2015.11.22 00:55

 所作という言葉がありますね。たちいふるまい。歩き方とか食べ方とか眠り方とかいろいろありますが最近はすべてつながってくるのだという思いが強く、油断できないなと気を引き締めることがあります。すごく変な食べ方をしている、あるいは変な話ばかりしている、けれども人間としてはすばらしい・・・というケースはじつは少ないのではないか。
 人間が所作の主体なのですから、どうしても「その人」全体が出てくるでしょう。ということは、私たちが気をつけなければならないのは個々の所作以上にどういう人間であるかということなのだろうと思います。
 
 私は昔、どうしたら女の人にもてるのだろうということをさかんに考えました。最近ではありませんよ。10代のときです。女の子にもてる男の人になりたかったのですね。そういう友人が周囲にたくさんいました。
 そうか、あいつみたいにすればもてるのかと考えて、同じような髪型にしたり同じような服を着たりするのですが何だかもてない。おかしいなと思って女の人にもてる方法が書かれている変な書籍を買ってきて研究したことさえありました。実話ですよ。いろいろつまらないことが書いてありました。清潔にしましょうとか、さわやかに明るく話しましょうとか。
 
 それはそれで納得できるのですが、こっちは「悪魔の首飾り」のテレンス・スタンプを崇拝しながらヘッドフォンでずーっとブラック・サバスを聴いているような人間でしたから、清潔はともかくとしてさわやかに明るくがどうもうまくいかない。そのほうがよさそうだということはわかっていても、人格の統一がきかないのです。
 服装にしても破れている服をわざと着る。夜でも真っ黒なサングラスをかけて外出する。よく見えないので側溝に落ちてしまったことがありました。
 そういう状態でどうも満足がいくようにもてないと不満だったのですが、こうして書いていてももてるわけがないというのはよくわかります。
 
 まず人間でしょう。専門分野を探求する以前に人間がしっかりしていなければいけない。仕事や勉強もそういう要素は大きいと思います。しっかりした人間だから仕事ができ勉強ができる。もちろん例外はありますが、仕事や勉強の成果を長年に渡ってノウハウだけで向上させていくのは難しいのではないか。
 面白いもので歩き方とか食べ方とかに常に注意を払っていると、それにふさわしい人格でありたいとも感じるものです。つまりおれ(私)ほどの人間がこんな食べ方で本当にいいのか? という感じ。
 
 なりたい自分になるということですよ。
 
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年01月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ