2017.01.20 00:49

 先日、教室長代理のN先生が都立高校推薦入試の集団討論対策の練習会を開いてくださったので私も見学させていただきました。こういうのは私なんかがやらないほうが、活発に意見が出てきていいのです。
 いろいろなことを感じました。しっかりしている子は本当にしっかりしています。話すときにつねに笑みを浮かべられるという精神力だけでもたいしたものです。声の通りもいい。内容はもちろん申し分ない。
 
 ふだんの生活でも気づくことですが、お話が上手な方はこちらの話をぜんぶ聞いてくださるうえに、お返事が遅れることがありません。相手の話を聞きながら頭の中で編集が進められているのです。
 わかりやすく言うとこうなります。仮に相手がすごく困窮しているとしますね。話を聞いている時点ですでに「単純に激励するか」「とことん慰めるか」「深刻にならないようにしたほうがいいのか」決めはじめている。
 
 相手の話が終わったときに、さてどうしたものかと困惑することがない。これは中学生にはなかなかできないことです。場数を踏んでいないと難しい。大人ーーきちんと知的な会話ができる人間という意味ですーーとの会話経験が豊富でないと、呼吸がつかめないでしょう。語彙も豊富でなければいけませんし、感情も豊かでなければいけません。
 会話の際にもっともしてはいけないのは、相手が伝えようとしている最中にさえぎって話すこと(テレビの討論会なんかは、面白がらせるための演出だと思います)ですが、そういう場面は1度もありませんでした。
 
 参加してくださっていた全員さすがだということにはなりますが、正論を次々と披露していく彼らが将来的に現実社会で傷つくことは確実なので、たくましく生きてほしいとずっと考えていました。
 正しい意見が通らないものなのです。あるいは正しい意見がどなたかの損になることがある。そんなでたらめが・・・という意見だけがとりあげられることもあります。どの世界でもそうです。正しく本質を見るクセがついていればいるほど、いったい世の中どうなっているのだと絶望的な気持ちにさいなまれるかもしれません。
 
 そのとき「これはいい悪いではなく、根源的な人間の弱さのあらわれなのだ」とうんと高い視点から見ることができるかどうか。先生なのにちっともわかってくれない、目上なのに何も助けてくれない、上司なのに気づかぬふりばかりしている・・・というだけでは最後は前に進めなくなります。
 おおげさに書けば私たちは神の視点を持つ必要があります。世界中で人間が殺しあったりしていますが、それでも忍耐強く神の視点を持って少しでも世の中をよくしようとしている人間は相当数残っています。
 
 正しければ確実に傷つくでしょう。ただその傷は、たとえば他者への慈悲心に変容させることも可能です。すべての傷をべつの何かに昇華させる。その何かは個々が責任を持って見つけるべきであるのかもしれません。討論を聞きながら、ずーっとそんなことを考えていました。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 矢田@医療職兼業トレーダーさん 2017.01.20 17:39
    相手の話を聞きながら編集作業。
    なかなか難しいですが、私も意識してみたいと思います。
    応援しておきました。ポチッ
  • 2, 長野先生さん 2017.01.21 00:19
    矢田@医療職兼トレーダーさま

     こんばんは。
     ありがとうございます。自然にそうできている方がいらっしゃるような気がします。子どもたちにはやはり会話の「場」の経験が大切なのでしょうね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着記事

月別アーカイブ