2015.05.24 00:06

 昔、ある生徒が問題を起こしたのではないか(事実関係がはっきりしない)ということがありました。大事件というわけでもなかったのですが、他の生徒にも少し関係することでしたのでご本人を呼びました。そして、これこれこういう噂を耳にしたのだが本当かね? と質問しました。
 すると彼は「は?」と答えました。なるほど、世の中にはこういう反応の仕方があるのかと私は何となく感心しましたよ。ご本人の強く抗議したい気持ちが伝わってきた。そこで「事実でないのならそれでいいんだよ」と言ってその場は終わりました。
 
 ところがやっぱりそういう事実があったということがあとになってわかりました。要するに彼はごまかそうとしたのですね。その心理もとてもよく理解できます。後日もう1度来てもらって注意はしましたが、強く叱ったりはしませんでした。子どもっぽいいたずらであり、目くじらをたてるほどのお話ではありません。
 私としてはむしろ「は?」が印象に残りました。何か質問されて「は?」という答え方がどれぐらい世の中に定着しているのだろうという興味が湧いてきたのです。
 
 はたして先日の読売新聞の夕刊に「は?」というのはいちばん嫌われている口癖であるという記事が載っていました。あのときの私はそこまで嫌悪感を抱きませんでしたが、それは相手がよく知っている生徒だったからだと思います。快活な彼のいいところをたくさん知っています。たまたまそのときは「は?」という反応になったものの、長所が消えてしまったわけではありません。あくまでもいいやつはいいやつなのですよ。
 しかし、一般的に考えるとやっぱり好印象は持たれないかもしれませんね。抗議したいけどストレートに抗議できないというようなときにはなかなか面白い表現方法ではありますが・・・
 
 単音ですからね。単音で返して問題が生じないのは「え?」ぐらいではないかと思います。「ん?」や「へ?」もあまり上品な感じがしません。深く考えたことはありませんが、コミュニケーションを単音ですまそうということ自体に品格の問題が生じてくるのかもしれません。
 「よ!」とか「や!」とかは返すというより挨拶です。 それでもちょっと簡便にすぎるかもしれません。言葉の機能というものをあれこれ考えてみると、単音で表現したがる精神そのものに問題が潜んでいるとも考えられそうです。 
Tags :
幼児・小学生
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 長野先生さん 2015.05.25 09:24
    コメントをいただいた方

     こんにちは。
     そうですね。若い世代に流行っていて、使ってみたいという気持ちもあるのでしょう。淘汰されていくと思いますよ。使い続ける人間もいるでしょうし、使わなくなる人間もいる・・・という形になってきますね。成熟した大人の表現ではありませんからね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ