2015.09.30 09:59

 増税にともなう軽減税率のこととかオリンピック関係のこととか、いろいろばたばたしているみたいですね。私はそういうことは一定の距離を置いてながめているだけなのですが、世の中全体(とくに日本という国)がどうして以前よりはうまくいかなくなってしまったのだろうということは考えたりします。
 とは言え、世界中を見渡してみるともっともっと苦労されている地域が無数にありますから感謝の気持ちはもちろん保持しながら、さらにうまくいくためにはどうしたらいいだろうと考えるわけです。
 
 これからの世代がどういう風に考えたら世の中はよくなっていくかということですね。グローバル化とかリーダーシップがとか安易に横文字に頼らずに考えてみる。
 私は、部分が全体を意識できなくなってきたところにちょっと問題が潜んでいるような気がします。仮に私が何かよくないことをするとします。悪いことをして自分だけが得をした。すると私は一瞬しめしめと感じるかもしれませんが、全体にはダメージを与えていることになるので全体に含まれている部分の私も大局的に見ればじつは損をしていることになります。
 小中学生の方、ちょっとごちゃごちゃしてきましたが着いてきてくださっていますか?
 
 本当の得というのは全体が豊かになってこそということでしょう。部分の私も自然と豊かになる理屈なので、つねに全体を意識しながら思考し行動することがものすごく大切だと感じるのです。
 昔テレビで見たのですが、お金持ちの有名人が「自分の才覚でうんと金持ちになってなにが悪い?」というようなことをおっしゃっていた。もちろん否定することは何もない。悪くはないですね。ただその個人の周囲がーー全世界ということになってしまうのですがーーその方のおかげでどれだけ得をしているかという視点があればなおさらすばらしいのにと感じました。
 
 個人個人がいくら豊かになってもいいのですが、全体のことは常に意識しておくべきだとも思うのです。
 全体を意識しなさいという教育がちょっと弱くなってきているかなとは感じます。一時期流行した勝ち組負け組という考え方が若干乱暴ではないかということを説けるホンモノの大人が少なくなってきたのかもしれないですね。全体の勝ちを意識しない部分だけの勝利などというのは続かないんだよ・・・ということです。断言しなくても、続かないかもしれないよ・・・という暗示だけでも相当変わってくるように感じます。環境問題なんてまさにそうですから。
 
 全員の方が全体の部分としてご自身を意識されるとおのずから世の中はよくなっていくと思うのですが、そういうのは子ども時代の教育が大きいかもしれません。自分だけエリートになって勝てばいいのだという形がすりこまれてしまうと、なかなか全体のことまで配慮できる人間になれないでしょう。
 現在の日本のいわゆる指導者層にそういう視点が欠落しているとこわいですね。全体を意識できない政治というのは不気味です。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, りけじょさん 2015.09.30 10:32
    長野先生のお話をいつも楽しみに読んでおります。
    スーパーサイエンスハイスクールなどの国の取り組みも、
    効率よく一部をエリートに育てる感じで、
    全体の底上げこそ必要なのにと思うこの頃です。
  • 2, 長野先生さん 2015.09.30 11:26
    りけじょさま

     こんにちは。
     何のためにエリートを育てるかということはつねにありますね。ご本人がいい気持ちになっているだけだとしたら、非常にもったいないと思います。
  • 3, ゆりママですさん 2015.10.06 22:37
    この国の劣化ぶりは凄まじいですね。でも私も長くこの国の参政権を持つ市民の一人なので、他人事ではなく、すべての事象は、私たちが選んだ結果だと受け止めなければいけないのではと。
    こんなデタラメに見える世の中では、こどもを本当の意味で伸ばせる力をもつ大人となかなか出会えないかもしれないと。こどもたちには、親や学校に不平不満があっても、ぶーたれる時間があったら、そこで置かれた以上、自分を育ててくれる、スゴイ大人スゴイ古典を見つけてやり切る努力をするしかないだろうと。自分がそうだったので。
  • 4, 長野先生さん 2015.10.06 23:19
    ゆりママですさま

     こんばんは。
     いろいろと不都合は多く起きていますね。そういう中でできることもあるのではないかと思っています。古典という視点はすごく大切だと感じます。そうですね。結局、そのあたりに落ち着くべき何かがありますね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ