2016.06.23 00:28

 世の中、いろいろな方がいますね。今週、電車の中で暴れた方を見ました。ひどく酔っている。ちょっと変な感じだったので様子を見ていたら降車駅に着いてもなかなか開かない扉を思い切り蹴った。どん! とすごい音がしましたが、そうするのが当然みたいな顔をされていたのでなるほどいろいろな考え方があるものだと思いました。周囲の「人間」にあたらないだけよかったのかもしれません。私個人はこうしたことを目撃するのもまた勉強だなという気持ちがしました。
 
 公の場で乱暴を働くのはもちろんよくないですが、そうかと言ってすべての人間が絶対的に穏やかに生きなければならないというものでもない。その人間にふさわしい形で成長発展していくことこそが、世の中全体から見ても利益につながってきます。ふつふつと湧き出る怒りが抑えきれないのであれば、武術や格闘技などで昇華される手があると思います。そういう伝説(?)を持ったプロの挌闘家のお話はよく聞きます。
 いちばんいけないのは自分自身を見失うことですが、そのときもご自身を責めたりせず「再発見」される工夫が必要でしょう。
 
 本当の自分はどのあたりにあるのかということを数値や順位を除外して考えてみる習慣や時間が必要だと思います。そんなに難しいことではないですよ。
 たとえばいまの自分は何をしているときがいちばん楽しいか。何をいちばん美しいと思うか。憧れている人は誰で、それはなぜか。いちばん苦手な物事は何か。身体を動かすのは好きか。どこにいるといちばん落ち着くか。好きな本は? いちばん食べたいものは? この瞬間、本当は何をしていたい?
 
 そんなことをあれこれ白いノートに書き出してみるといいですね。ご自身の本質を見つけようとする以上に大切なことは世の中にありません。
 いろいろ感じることが出てくるでしょう。たとえばどなたも遊ぶのは嫌いではないでしょう。しかし、その「遊び」とは何なのか。私にとってはこうやって文章を書いているのは遊びに近い感覚があります。全然つらくない。真夜中でもまったくつらくない。すると書くことに関係していれば幸せになれるなと気づきます。
 
 お若い方は職種に限定せず、大きく希望を持ってくださったらいい。何も否定しない。落書きが好き? 落書きではなくちゃんと勉強して描いてみればいいではないですか。落書きでは収入を得られませんが、きちんと描けば確実に収入を得られます。動物が好き? 獣医さんの勉強はしていなくても、動物たちと接するお仕事は無限にあります。何も思いつかないというのであればーー掃除だとか洗濯だとか料理だとかーーをやってみてください。気づくことがいろいろ出てくるでしょう。
 私はあなたの幸せをあきらめないですよ。ですから、少なくともあなたは私よりはあなた自身の幸せをあきらめるべきではないと思います。
 
 どうあろうと、責めないですけどね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, バウムクーヘンさん 2016.06.23 19:23
    追伸〜我が家では〜ゴールデンウイーク明け頃にとあるきっかけがあり〜テレビなし生活をしています。最初5日間くらいは、息子も色々言ってましたが〜そのうち慣れてきて、最近は定着した感じです。ラジオ番組でお気に入りを見つけたらしいから〜かもしれませんが。映像よりはよいのでしょうか。自分自身ラジオ派だったので、今どんな番組があるかわからないですが、当時の番組思い出すと懐かしいです。
  • 2, すみっコきたくさん 2016.06.23 20:45
    日々、穏やかでない人々と接しています。帰り道に赤羽でお酒をのんでリセットしています。次のステップに向けて、少し壁にぶちあたっていますが、先生のブログからやる気と活力をいただいています。なんとか頑張ってますよ。
  • 3, 長野先生さん 2016.06.24 07:27
    バウムクーヘンさま  

      こんばんは。
     どうもありがとうございます。万が一何かわかってしまうといけませんので、前回のコメントは不掲載にいたしました。 こちらは特定不可能でしょうからコメントを書かせていただきました。よろしくお願いいたします。
  • 4, 長野先生さん 2016.06.24 07:31
    すみっコきたくさま  

    こんばんは。  
    きみは優しいからな。わかるような気がするよ。ただ間違えてはいないけどね。楽にやりなよ。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ