2016.09.28 00:03

 少年のころのことをときどき思い出します。基本的に「何も変わっちゃいない」という感じですね。いくらか品みたいなものはよくなったかもしれません。
 私は中学高校と男子校に通っていました。これがつまらない。幼稚園のときから自分は女の子とばかり親しくなる傾向がありました。男の子とは話が合わないのです。野球やサッカーの話なんかをされても、こちらはルールさえ知りません。それ、何人でやるの? なんて・・・相手もいい加減しらけますよ。
 
 中学生になってからも女の子の友だちというより、話し相手がほしいものだと思っていました。ただ知り合う機会がない。時代的な背景もあったのですね。男女交際はよくないとはっきりおっしゃる先生はどこの学校にもいました。そういうことは中学生高校生には必要ないとおっしゃるのです。
 街中で女の子を見かけますね。学校の行き帰り。電車の中でもバスの中でも女の子たちを大勢見かける。もちろん名前も何もわかりません。でも何か呼称がほしいわけです。「あの子」がいたではつまらない。
 
 当時私はFEN放送でポップスばかり聴いていました。その曲名をそれぞれ気になる女の子につけるようになりました。今日は「ロング・アゴー・トゥモロー」に会ったぞとか「マイ・ボーイ」がいたなという感じで。
 当然、それぞれの外見や個性に合わせて曲名を決めていくわけです。あれは1972年初頭だったかな。「ミスター・ロンリー」で有名なボビー・ヴィントンが「エブリデイ・オブ・マイ・ライフ」という小ヒットを飛ばしました。日本ではシングル盤も出ていません。全然ヒットしませんでした。
 
 あとで調べてみたら、昔のヒット曲を焼き直したものみたいですね。それでもFENでは比較的コンスタントにかかっていました。朝、それを聴いて自宅を出る。当時、学校の近くでよく特定の女の子とすれ違いました。
 私は彼女を「エブリデイ・オブ・マイ・ライフ」と名づけることに決めた。かわいらしい子でしたが、名づけた当初は特に感情が動くことはありませんでした。ところが名づけてしまってから、その曲がラジオで流れるたびにその子を思い出す。彼女と話せないことに胸が痛む。
 
 これはある種の恋だなと・・・まあ、単純なものです。そんな風にして私は女の子をよく好きになりました。自分で物語を作っているだけですね。
 彼女の住んでいた共同住宅は現在完全に閉鎖され、しかしまだ形だけ残ってはいます。さすがにわざわざ見に行く機会はありませんが、電車の中からは見える。するといまでもエブリデイ・オブ・マイ・ライフが脳裏に流れてきます。胸にこみあげてくるものがある。そんな感じで生きているということですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, まるこあとむさん 2016.09.28 01:27
    素敵なお話ですね。純粋な恋、、、成就することもなければ責任を担うことにも至らない。しかし、とにかく心の底から一分の疑いもなく好きで好きで仕方がない。胸が苦しい。。。。。妙にオトナになって結婚、離婚などしてしまうと(私の場合です)、中学生の頃の初恋こそが人生で一番輝く想い出であったりします。確かに、自己創作物語に過ぎぬ … と言ってしまえばそれまででは有るのですが …
  • 2, 長野先生さん 2016.09.28 07:02
    まるこあとむさま

     おはようございます。
     当時の思い出が現在の何かを支えている部分は大きいのではないでしょうか。どなたにとっても無形の財産になるのだと思います。
  • 3, 幻化さん 2016.09.28 16:46
    僕も楽器をやっていたためか、昔から女の子とばかり親しくなる傾向にありました。だから、この気持ちがよくわかります。野球やサッカーやテレビゲームの話をされても全く話が合わない。相手はしらける、かといって自分もルールやらを勉強してまで会話に参加しようとも思わない。そうすると自然と女の子と親しくなるのですが、そうすると男の子たちからは女好き呼ばわりされるのです。自分としては話が合う、ただそれだけだったのですが。 話はそれますが、楽器をやっていて、周りが女の子ばかりだと、時には女の子以上に女心がわかったりする瞬間があるのですが、先生もそういう瞬間があるのではないですか?
    あと、僕は外国人(特にアジア系)にはすごく好かれる傾向にあるようです。街でも、道を尋ねられたり、賄いを食べていけ(!)と言われたりするのです。どうしてなのかはわかりませんが、やはり声をかけてくれるということはやはり嬉しいものですね。
  • 4, 長野先生さん 2016.09.29 01:15
    幻化さま

     こんばんは。
     それでいいな。賄いを食べていけは人徳だ。そういう香りを身にまとっているということだと思う。わかるような気がするよ。
     今日、洋食屋に行ってきた。前回はきみの話題が出たよ。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ