2012.03.21 13:36

 あの人は正常だとか異常だとか言いますが、この正常ということについて考えてみたいと思います。これ、要するに平均的ということにすぎないですね。そのときのその社会でだいたい平均的であるということです。平均的な考え方ができ、平均的なふるまいができる。
 社会そのものの病理は問題にならない。ですから、戦争中はーーやむをえないことだと思いますがーーより多く闘う意志を持つ人間のほうが正常で、友愛ばかり説く人間は異常ということになりかねません。

 正常であることと幸福であることとはまた違った側面を持っています。とことん正常ではあっても幸福ではない人間は大勢いますね。つまり正常であること、社会(周囲のみんな)に認めてもらうことだけを目標にしていると、本当の自分が見つからなかったり抑圧してしまったりということが起きうるわけです。

 私自身は異常とまではいかないと思いますが、普通の日本の50代のおじさんとは考えていることが全然違うかもしれません。こういうのはいちいち発表するものでもないので書きませんが、まあとんでもないことも考えていますよ。また、当然考えるべきであることが全然考えられていない。その程度の異常さは自分自身になりきるために、もうどうでもいいと思っています。

 そういう「変な居心地の悪さ」、「他者との違和感」みたいなものは幼少時からつねに感じていました。若いころは矯正してそれこそ「正常」にならなければいけないのではないかという強迫観念も抱いたのですが、この年齢になると私自身が社会に(多くは生徒にということになると思いますが)お役にたてている一番大きな要素はその「違和感を抱えたまま大人化」した部分ではないかと思うのです。

 自分の息子が成長していく過程で、私はふと私自身の子ども時代にもいまの私のような人間が側にいてくれたらよかったのにと考えたときがありました。個性について、社会通念について、人間のあり方について、はたまた性や神や死についていろいろな話を聞かせてもらえただろうという気がしたのです。
 ただそうやって育ってしまったら現在の私には決してならなかったはずで、他者に対する姿勢もまったくべつのものになっていたでしょう。そう考えるといまの形でよかったのかなとも思います。
Tags :
中学生
高校生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, なしりんごさん 2012.03.21 14:48

    お久しぶりです(*^_^*)

    場合にもよりますが、正常なら良いってものじゃないですよね!
    私もよく変わってると言われるのですが‥汗

    話は変わりますが、国語については、高校に入る前に何をすれば良いですか?
    この頃ちっとも勉強していないので、やろうと思うのですが‥

  • 2, 長野先生さん 2012.03.21 16:04
    なしりんごさま

     こんにちは。
     お元気ですか?
     大学の入試問題(現代文)適当に読んでごらん。問題は解かずにただ読むだけでいい。いろいろ感じると思うよ。
     
  • 3, ポチさん 2012.03.21 19:13
    こんにちは。
    数か月前に「変な居心地の悪さと他者(しかも数名)との違和感」を久しぶりに体験しました。
    これまでの人生の中で「本当に嫌いな人」は滅多にいませんでした。今でもそうだと思っていますが、数か月前のあの「居心地の悪い時間」には心がザワザワしてしまいました。
    そこにいらした方々が嫌いという訳ではなかったのですが・・・
    たぶん笑顔もとてもわざとらしかったことでしょう。自分は「合わせられない人」というのを心の中で実感したひと時でした。
    無理に話を合わせて笑うって、結構つらいですよね(;_;)あーつらかった。
    今後は先生のように、素直に「もうどうでもいい」と考えるようにします。
  • 4, 長野先生さん 2012.03.21 21:48
    ポチさま

     こんばんは。
     そうそう、そういうことってあるよ。私も誰かとむりに話を合わせることがあるが、そこはほら人類愛だから。その人たちのためだけではなく、世界のためにやっているんだ。
  • 5, LonLiさん 2012.03.21 23:10
    こんにちは。
    今日の記事とは関係ない話ですが、
    今年の受験において渋谷教室にとてもお世話になった者です。すごく祝賀会に行きたかったのですが、途中から入塾したので知り合いが少なく、行くのを断念しました。
    受験は念願の都立合格を勝ち取り、後で推薦合格じゃなくて良かったと思いました。
    特に長野先生にはおせわになりましたので、感謝を込めてコメントを書かせていただきます。ありがとうございました。
  • 6, erikaさん 2012.03.21 23:46
    こんばんは^^
    長野先生のブログを拝見するようになって、ますます変な自分でいいんだと思うようになりました。先生のおかげです。
    ありがとうございます^^
    生きるのがずいぶんと楽になりました(笑)
  • 7, 長野先生さん 2012.03.22 02:42
    LonLiさま

     真夜中だよ。まだ起きていたんだ。
     どなただかわからないが、そうか、それはよかったよ。合格できこともよかったが、たとえそうでなくても得たものは大きかったな? 過程が大切なんだ。結果以上に過程が人間を鍛えるんだよ。
  • 8, 長野先生さん 2012.03.22 02:47
    erikaさま
     
     こんばんは。
     erikaさんは確かにそのままでよいと私も思います。ご自身で気になるところがあれば、あくまでも「微」調整程度で十分。根本は間違えていません。少なくとも私はそう感じます。
  • 9, erikaさん 2012.03.22 09:54
    わーい♪
    長野先生、ありがとうございます!!
    テンションあがりました。
    今日も素敵な1日です。
    「微」調整。
    ありがとうございます^^
  • 10, 長野先生さん 2012.03.22 23:49
    eriKaさま

     そうそう。人生は祝祭です。毎日、幸せに生きてください。
  • 11, のりこさん 2012.03.23 17:34
    人と合わせられなくても自分が納得していればいいと思いつつ、やっぱりいろんな人と接して、もっともっと自分を大きくしていきたいと思うあまり、行き詰ってくるんですよねぇ。

    欲張りなんですかね。。。。。
  • 12, 長野先生さん 2012.03.24 09:25
    のりこさま

     こんにちは。
     それでいいと思いますよ。試行錯誤があってもいいと。
     ご自身の「なりたい自分になる」ということが目標でしょう。焦らないことです。大切なことほど時間をかける必要があるものです。
  • 13, erikaさん 2012.03.27 09:45
    いつもありがとうございます。
    最近ブログを再開したのですが、
    長野先生を紹介させていただきました。
    事後報告ですみません。
    失礼とは思いましたが、こちらにて報告致しました。
  • 14, 長野先生さん 2012.03.27 12:50
    erikaさま

     こんにちは。
     どうもありがとうございます。ブログ、拝見しました。さわやかでいいですね。むりのない感じで更新していかれると(ご自身もご覧になる方も)楽しくなると思います。
  • 15, erikaさん 2012.03.27 21:34
    ありがとうございます!
    長野先生が見てくださったなんて・・・
    感激です。
    そうなんですね!ご覧になる方も、わたしが無理のない方が楽しいんですね!
    はー♪数行の中に、愛と学びがこもっている。素敵すぎます。
    いつもありがとうございます。むりなく続けてみます(^^)
  • 16, 長野先生さん 2012.03.28 01:35
    erikaさま

     そうそう、むりなくです。むりがないから愛情が宿るのですよ。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ