2012.05.29 13:51

 今日は本当はお休みにしようと思っていたのですが(火曜日はだいたい定休にしています)、面談のご希望をいただいたので出てきました。夕方ぐらいに帰ろうと思います。
 各ご家庭とお話しているといろいろなことを感じますが、ここは塾であるということをもちろん認識していますから、ご家庭の方針にできるだけ合わせるようにします。

 当然、人生観はそれぞれ違います。だいたい私は私みたいな変な人生観を持った人間にお目にかかったことがありませんが、そのことはお話していくうえでまったく障壁になりません。
 友だちづきあいではないのですから、私はどういうご方針に対してもいいとか悪いとかーー求められない限りはーー個人的な好みを一切持ち出しません。こうしたいという保護者の方やご本人の希望にできるかぎり沿うように努力するだけです。

 たとえばいわゆる有名校以外に進学するのは「恥ずかしい」という考え方があります。私は中堅校に進学する生徒も非常に大切に考えていますから、個人的には中堅校進学を恥ずかしいと考えたことがありません。昨今では、それこそ「恥ずかしくない」一流大学に大量に合格していますし。
 ただしそういうことを主張する場ではないと思っているので、そうですかと少しでも有名校に入っていただくように心がけます。

 あるいは生徒本人の強い希望をご両親が否定されるケースもあります。「うちの子は夢みたいなことばかり言っていて」というのですね。自分の息子であれば、私はどんな突拍子もないことであっても「面白いから夢を追ってごらん」と言いますが、そこはご家庭の考え方がありますから特別なアドヴァイスを求められないかぎり余計な発言はしません。
 それぞれの人生観に対する敬意を持つということです。

 昔の生徒、いろいろいますよ。職種がすべてではないのはもちろんですが、一流大学を中退しておそば屋さんの修業をはじめた生徒がいました。テレビ番組でさかんにサッカーのことを喋っていた子もいれば、医師(けっこう多い)や大学教授になった子もいます。いい大人の彼らを「子」と書くのはおかしいですかね。
 変わったところではホストになった子がいます。噂が入ってくるのですよ。大変な売れっ子だそうで、いい人生だと思います。おそば屋さんもテレビ出演も医師も教授もホストも、自分からは等距離みたいな感覚がある。

 とにかく自分の考えを人さまに押しつけることはしません。肉が好きな人もいれば魚が好きな人もいる。ヴェジタリアンもいるでしょう。どちらが正しい、どちらが間違っているではない。それぞれの料理をできるだけ完成度を高めて出したいと思っています。
Tags :
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 通りすがりの同業者ですさん 2012.05.31 14:59
    はじめまして。他社ですが、同業者(41歳)です。たまに読ませていただいておりますが、大変考えされられるところが多いです。ありがとうございます。
    「敬意」。同感です。たかが塾講師なのに、「人生論」「教育論」を語る勘違い講師が多いのに辟易しております。と書きながら、傲慢な文体になり自己嫌悪に陥ります。長野先生の文章には、主張があるのにとげがない。見習いたいと思います。
  • 2, 長野先生さん 2012.06.01 09:57
    通りすがりの同業者ですさま

     こんにちは。
     コメントをありがとうございました。塾講師というのはある意味で特殊な職業かもしれないですね。迷われている先生方が多いことも私は知っています。
     だからこそ、ごくごく平凡な一講師である私がどんなことを考えて生きてきたかを正直に記録しておくことはいいことだとも考えています。
     どういう職種であれ、人間そのものを磨くのは大切ですね。先生もどうか頑張ってください。応援しています。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ