2012.02.26 12:56

 もう40年も昔のことです。一人、気の毒な友人がいました。中学高校時代、私は彼ととても親しかったので話を聞く機会がしばしばありました。ご家庭にいろいろ問題が生じている様子でした。お母さまがいらっしゃらない。お父さまとは意志の疎通がうまくいっていない。お父さまのお母さまとはさらにうまくいっていない。そういう嘆きを何度も耳にしました。

 こういうことを書けるのは、彼がもうこの世にいないからです。何十年もまえに亡くなりました。
 彼が亡くなった当時は、私たちの友情は消えていました。私は彼の葬儀にはあえて出席しませんでした。こういう気持ちで出向くべきではないと思ったからです。感傷に流されるのがいやだったのですね。

 中学時代の彼は自宅に帰りたくないわけですよ。で、私にどこかに寄っていかないかと言う。まだマクドナルドなんかもない時代でした。仕方がないのでデパートに行く。渋谷の西武か東急デパートの屋上でだらだら時間をつぶします。東急デパートの屋上にはたくさん動物がいました。エサを買って食べさせます。
 彼は「夢は幸せな家庭を築くことだ」と何度も語っていました。大学や職業は二の次で、とにかく幸せな家庭を築きたい。それだけが目標だと。

 この年齢になってつくづく思うのですが、幸せというのは心の「状態」であり、直接目標にしにくいものだと思います。幸せな家庭もそうですね。何か自分の信念を生ききった結果として生まれてくる場合も多々あるでしょう。
 幸せになりたいと言いながらなかなか幸せになれない気の毒な友人を何人か見てきましたが、もっと自身の内側そのものに目を向けたほうが結果的にうまくいったような気はしています。

 どこから来てどこに行くのか。自分とは誰なのか。わからないままひたすら「幸せ」を求めて先を急ぐ。何もわからないので仮にある種の「幸せ」が訪れていても、これもまた幸せの一形態なのだということに気づかない。
 渋谷の街を歩いていると幸せを求めて生き急いだ彼のことを思い出します。自身が幸福であることに対して罪悪感を抱くことはないのですが、いまなら全然違うアドヴァイスができたのにと考えるときがあります。
Tags :
中学生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 池袋TO保護者さん 2012.02.29 00:51
    こんばんは。

    「幸せ」 ってなんでしょうかね。難しいことはわからないのですが…。

    普通が幸せ。
    平凡でいいのか。
    お金がたくさんだと幸せなのか。
    元気なら幸せ か…。
    とか。

    答 でないですよね。

    そういうこと考えられるのが、「幸せ」…ですかね。

    最近 「元気で普通なら幸せ」と思ったりしますが、それって「向上心と努力がない」のではないのではないか…と、反省したりしています。ある種、葛藤です。

    で、結局「幸せ」は よくわかりません。
    でも、今「幸せ」です。
    きっと…。

    いつも考えるきっかけをくださり ありがとうございます。






  • 2, 長野先生さん 2012.02.29 09:51
    池袋TO保護者さま

     おはようございます。
     結局、感謝できる能力と幸せ度は比例するのではないかと思うことがあります。
     外は雪ですね。私はこれから教室に向かうのですが、こんな美しい雪の日もまたいいものだと感謝しながら出かけます。あーあ、雪かよーではなく。そのあたりに何かありそうですね。
  • 3, 池袋TO保護者さん 2012.02.29 16:04
    こんにちは。

    なるほど!

    確かに 今 幸せと感じるのは、「ごはんが美味しいので感謝」「子供たちが元気で感謝」
    「お天気よくて洗濯物かわくから感謝」
    「あったかいお風呂に入れて感謝」
    「健康診断でひっかからなくて感謝」
    などでした(*^o^*)

    なるほどなるほど。

    今日の雪も (雪国の方には申し訳ないですが) たまに降る雪は綺麗で楽しい…から感謝してみます。

    先生ありがとうございました!

  • 4, 長野先生さん 2012.02.29 16:20
    池袋TO保護者さま

     こんにちは。
     感謝しながら微調整という人生がいちばんうまくいくような気がします。
     雪、とけはじめていますね。
     

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年01月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着記事

月別アーカイブ