2016.04.30 08:11

 首都圏のZ会進学教室は明日からお休みに入ります。1日~7日までは授業がありません。さらに6日までは教室も閉まっています。本科生の方は間違えないようにしてください。それにともなってブログもお休みします。
 どこかで記事を書くつもりではいるのですが、少しパソコンから離れようとも思っています。そして、例によって行きたいところをいくつかピックアップしてあります。へんなところばかり。
 
 川沿いの道を歩いてみたい。以前よく歩いた。10代のころですね。20代では歩かなくなり30代で再び歩くようになった。長い長い道なのでときどきベンチに座って物思いにふける。小説家の丸山健二先生の著書(エッセイでした)を持って歩いた日があります。ベンチに座ってあれこれ考えているうちにそのまま本を置いてきてしまった。私にはそういう間の抜けたところがあるのですが、あまり「治そう」という気持ちを持っていないのも事実です。
 あとで戻ってみるともう書籍はなくなっていました。
 
 すごくいい本だったので、私はどなたかがその本をーー私のようにーー愛してくださったらいいと考えました。
 同じようなことはしばしばあり、ある電話ボックス(私は現在でも頻繁に公衆電話を使用しています)に高価な宗教書(行き当たりばったりに購入したものです)を忘れてきてしまったこともありました。難解な書籍なので持っていった方が読まれるかどうか心配でしたが、何かしら単語1つでも心を打つものがあればいいのだが・・・と考えた。「同情は貧弱な愛の代用品である」というようなことが書かれている本でした。
 
 お金にしても同じような要素があり、無駄遣いしたあとであのお金もきっとどこかでどなたかの役にたってくれるだろうと考えるようにしています。私が仮に何かで千円無駄遣いするとしますね。受け取った方が大切に使ってくだされば、世の中全体から見れば悪いことではない。全体から見て悪くなければ、全体の一部である私にとってもいいことに違いない。
 戸越銀座や荏原中延や古川橋にも行きたいのですが・・・混んでいるかな。理由? あるようなないような。生きているのと同じ感覚ですよ。 
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, うっかり者さん 2016.04.30 14:31
    無くしたものは誰かの糧になってくれているだろう、という文章を読んで大切なものを無くしたことがある自分はとても救われました。つまり先生の無くしものは回り回って私の糧にもなったんですね。どうぞよい連休をお過ごしください。
  • 2, 同情は人間らしい優しい心さん 2016.04.30 23:50
    こんばんは。
    高価な宗教書はかなり難解な書籍のようですね。読解力のない私が読んでも、共感できるお話は出てこないような気がしました。
    「同情」に対する考え方は、その深さにもよると思いますし、人それぞれだと思っています。
    たとえば、身近な人が突然ひどい精神障害患い苦しむようになってしまったら・・・。
    予期せぬ不運に見舞われてはじめて相手の大切さに気づき、感謝し、思いやる気持ちがうまれることもあると思います。
    相手に対する配慮不足、自己中心的な接し方が、相手を精神障害へと追い詰めしまったと反省につながるかもしれません。
    同情は人間らしい優しい感情だと思います。
    本当に大切なものに気づき、絆が深まる、そんな幸せがうまれるともあると思いました。
  • 3, 長野先生さん 2016.05.01 00:03
    うっかり者さま

     こんばんは。
     まあ、むだにならないということだと思いますよ。どうもありがとうございました。
  • 4, 長野先生さん 2016.05.01 00:06
    同情は人間らしい優しい心さま

     こんばんは。
     あれは、どんな本だったか・・・とにかく分厚かったということぐらいしか記憶していません。何か愛の本質みたいなことが書かれていたような気がします。いずれにせよ、他者に優しくというのは本当に大切なことだと思います。コメントをありがとうございました。
  • 5, 長野先生さん 2016.05.01 01:09
    コメントをいただいた方

     こんばんは。
     念のために非公開にいたしました。相談できる方がいらっしゃってよかったですね。何かに気づかれたのであれば、もう大丈夫だと思います。何事も経験・・・みたいな要素がありますよ。これからも頑張って幸せをつかんでください。つかみ続けてくださいと書くべきかな。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年10月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ