2012.03.29 10:36

 昨日はバランスについて書いてみました。人生はバランスの取り方がすべてであり、そのことについては瞬間瞬間忘れないようにしたいと書きました。今日はもう一つ大切なコツについて書いてみます。
 不幸と闘わないということです。これは非常に微妙な感覚でうまく伝わるかどうか心配なのですが、ともかく不幸とは闘わない、少なくとも闘いすぎないというのは重要なことだと思っています。

 こうしたことを私はあまり公の場で発言してきませんでした。何というか・・・秘儀的な要素があるのですよ。ですから、一対一の関係で相談されたときに特定の方にぽつりと伝える程度でした。伝わりかたも、それぐらいでちょうどいいのです。
 不幸というのはたとえてみれば暗闇に似ています。部屋が暗いときどうしますか? 暗闇と挌闘し克服しようといくら努力しても部屋は明るくならないですよ。

 やみくもに闘うよりはそれこそマッチ一本擦ったほうがよほど解決になります。懐中電灯があればもっと明るくなりますし、さらに電気をつければもう昼間とそんなに変わりません。
 闇を凝視し続けるのではなく、ほかの要素を取り入れる知恵ですね。そのまま人生にも応用できます。幸福な要素ーーそれこそはじめはマッチ一本分程度かもしれませんがーーをあなたの人生に積極的に取りこむ意志を持ってください。

 今日の夕飯が煮魚だった。そして、あなたは昔から煮魚が大嫌いでした。「煮魚かよー」不幸ですね。
 しかし、よく見ると食卓には煮魚だけが乗っているわけではありません。真っ白な温かいご飯があるし具の入った味噌汁もあります。漬物もあるしもう一品簡単なサラダもついていました。おなかがぺこぺこなときのことを思い出してみてください。白米だけのおむすびがどんなにおいしかったことか。

 それぞれの不幸がたいしたことではないという意味ではありません。ただ不幸を嘆き続けるというのは闇を凝視し続けることに酷似しています。闇の認識を次々と深めているにすぎません。そうした闇の連鎖にふと明かりをもたらす工夫。それが人生を好転させるのです。
 自分自身が光源になれるといいですね。他者に対してというより自分に対して。光源である「私」がいれば、「私」の人生はいつも明るい。明るさは主観であり、幸福もまたそういう要素が強いのです。
Tags :
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, Ai.Tさん 2012.03.29 22:57
    こんばんは。
    先日から今日まで何日かかけて、高校受験、大学受験でお世話になったz会の先生方に挨拶と近況報告をしに回っていました。
    ようやく今日で一段落です(*^▽^*)

    池袋校は相変わらず暖かい雰囲気で、そこにいるだけで私にっとっては幸せになれる空間です。

    先生のブログがあることをついさっき知りました!!

    先生の人生観や幸福についての考え方に、非常に共感しています。

    私自身、これから大学生になるということで不安でいっぱいですが、先生の記事を読みながら、毎日小さな幸せを見つけつつ過ごしたいです!(・ω・)

  • 2, 長野先生さん 2012.03.30 15:37
    Ai.Tさま

     こんにちは。
     きみはうまくいくと思うよ。志が高いからな。まずは本人の意志なんだ。
     近い将来、どこかできみの名前を目撃する日が来るだろう。楽しみだな。
  • 3, erikaさん 2012.03.30 21:39
    長野先生、いつもありがとうございます!
    先生のブログをわたしのブログにリンクさせて頂きました。不都合でしたらお知らせくださいませ。よろしくお願いいたします。

    わたしも、おかげさまで自分に対しての光源になれている感じです!ありがとうございます!
  • 4, 長野先生さん 2012.03.31 05:34
    erikaさま

     おはようございます。
     講習のときはいつもこれぐらいの時間に起きます。いろいろ変化が出てきて楽しいですね。応援しています。あくまでも自然体でがんばって。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ