もいらっしゃいました。その方たちの生活の一部というのは大げさですが、新聞の4コママンガみたいなもので、いざなくなると「あ、ない」と欠落感を与えてしまうものなのかもしれません。
 
 勉強方法については本当に書き尽くしました。あとはそれぞれの方がどの程度までやってくださるかだけだと思っています。
 猛勉強はやりたくないという考え方も、おおいにありだと思います。過剰な勉強の時間を、他の何かーースポーツでも読書でも楽器練習でもーーに有意義にあてられたらいいでしょう。ちょっと気になるのは勉強も他のこともしないというケースでしょうか。「何もしない」とか「反射的な娯楽」だけで時間をつぶしているとしたら、ちょっともったいないのかな。
 
 自己の創造ということを考えます。外にも創るし内にも創る。どちらかと言えば、全力で創られたほうがいいのではないか。生きるというのはそういうことではないでしょうか。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 変わった男さん 2017.03.24 06:56
    長野先生

     おはようございます。
     以前から思っていたのですが、このブログの面白さの1つにあの「おかしな」先生が真面目な事を言っている!という驚きを感じている方と、このブログだけの真面目部分の先生しか知らない読者が混在しているところがあると思います。
     どちらの読者も面白い作用をこのブログ空間に与えている。
     とても興味深く、意外と世の中に少ない「場」だと思います。

     ブログを書いても良いし、洞窟で祈っても良いと先生には教わりました。

          変わった男
  • 2, 長野先生さん 2017.03.24 09:37
    変わった男さま

     こんにちは。
     なるほど・・・面白い分析だな。そうかもしれない。私のことをある程度知っている人間に、真面目な部分はジョークなのか? と言われることがあるのだが、本当のジョークではなくジョークにしておきたい恥ずかしさがあるのかもしれないな。
  • 3, chisaさん 2017.03.24 20:00
    いつもブログ更新ありがとうございます。
    子供が小学生の頃からこちらのブログを読ませて頂いています。当初は子育てについてや勉強法などの教えが欲しいという気持ちが強かったのですが、今は殆ど自分自身の為に読ませて頂いております。
    特に気力がなくなった時や気分が落ち込んだ時など先生のブログに励まされています。
  • 4, 長野先生さん 2017.03.25 00:23
    chisaさま

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。まだまだ続けますよ。よろしくお願いいたします。
  • 5, 小さな本棚さん 2017.03.31 08:02
    私もchisaさんと同様、息子の受験がきっかけで読ませていただいておりましたが
    いつしか自分の心を見つめるために長野生のブログを朝、子供を送り出してから読ませて頂くようになりました。
    「創る感覚」の出だしを読んだときは終わるの?とドキドキしました。
    でも、まだまだ続けてくださることに本当に安心しました。
    そして先生がどんなに忙しい日でも(時には真夜中に)書いてくださっていたり‥心から感謝いたします。
    先生の内圧の高さや真実を見抜いた鋭い感覚にぐらぐらで弱まっていた気持ちがぐっと引き締まることがあります。
    ありがとうございます。
  • 6, チロリさん 2017.03.31 11:09
    はじめまして。
    中々勉強のスイッチが入らないのんびり屋の息子にしびれを切らして、だんだん詰るようになってしまった自分に焦りを感じはじめた春休み。図書館で「追いつめる親」という本が目に入り、そこから長野先生に辿りつきました。
    今日からブログを拝見しております。もっと早く来たかったです(笑)
    書き尽くしたとおっしゃる過去が膨大すぎてどこをどう遡ったら良いか途方にくれておりますが、少しずつ、先ずは私からです。

    偶然にも息子は1年前からZ会進学教室(関西圏)に通っております。
    不思議なご縁を感じています。どうぞよろしくお願いいたします。
  • 7, 長野先生さん 2017.03.31 23:58
    小さな本棚さま

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。そうなのですよ。夜中や早朝に工夫して書いているときがあります。なかなか大変ですが、まだまだ続けていくことにしました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 8, 長野先生さん 2017.04.01 00:03
    チロリさま

     こんばんは。
     まあ、ときどきのぞいてみていただけたらと思います。関西の教室にいらしてくださっているのですね。以前、講演会でお邪魔したときがありました。
    「子どもへの接し方」というカテゴリーがお役にたつかもしれません。優先的にお読みいただけますか。よろしくお願いいたします。
  • 9, ピーターキャットさん 2017.04.04 22:30
    先生、こんばんは。
    ブログを通じて「肩の力を抜きなさいよ」
    と言われているような気がします。
  • 10, 長野先生さん 2017.04.04 23:23
    ピータキャットさま

     こんばんは。
     そうですね。力むことはないと思います。等身大で幸せであるという感覚はとても大切ではないでしょうか。いまからのスタートでいい。ここからのスタートでいい。微調整だけが貴い。ぜんぶぶち壊して、1からやり直す必要はないということですね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ