2015.09.23 01:03

 先日、現小6生を対象とした公開授業というものがありました。6Vコース(中学受験をしない小6生用のコース)が今年もはじまる。その宣伝も兼ねたものなのですが、渋谷教室には毎年たくさんの小学生がいらしてくださることはわかっているので、私としてはこの機会に正しい考え方みたいなものを少しでもお伝えしたいという気持ちで国語の授業を行いました。ほんの30分ぐらいしかなかったのでどの程度まで伝わったかはよくわかりません。
 教室には生徒と一緒に保護者の方にも入っていただきました。自由参加です。
 
 生徒と保護者の方が一緒だとやりにくいとおっしゃる先生もいらっしゃったみたいです。他教室ではそんな声があがったという噂を耳にしました。私は気になりませんでした。歳をとって鈍感になっているところがあるのでしょうね。自分がどう思われるか・・・みたいなことは全然考えません。またーーこういうのは教室長として失格かもしれませんがーーいったい今日参加されたうちの何人の方が講座をとってくださるだろうという不安もほとんどありません。一期一会で伝えたいことだけは伝えてしまおうという気合い(?)だけでした。
 逆説的に書くと、そういう姿勢だから6Vの生徒が増えているのかもしれません。
 
 お金をたくさん持っているといろいろ使い道があって楽しいだろうという話をしました。あれも買える、あそこにも行ける、安心もできる。さらにお金を使うことによって周囲も潤いますから当然感謝される。あの人が来てくださると本当に助かる、もっともっと来てくださいということになる。
 知識とか知恵とか教養とか言葉とか概念とか知性(つまり勉強)もまったく同じだよというお話をしました。「絶対に講座を申しこんでください」「ブログを読んでください」「本を買ってください」・・・今回はそんなお話はしませんでした。伝えたかったことがぶれると困るからです。
 
 勉強することを、あるいは授業を受けることをーーどの環境下であってもーーいやだとか苦痛だとか損しているとかは考えないでほしい。あなたが豊かになることによって周囲も豊かになる。
 天気図の見方を学ぶことでご自身不意の雨に遭遇することが少なくなるでしょうし、友だちに天気図の見方を教えてあげることで「傘持っていて本当によかった」と感謝もされるでしょう。そうやって自他を豊かにできるのが世間で名づけたところの勉強で、決して意味のない苦行ではないのです。
 
 豊かになるためにお金を稼いだり貯めたりするのとおなじことですね。豊かになるために知識を集め整理し知性を磨き人間性にまで昇華して周囲に利益をもたらす。それが勉強です。受験に合格すればあとはもうどうでもいいなどと考えていると「芸として」浅くなりますよ。
 ・・・ということをお伝えしました。変な公開授業ですが、いちばん告げたいことからお伝えしないとという気持ちがある。10月からの6V授業にも参加してくださったらうれしいですが、授業を担当する私にとってそれはちょっとしたご褒美みたいなものだと考えています。
 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, chisaさん 2015.09.23 15:44
    先生こんにちは。
    いつも更新ありがとうございます。
    先日の公開テスト、公開授業と参加させて頂きました。とても良かったです。面談でも娘に色々と質問して下さり殆ど私は喋りませんでしたがとても安心致しました。
    長野先生のブログをなんのきっかけで読ませて頂くようになったのかは全く覚えていないのですが自然な流れでこのままお世話になる事になりそうです。
    少し距離を持って温かく見守っていきたいと思います。
  • 2, 長野先生さん 2015.09.24 01:09
    chisaさま

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年06月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着記事

月別アーカイブ