2015.07.30 00:04

 読書感想文についてはもう何度か書いてきましたが、夏休みということもあるので同じ内容になりますがもう1度書いておこうと思います。
 中学生の方だと短くて400字、長くて2000字といったところではないでしょうか。平均すると800字ぐらいなのかなと思います。作文用紙2枚ですね。これがなかなか埋まらない。私も中学生のときはそうでした。あらすじを書いてとても面白かったと書く。すると400字にもいきません。困りましたよ。
 
 書き方にコツがあります。コツなんか教えてもらわなくたっていくらでも書けるよという方は、そのままのやり方でけっこうです。どうしてもマス目が埋まらなくて困っている方だけ参考にしてくださったらいいと思います。
 まず作者について徹底的に調べてみてください。それを書くだけで相当の分量になります。作者の生い立ちだけではなく、感想文で取り上げる以外の作品についても調べてみる。たとえばーーどなたでもいいのですがーー太宰治の「走れメロス」について感想文を書くことにしますか。そのときほかの作品についても少し書くのです。
 
 むりにぜんぶ読まなくてもいいですよ。ちらりと読んだだけで「走れメロス」と「人間失格」ではずいぶん趣が違うということに気づくはずです。そういうこともちょっとだけ入れてみる。この作品は作者のほんの一面をあらわしているものにすぎないと考えましたという風に。
 またその本を読もうと思ったきっかけみたいなものも書いてください。なぜ興味を持ったのか。手に入れるためにどこの書店にどなたといつ行ったのか。どんなことを話しながら買ったのか。帰ってくるとき電車の中でちょっとだけ中身をのぞいたのかどうか。わくわくしましたか? そういうことも日記のように書いてみるといい。読んでくださる方は生身の声を面白がるものです。
 
 さらに非常に感動、あるいは感心した部分を引用してください。大人の書評だってみんなそうです。その書物のことを詳しく語ろうとすれば、どうしたって一部を抜き出して説明を加えるしかない状況に追いこまれるのは大人も子どもも同じです。
 内容の深さに感動することもあれば、難解さに辟易することもあるでしょう。難しくてよくわからなかった部分を抜き出して、ここの部分はいまの私には正直なところよく理解できない、大人になったらきっとわかると思う・・・と書けばそれはそれでりっぱな感想文です。
 
 引用は多すぎても字数稼ぎみたいに見えてしまうので2ヶ所ぐらいにとどめておきましょう。表現の巧みさに感心したなどというものでもいいですよ。巧妙な比喩の含まれている部分を書き抜いてこんな比喩を考えつくだけでもすごいと書く。引用の前後は1行空けてください。
 そして最後はその書籍を読んで自分が何を得たか、成長したか、あるいはこれからどう成長していこうと思うか、そんなことを書いてまとめます。これからもたくさんの本を読んで物事を考えていける大人になりたいという感じですね。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年09月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着記事

月別アーカイブ