2011.02.18 16:26

 関西講演会まであと一週間ぐらいになりました。例の「高校受験生を持つ親の心得」というやつですね。梅田教室はそろそろ定員みたいですが、上本町教室は余裕があるようでした。ご興味がおありでしたらぜひいらしてください。
 基本的には親子仲むつまじく・・・というお話ではあるのですが、そうしたいと思っても、なかなかうまくいかないのが世の中の難しさで、あれこれと工夫が必要になります。具体的にいくつかお話しようと思います。

 さらに勉強法についてもお話します。この「親の心得」は60分バージョンと30分バージョンと25分バージョンがございまして、核となる部分はどれも同じなのですが、勉強法などについては当然60分バージョンがいちばん詳しいわけです。関西講演では幸いそれぐらいのお時間をいただけるということでしたので、少し細かくお話します。タイトルは「親の」ではありますが、中学生ご本人がお聞きになっても、それなりにお役にたつことがあるかもしれません。

 講演会は午前中からなので、前日大阪に宿泊するという話は先日のブログに書きました。私はじつは大阪の新世界という街が昔から非常に好きなので、ついでに見てこようと思っています。通天閣のあるところですね。
 いまはずいぶん観光地化(?)されてしまいましたが、私がはじめてうろうろした二十数年前は、現在とは違う雰囲気でした。ジャンジャン横丁の串かつ屋さんなんかも、昼間は女の人の姿をほとんど見かけませんでした。

 通天閣の地下は将棋道場になっていました。伝説の真剣師(第一回朝日アマ名人でもありました)と呼ばれた大田学さんというアマチュアの強豪が、師範をされていました。大田さんはNHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」の「銀じい」という役のモデルになった方で、昭和生まれの将棋ファンのあいだではある種神格化された存在でした。
 十年ほど昔、その道場で私は大田さんに将棋を教えていただく機会を得ました。大田さんは数年前に亡くなられてしまいましたが、ちょっとだけ思い出にひたろうと思っています。

 
Tags :
中学生
高校受験
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年04月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着記事

月別アーカイブ