2017.03.14 06:41

 あたりまえのことですが、大人が仕事場で寝ていたらおかしいですね。おかしいどころかたとえば運転のお仕事をする方がうつらうつらしていたら大変なことになります。私も睡眠不足で仕事中眠いときがまれにありますが、授業中は全時間立っていますからあたりまえですが絶対に眠ることはありません。
 昔ーー30代のころですーーテストなんかをやらせているときは座っていました。すると疲れていて瞬間的に意識を失うときが何度かありました。危ないですね。それで座らなくなった。
 
 要するに仕事中は寝てはいけないということです。当然ですね。
 中学生高校生の方にとって授業時間帯は仕事中みたいなもの(?)だと思いますよ。大学生の方も本当はそうですね。授業中居眠りしているというのはちょっと問題ではないでしょうか。
 非常に忙しくてうつらうつらしてしまった日があった・・・程度ならまあいいのですよ。そういうことはありうると思います。問題なのはしょっちゅう寝ているという状態です。
 
 ときどきそういう話題になることがある。各教科の先生から何々くん(さん)は今日も寝ていたというような話題が出る。起こしてもまた眠ってしまう。次の授業もまた寝ている。
 それは確実に睡眠不足だと思います。ちょっと生活のリズムを改めないとまずいですよ。まずいというのは、授業が身につかない=当然成績は上がらないということです。それでもいいというのであればいいのですが、受験生はそういうわけにもいかないでしょう。
 
 私は中学高校時代私立の一貫校に通っていました。成績を上げようという意欲はまったくなく、毎晩遅くまで当時全盛期だったラジオの深夜放送を聴いていました。「パック・イン・ミュージック」「オールナイト・ニッポン」「セイ・ヤング」ですね。「オールナイト・パートナー」というのもあったな。リクエストがかかるとうれしかったのを覚えています。
 午前3時すぎまで聴いていることもあり、睡眠不足はこわくない先生の授業中に寝て補えばいいと考えていました。
 
 それはしかし相当問題のある発想であり、確かに成績は絶対に上がりません。中核である授業そのものに実質参加していないわけですから、上がるわけがないのです。
 上がらなくてもいいというのであれば問題はないのですが、それは困るということなら授業中寝ないですむように生活を整えてください。ぼんやりしている時間や娯楽の時間を短縮して睡眠にあてるしかないという事実に向き合うことだと思います。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, ラッキーさん 2017.03.14 10:36
    高校生の子供に睡眠が大切と言ってもスマホゲームやめません。
    結局本人次第なのですね
  • 2, あっぷるさん 2017.03.14 19:43
    いつもありがとうございます。子育ては一進一退ですね〜成長したかと思えば信じられないくらい心ないことを子どもからいわれ もうやってられない!と思ってみたり!
    本当に疲れますね〜 つかみどころがなく 頑張っている実感が持てない時がありくるしいです泣
  • 3, 長野先生さん 2017.03.15 00:58
    ラッキーさま

     こんばんは。
     規制という意味でなく、少しずつ考えなよとおっしゃってみてください。ご本人も内心ではちょっと流れを変えたいなと思っていたりするものです。
  • 4, 長野先生さん 2017.03.15 01:01
    あっぷるさま

     こんばんは。
     お子さんに対しての好奇心みたいなものが非常に大切です。思う通りにいかなくても「そう来たか!」という喜びですね。
     結局、苦労と名づければ苦労、自己の成長の糧と名づければ糧なのです。お子さんと一緒に進化していく「わくわく感」はとても大切だと思います。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

月別アーカイブ