2015.05.25 09:27

 いわゆる「きれいごと」みたいになってしまうのでためらう気持ちもあるのですが、事実は事実ですから書いてみようかな。読んでくださっているーーとくにお若い方がーーそんな考え方もあるのかと思ってくださったら幸せです。
 先日、各教室の目標を教室長から発表する会議がありました。Z会進学教室の全体会議というやつですね。数字なんかはいろいろ苦心しなければいけないのですが、それとは別に私は皆さんのまえで「これからは生徒の忘れていったお弁当箱をぜんぶ自分で洗います」と宣言しました。
 
 忘れ物のお弁当箱については先月書きましたね。他教室の教務の方が「洗っておきました」と日報に書かれていたのを見て感激した話。あれから私はずーっと洗おう洗おうと狙っていたのですが、やっと昨日第1号の忘れ物お弁当箱が出てきました。やったー!(そこまで喜ぶことはないか)ということで、さっそく洗剤とスポンジを買ってきて洗いましたよ。
 私はZ会進学教室で最年長です。最年長の自分が率先して洗う。授業をきちんとやるのは当たり前ですが、それ以外でもできる限り思いやりを持つ。実際の行動にあらわすことが大切だと考えています。
 
 大げさに言えば世の中を少しでもよくするというのはそういうことではないか。誰かがきちんと行動に移すことでーーお弁当箱を洗うという行為ではなくてもーー思いやりの感情を外に出される方が連鎖反応的に増えないともかぎりません。
 私はZ会進学教室のパンフレットにも自分が一生懸命忘れ物のお弁当箱を洗っている写真を載せてほしいと思ったりしますが、まあそれは実現しないでしょうね。実現しないでしょうが、案外そういう部分に教室の本質が隠されているとも思っています。温もりですね。
 
 夏休みはけっこう皆さんお弁当箱を忘れますからね。Z会進学教室(高校受験部)渋谷教室のお弁当箱はぜんぶ私が洗いますから、安心してじゃんじゃん忘れてください。
 昔、深く考えずにお弁当箱を洗っていた時代がありました。中身が大量に残っているときがある。(体調が悪かったのかな?)と気になったものです。こういうことを通してわかることがたくさんあるなと考えた。ところが、いつのまにかーー半ば意識的にーー避けるようになっていました。
 同じ人が忘れていくケースもあるのです。またこのお弁当箱か! ということが。何となく愛着が湧いてきたりして・・・まあ、楽しいですね。ぜんぶ楽しいと言えば人生楽しいことばかりです。
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, まさだいごさん 2015.05.25 20:23
    長野先生、いつも心温まるブログ、感謝しています。今日仕事に行くのが少し嫌で、昨晩、先生の本を読んで、自分を鼓舞してから行きました。少し頑張れた気がします。今日のお弁当を洗うお話、忘れずに心に留めておきます。私も丸い空気を醸し出して、世の中にいい影響を与えていきたいです。
  • 2, 長野先生さん 2015.05.26 00:17
    まさだいごさま

     こんばんは。
     そういうときがあるのが人間の自然な生活ですね。まったく問題ないと思います。喜びもまたどこかに隠されているはずだということだけ少し意識なさってみてください。
     今後ともよろしくお願いいたします。
     

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ