2011.02.27 21:38

 今日も池袋教室で二回講演会がありました。花粉症の薬を飲んだせいか、ちょっと調子が悪かったような気がします。ただ話すべきことはきちんと最後まで話せたので、その点はよかったと思っています。
 花粉症の薬を買うとき薬局の方に言われたのですが、どれも高血圧には非常によくないらしいですね。そういうことを自覚して飲むからかえって調子が悪くなるのでしょう。若干めまいがしました。

 血圧については医者に通うまでは興味も不都合もなかったのですが、通うようになってから変に(いま、ひょっとして非常に高い状態なのではないか)と心配するようになりました。血管が切れるような気がするのです。まあ、切れたら切れたでどうでもいい部分もあるのですが、そういうイメージを持つこと自体あまり感心しません。池袋から渋谷に向かう山手線のなかで、私にしては珍しく座席で眠りこみました。ふだんは座ることさえないのですが。

 きのうの大阪について書いてみます。大阪では講演会の前日、予定通り新世界に行きました。やはり観光地化されてしまって、昔のような面白さはなくなってしまいましたね。有名な串かつ屋さんにふらりと入ると若い女の子の四人組がウーロン茶だとかコーラだとかを飲んでいました。他にも二人組の女性グループ、三人組の女性グループ、幼児を連れた若い男女(ご夫婦ではないようでした←スルドイ!)が周囲にいました。二十年以上昔は労働者だらけだったのですが。

 ジャンジャン横丁の将棋クラブも以前に比べれば閑散としていました。若い方の姿は見かけませんでした。一面がガラス張りなのでなかの様子はまる見えです。通天閣はパス。
 ついでに通天閣の地下にあった将棋道場師範「最後の真剣師」大田学さんが住んでいた簡易旅館も見てきました。建物自体は変わっていませんでしたが、現在は「アパート」という呼称になっています。大田さんはその旅館の三畳一間に二十年以上住まわれていたと記憶しています。

 そのあたりはさすがに緊張感がありました。路上で飲んでいる方もいますが、皆さん紳士的ではありますね。紳士的というより・・・やはり日本の経済状況とも関係しているのでしょうが、要するに元気がない。政治だけが悪いのかどうか。いろいろ考えさせられました。そのあとは野田阪神駅方面に。長くなりますので詳細は省きます。
Tags :
中学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, mizurinさん 2011.02.28 00:58
    http://www.zkaiblog.com/trackback/akarui/35272
    池袋教室ではお世話になりました。

    やっとブログ見つかり、娘と開くことが出来ました。

    大ちゃんの話も授業でしていた^^と、懐かしんでいました。

    今日は午後からの授業。
    午前中には長野先生がいらしゃっていたと耳にし、「会いたかったね~」と親子で話をしていました。

    もうすぐ学期末テストで、先ほどまでテスト勉強していたようです。

    悩んでいた部活も転部し、最近は明るくなったというか、ふつうに戻りました。

    悩んでいた時、いいタイミングで先生と面談が出来、私も心が軽くなりました。
    人と人、きちんと向き合っているかどうかは、短い時間でも直感で分かります。

    先生には本当に感謝しています。

    ブログまたのぞいてみます。
  • 2, 長野先生さん 2011.02.28 10:08
    mizuriさま

     こんにちは。
     どうもありがとうございます。彼女は大丈夫ですよ。私は彼女は非常に内省的になれる人間だと思っています。「ご自身の問題にきちんと対処していける才能」を持っていますね。いずれ彼女自身にもその意味がわかってくるでしょう。
     何か気になることがございましたら、いつでもご連絡ください。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ