2011.09.30 13:31

 どう評価したらいいのかわからないような映画ではあったのですが、見てきました。こういう化け物関係はできるだけ見に行くようにしています。ヴァンパイアとプリーストの格闘シーンとか、新幹線みたいなスピードの出るバイクとか、それなりに面白かったですよ。
 3Dのメガネを貸し出してくれるのでかけてみたところ、本当に画像が飛び出します。ただ落ち着かない感じもしました。

 新宿と渋谷でやっていたので、新宿で見ました。渋谷は上映されている映画館が教室の斜め前なのです。いくら休みの日と言っても教室長が「プリースト」から出てくるところを生徒に見られたらちょっと恥ずかしいという気持ちがありました。で、新宿。
 これがまたオシャレな映画館なのです。オシャレすぎてちょっと迷ってしまい、べつの映画に入りかけて係員に注意されましたよ。

 気づかれぬままべつの映画がはじまったら焦ったと思います。私のことですから、たぶん我慢して最後まで見ているような気もします。
 全席指定席になっているのはいいのだか悪いのだか、途中で動いたりはできません。席の位置は漠然と「後ろのほう」と指定できました。まえの人の頭なんかはまったく視界に入らないように設計されています。

 私はこういう映画を十代のころから見続けているのですが、周囲はやはり若い人が多かったですね。歳をとると化け物みたいな存在を見たくなくなるのかもしれません。「くだらない」という言葉がありますが、くだらなく感じるのかも。幸か不幸か私はそう感じないので、まだまだ見ていますが。私自身が二十代のころ、どこかでジェイソンの映画(「13日の金曜日」)を見たとき、すぐ近くにおじいさんがいて何となく違和感を覚えたことがありました。歳をとることに抵抗はないのですが、そういうことを考えるとちょっと寂しい感じはします。
Tags :
中学生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年10月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着記事

月別アーカイブ